田中大介ブログ2

安全保障と映画とお笑いのブログです。

西部警察PART3 大門軍団フォーメーション

2017-07-18 00:04:59 | 安全保障
「大門軍団フォーメーション」
 

大門部長刑事  渡哲也
 

山県刑事    柴俊夫

五代刑事    石原良純

平尾刑事    峰竜太

北条刑事    御木裕

南刑事     小林昭二

大門明子    登亜希子

上村七重    吉行和子

鳩村刑事    舘ひろし

佐川捜査係長  高城淳一
 

木暮捜査課長  石原裕次郎
 



     市川好朗    壇喧太/高品正広    汐路章

        クロキ・プロ   グループ12騎会

        三石千尋とマイク・スタントマン・チーム
 
 

脚本 新井光 日暮裕一

監督 荻原達


        協力   日産自動車

        
        制作   石原裕次郎


西部警察署捜査課「大門軍団」に日産自動車が開発した日産スカイラインRS-TURBOが配備された。280馬力、最高時速265KM/H、攻撃車RS-1には連装機銃、アフターバーナーによって最高時速まで16,3秒、情報収集車RS-2には距離測定機、逆合成開口レーダー、パルス・ドップラー・レーダーが装備される。

交番の警察官が火炎瓶で襲撃され火達磨になり重体、警戒中のパトカーも火炎瓶で襲撃され爆発炎上、警察官2人が焼死した。犯人はバイクに乗った3人組だった。さらにクレーン操縦者がバイクで引きずられ死亡する。

山県刑事は1ヶ月前の事件を思い出す。現行犯の自動車窃盗犯を追跡中、犯人は焦って運転を誤りクレーンに激突、クレーンが吊っていた鉄骨の下敷きになり跡形も無い死体となる。死んだ犯人の兄・小川は弟は警察に殺されたと思い込む。小川は暴走族のさらに上を行くスーパー暴走族の最高峰・皇帝であった。バイクで全国を放浪し、窃盗など犯罪を繰り返していた。

小川は全国からスーパー暴走族を呼び、スーパーや商店街を襲撃させる。さらに山県刑事がヘロイン中毒から更正させたサリーをバイクでいたぶり、首に縄をかけ引きずって殺す。

小川は山県刑事を公開処刑にすると宣言、マスコミを呼ぶように警察に要求する。山県刑事は要求どおり一人で新木場へ向かう。
 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江本孟紀 | トップ | キッシンジャーはアホ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。