goo

参議院創設70周年

〇日本国憲法第41条

国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

〇日本国憲法第42条

国会は、衆議院及び参議院の両議院でこれを構成する。


平成29年5月20日、参議院が創設されて70周年を迎えます。

昭和22年に日本国憲法が施行、その下で初めての参議院議員選挙が執行され、昭和22年5月20日、第1回国会が召集されました。

つまり、参議院の誕生は昭和22年5月20日であり、平成29年5月20日が参議院創設70年と相成るのです。

昭和22年5月20日、第1回国会初日に誕生した参議院には規則もなく、暫定衆議院規則及び衆議院規則を準用し、議事運営が行われました。

議事の中で選出された初代議長は、その挨拶の中で、新憲法の精神に触れ議長の職責の重さに言及しました。

「新憲法の精神を遵奉し、且つ公正無私、議長の重責を果したいと思います。」


初代議長、副議長の選出後に祝辞を述べた議員は、国会が国権の最高機関であって、その一院である参議院の使命の重大さについて言及しました。

「今や国家再建のときに当りまして、新憲法の下において、国会が国家の最高機関であつて、その一院たる参議院の使命の重かつ大なるを思うとき、両君の声望と手腕に待つべきものが多いと存ずるのであります。」

昭和22年5月20日、参議院議場に参集した創設時の参議院議員も、そして国民の多くも、新憲法の下、創設された参議院でこれからの国家を創る議論が闊達に行われる、という気概に満ちていたのではないでしょうか。

翻って、今の国会は、そして、参議院はどうでしょうか。

国権の最高機関たる参議院は、良識の府、再考の府としてその役割と機能を発揮できるよう努めると同時に、国政に対して少しでも信頼を寄せていただけるよう、不断の取り組みを続けていかねばならないと議会人のひとりとして、強く思います。

[ご案内:参議院70周年記念特別参観]

受付日時:平成29年5月20日(土)、5月21日(日)8時~16時
受付場所:国会議事堂正面(予約不要)

                
参議院では、特別参観でのみ立ち入ることができる場所を参観できます。

衆議院の特別参観では通れなかったり、入れなかったりした場所で、例えば、中央玄関の開放や本会議場内の参観です。

中央玄関は、天皇陛下をお迎えするときは、選挙後の初登院のとき等のみに開かれる場所ですが、特別参観に限り、参観者は中央玄関を通って国会議事堂本館に入ります。また、通常参観では傍聴席からしか見ることのできない本会議場の中にも入ります。

なお、通常参観では撮影不可の議事堂内ですが、この2日間に限っては撮影も原則自由です。いろんな意味で、筆者おすすめです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 国会の延長-その5 国会同意人事-... »