磨り減った山靴2

履きなれた靴で雨の日も風の日も思い出一杯奮戦記。

高原山の猿君!

2017-06-22 16:21:12 | 高原山

高原山の猿君と、道でバッタリ・・・出会いました。

猿君と丑年のなためは相性が良いのでしょうか?

近くに寄っても逃げようとしませんでした。

里山近くまで出かけて来るなんてどうしたんだろうね?














木の上にもう一頭居ました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お誕生会! | トップ | コアジサイの花!終息・・・・ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (七生報国)
2017-06-22 20:24:10
 猿いるんですね?新湯近くで見かけたことはありますが・・・
こんばんは! (ショット)
2017-06-22 21:57:52
あらぁ~~・・なためさん、お猿さんに出会っちゃった様ですね(*^_^*)
いるんですよね・・おさるさん!!
群れでいるのではないですか?? きっと他にも・・。
怖いでしょうが・・ついカメラ向けますね∈^0^∋
高原山の猿 (Aちゃん)
2017-06-22 22:56:45
2013年9月11日に 日塩道路の神社の登山口から同じ高原山の 鶏頂山へ日帰り登山した折に 駐車場で待機していた 運転者が 10数匹の猿の群れが 道路際の鳥居に群れて 騒いでいた。と 聞いた。山続きですから 其の群れから成長した 若い離れ猿の 雄と いう事もあるでしょうか?日光では 十人ほどで 登山しても 猿の群れに 遠巻きに 囲まれていた 事も有りました。立ち止まらず 関わらないで済みました。
水くみ場 (なため)
2017-06-23 05:41:17
七生報国さん!
ここは寺山ダムの水くみ場・・・普段は大勢の方がペットボトルに水を汲んでいます。
多分 餌があるのかもしれません?
今日は2頭いました。
猿! (なため)
2017-06-23 05:46:36
ショットさん!
海抜1000mの八方ヶ原では集団のサルを目撃した事は何度もありますが、こんな場所にいるのは初めてでした。

5mほどの距離ですが逃げようとしないのが不思議です。
集団 (なため)
2017-06-23 05:52:13
Aちゃん!
八方ヶ原では集団のサル(10頭以上)を何度も確認していますが彼らはすぐに姿を隠しました。

ここの2頭は逃げようとしません。
慣れも怖いです?

特にここは水くみ場・・・食べ物の残りものは持ち帰って欲しいものです。

昨日は大変お世話に成りました! (あまるべの郷)
2017-06-23 19:30:15
なためさん!こんばんわ、昨日は大変お世話に成りました、お陰様で五代前の先祖様の供養が出来ました、これも一重になためさんのお蔭です、熱中症の具合がまだ残る中案内して頂き本当に感謝にたえません、このご恩は何時の日か償いたいと思って居ます、家族ともども本当にありがたいと話し合いました。
しかしなためさんの足腰の強さには脱帽いたしました、私を気遣いゆっくり歩いていただき有りがたかったです、今度行くまでにはもう少し付いていけるようにしたいものです・・・?(笑い)しかし高原山はすごく良かったです、もう高原山は夏ですね~!セミは鳴いているし鳥もカッコウや鶯もだいぶ慣れた鳴き方で鳴いていましたね日頃の悩みや疲れが癒されました、なんか楽しい話をしなければならないのですがぐちぅぽくなってしまい申し訳ありませんでした、でも気心を分かっているからこそ話せたのかなと思いました、まだ知り合って日が浅いのに本音で話してしまい失礼いたしましたお許しください、しかしおしらじの滝は水が流れて居ませんでしたがスケールの大きさには驚きました、写真でしか見ていなかったので実物を見てとても嬉しく感動しましたここでご先祖様が地蔵堂にある100キロ近い石を担いで来て沈め地域代表者が雨乞いをしたと考えると鳥肌と心が痛む思いでした、今年は今の処空梅雨のようですが水不足に成らないように祈るばかりでした。その後コアジサイの群生地を案内して頂き有難うございました、感無量でしたまた自然の恵みのモミジイチゴとてもおいしかったですし景色も最高でした、これからも高原山の大入道や八海山、釈迦岳、ミツモチ山案内宜しくお願い致します、それとブログの皆様権大七五三霊神の情報がありましたらお教えください宜しくお願い致します、地域関係者や市役所と相談をしながら再生に努力したいと考えて居ます。

御馳走様でした! (なため)
2017-06-24 05:53:07
あまるべの郷さん!
念願の場所に案内出来て良かったです。
先祖様の供養になれるのが一番の収穫でしょうか?

今度は雨乞いの石を担いでのお参り・・・期待しています。

いろいろ御馳走になりありがとうございました。
ご参考までに (ハクセキ)
2017-06-24 08:59:31
七五三は「しめ」と読みますよね。しめる=おさめる、つまり雷をしずめるということではないか。これが寺山観音寺住職の説でした。ここの台石に数名の名が刻まれてますが、その中にあまるべさんのご先祖様もいらっしゃったのですか。

コメントを投稿

高原山」カテゴリの最新記事