建売住宅、中古住宅を検討の方も一度は話を聞いてみよう、栃木で、那須塩原で、ご予算にかなう快適住宅のご提供

分譲、土地、快適健康遮熱住宅をリーズナブルなご予算でご提供させていただく那須塩原市の相互企画のイベントニュース

外断熱だろうと、自然素材の木の家だろうと、高気密高断熱だろうと、冷房なしで夏涼しい家づくりは難しい、そんな家づくり出来るのと思ったら那須塩原の相互企画

2016-11-20 08:37:39 | イベントニュース
こんにちは。
相互企画のマイホームサポーター、やまちゃんです。
私たちは「冬暖かいのに夏冷房なしで過ごしやすい家づくり」に取り組んでいます。
家づくりのことはもちろん、土地のこと、住宅ローンのこと、資金計画のこと、設計やデザインのこと、木材のことなどなど、お気軽にお尋ねください。

なぜ断熱材だけでは夏涼しい家が不可能なのか?
なぜ屋根の直下の空間が耐えられないほど暑くなるのか?


それは
①下方向への熱移動の93%が輻射熱(放射熱)だから
②断熱材は輻射熱(放射熱)の90%を吸収してしまうから
③屋根が受ける熱量は壁の約3倍だから
です。

この屋根から受ける大量の熱を大量に吸収する限りは、夏涼しい家にはならない。
ではなぜ、高気密高断熱の家は夏涼しいと謳っているのか。
それは、冷房効率が良いから涼しいという意味なのです。
冷房しなくても夏涼しい家づくりを実現したい方はこちらをどうぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那須塩原、大田原で、工務店... | トップ | 外断熱でも、高気密高断熱で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。