goo

あれから1年

早いもので、あれから1年が経ちました。ちょうど1年前のエントリーです。
------------
平成27年9月19日、2時18分。

今後の我が国の在り方を大きく転換することになるであろう安保法案が、参議院本会議で可決、成立しました。

我が国は、大きな転換点を迎えたことになります。

今、この瞬間、立法府に身を置く議会人のひとりとして、日本国憲法における三権分立を考えたとき、様々な思いが去来してなりません。

ただ、このブログは、今のところ匿名であり、個別の政策の是非に触れないこととしています。

参議院特別委員会や本会議で起こった安保法案採決をめぐる様々な動きについて、国会法や議院規則、先例等から紹介することが、政治に少しでも関心を持っていただける一助になるのであれば、との思いで書き続けます。
            
             安保法案成立の瞬間。拍手の与党席と「憲法違反」コールの野党席
------------
この1年間は敢えてほとんど触れませんでしたが、安保法採決に至るまでの間、国会ルール上、不思議なことが幾つも起こっています。

1年が経過したから、というわけではありませんが、これらについて、機会を捉えてこれから少しずつ紹介したいと思います。

昨年書いた不思議なことの一例です。→「委員派遣(地方公聴会)と派遣委員の報告

先例では、委員派遣を行ったときは、委員会において、派遣委員が派遣の結果について口頭報告を行うこととされています。

昨年の安保法は、衆議院の審議では派遣報告が行われたにも関わらず、参議院の審議では派遣報告が行われないまま、採決に至ってしまったのです。

過去に、このような例は一例もありません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 臨時会の延長回数 第192臨時会召集 »