バボザル

『我が生涯に一片の悔い無し!!!』が目標なのですが・・・

三角岳へ

2016年12月13日 | 

今回は宇土半島の先端に位置する三角岳を楽しんできました‼

気温が低くなると、暑い時期にはなかなか足が向かなかった低山にも遊びに行きたくなります。

 

っということで、宇城市役所三角支所の登山口からスタートします。

 

今回歩いたルートはこちら・・・

 


(クリックで拡大できます)


(クリックで拡大できます)

 

登山口は民家の間を「お邪魔しま~す」って感じでスタート。

洗濯物を干されているおばちゃんが、「行ってらっしゃい‼」って見送ってくださる、ゆる~い感じで進んで行きます。

 

民家の裏から登山道に入っていくと、竹林の登山道になっていきます。

朝から風が強く、風にあおられた竹のきしむ音が響きます。

 

これ、イノシシののプールですね‼

鼻で掘った跡や足跡が・・・

ついさっきまでここで遊んでいたような感じです。。。

 

登山ルートは整備されているので、凄く歩きやすくなっています。

ルート脇をイノシシが掘り起こした跡がたくさんあるし・・・

 

細い竹がギューって集まってます。爆発しているみたいですね‼

 

天翔台へと向かいます。

 

尾根沿いに進んで行きます。

 

天翔台につきました‼

ここは頂上というわけではなく、どちらかというと展望所ですね。

 

目の前には八代海が広がり、海に島々が浮かんでいます。

これで雲がなくなって、青空だったら最高なんですけどね‼

 

眼下には三角小学校のグランドや海のピラミッドなど三角の町並みが広がります。

グランドからは小学生の元気な声が聞こえていました。

 

こちらは天草諸島

空模様はイマイチでしたが、この日は空気が澄んでいて眺望はかなり良くなってました。

 

望遠で見ると、八代市の日本製紙の煙突から上がる煙もハッキリ見えています。

 

遠くに見えるシルエットは柴尾山、手前に矢筈岳かな・・・

 

海に浮かぶシードーナツ、奥には次郎丸嶽や白嶽がクッキリと・・・

 

脊梁の山々のシルエットもハッキリ見えていますが、どこがなんの山なのかわかりません。。。

 

天翔台からショートカットを進んで、雲竜台へと向かいましょ‼

 

急登の岩場に見えますが、岩場はちょっとだけで岩場も歩きやすくなっています。

 

チョッとだけ急登が続きます。。。

 

雲竜台の標識に従って・・・

 

雲竜台に到着です‼

イイ眺めですよ~ここ。

低山ですが、すぐそこに海があるのでダイレクトに高度感があります。

 

くじゅうや霧島のように足元に雲海を見ながらの山歩きもの最高ですが、

足元にホントの海もなかなか良かですね‼

 

一号橋の架け替え作業も着実に進んでいますね。

タイミングよく海上保安庁の警備艇も通ってくれるし・・・

 

さぁー頂上へと向かいます‼

 

歩みます。。。

 

魚??? なんか意味があるのでしょうが・・・

 

三角岳(402m)頂上です‼

 

なんともにこやかな明治天皇が出迎えてくれてます。

 

頂上からも素晴らしい眺めが楽しめますよ~

 

こちらは雲仙普賢岳

ホントすぐそこにあるように感じます。

 

望遠で溶岩ドームを・・・

煙が上がっているのが確認できますね。

 

こちらは熊本市の方角です。

 

熊本新港にオーシャンアローの姿が見えます。

これから雲仙へと向かうのでしょうね‼

後ろにはドォーンと金峰山。

 

遠くに見えるシルエットは杵島岳・・・米塚の影もポコッと。

 

中岳・高岳のシルエット・・・中岳から上がる噴煙はわかりませんね。

後ろには根子岳の先っぽがちょこっと見えてます。

 

九重連山のシルエットもはっきりと・・・

この日はホント空気がクリアでしたぁ~‼

 

三角岳の頂上をまったりと楽しんで、下山しましょ‼

 

いや~たまには低山をゆ~っくり歩くのもホント良いでね~

 

 

帰りはピストンで登ってきたルートを下ります。

 

一号橋がいつ頃完成するのか知りませんが、作業の進み具合を見にまた来よ‼

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖地 | トップ | ホテル松竜園海星へ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この日も・・・ (taka)
2016-12-13 15:40:15
雲があっても空気が澄んでいたんですネ~
新港のオーシャンアローまで見えるなんてビックリ\(◎o◎)/!
前日の日曜日も快晴で遠くの山々までくっきり見えました。

ところでどれくらいの時間で頂上まで行けるのですか?

頑張って登った人だけが見れる景色を見せていただきありがとうございました。
takaさん (バボ)
2016-12-13 21:01:15
前日の天気だったら最高でしたんですけどね~
霞がなかっただけでも良しとせなんですね。

今回はかな~りゆっくり歩いて2時間ほどで頂上でした。
景色を眺めるところも多くてなかなか進まないんですよね。

ちょっとだけ頑張ったら天翔台までだったらイケると思いますよ。
頑張ってみられませんか。
その後の温泉とか最高ですよ。('◇')ゞ
Unknown (totototo)
2016-12-14 20:57:45
低山とはいえ海抜0メートルから登るわけで
私も意外ときつかったことを覚えてます。
でも九重まで見えるとは知りませんでした(^^ゞ
totototoさん (バボ)
2016-12-15 01:25:12
この日は空気がクリアでかなり眺望が良かったです。
自分もくじゅうが見えるとは思わなかったので、ちょっとテンション上がりました。(^^♪
確かに低山といっても高低差が400m以上ありますからね。
そこそこありますね‼
お疲れ様です。 (ゆう)
2016-12-15 20:02:36
低山は低山でも歩きがいがあり縦走するとけっこうキツイなぁと思います。
私は低山くらいしか行けないですけどね。
今日のくじゅうは積雪がありすっかり雪山になってました。
ゆうさん (バボ)
2016-12-15 21:07:08
ですね‼
低山でもルートのアレンジしだいではガッツリ歩くことができますもんね。
低山でも魅力的で楽しめる山はたくさんありますし・・・
ってか、山を歩いたらどこも楽しいんですけどね‼

くじゅう行かれたんですか‼
朝から牧ノ戸のライブカメラを何度も見て積雪の様子をチェックしてました。(^^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL