サメと甘党

好きな物についてのだらだら日常語り。
大概サメと甘い物時々映画。
サメ的クリエイター(になりたい)

サメの蔵書票作ってみた

2016-12-28 23:39:05 | 鮫とか生物的な何か

そもそもは蔵書印展をたまたま見に行ったのがキッカケ。
自らの愛読書にハンコを押して所有物を明確にする行為に憧れが出てきて、でも蔵書印みたいな文字だけだとおもんないなーとぼんやり思って検索してみたら、海外では『蔵書票』の方が有名らしい。

書票…蔵書票…BOOKPLATE…EXLIARIS(エクスリブリス)とも呼ばれてる、紙タイプで所有者のこだわりやらなんやらを絵柄で現せれるのか自分好みだと思いチャレンジ。
年末になるとプラ板しかり消しゴムハンコしかり逃避のようになんかしたがる自分。。。



まずはサメとか文字とかをデザイン。
下の文字は蔵書票の起源?とも呼ばれてるハリネズミ蔵書票を参考にしてみた(笑)
骸骨人魚はサメにハマる前からの好きなモチーフ。


実に久々の消しゴムハンコなんで、便利そうな彫るナビ使用。
鉛筆書きの下絵を合わせて裏からこするだけですぐに転写できるから便利!


しかし自分で彫る事を考えてデザインしてなかった。。。
ちなみに前の前のケータイは防水耐衝撃の爆音目覚まし・タイマーとして日々使用してたけど、今回新たな活用法を見出してした。
そんでもって彫るの慣れた頃に終わるんよなぁ。


試し刷りして細かいなんやかんやを修正。


いろいろ紙を買ってきて試してみる。


最終的にこれに決めてトリミング。


自分の愛読書の見返しに貼ったら完成。


ただ一つの注意ポイントとしては蔵書印もやが蔵書票を貼ると売れんくなるからね!
絶対に売らんやろーて本に貼ることが肝心。
最近は紙媒体で(サメ以外の)本買ってないから必然的に絞られてきてるけど全然8枚じゃ足りんから量産せねばな。。。
でも蔵書票を貼る事により、より愛着が出てくる感じで楽しい!し、自分の中で売れない程の大切な本として選別出来るのもまた面白い。

物凄い時間に余裕があれば他柄サメ蔵書票を作り販売とかしてみたいなーなんて白昼夢。





積ん読にフィギュアとか飾りとか付けたらそれっぽいツリーになるとTwitterで知ってサメ縛りの本でやってみた。ブックツリー?言うんかな。
集めてみたら蔵書票が試作品8枚じゃ全然足りないので紙を同じ店に買いに行ったら売り切れてたよ…。

最近は手帳見に行くが希望サイズ無くて帰る
⇒諦めてサイズ違い買いに行くも売り切れ
⇒改めて買いに行く
とか文具屋運が無さすぎる。。。



ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮫と捕食者の旅〜粋だね!す... | TOP | 35種類サメまとめ »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 鮫とか生物的な何か

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。