那須で田舎暮らし、山野草の庭作り そのⅡ

那須高原のドングリの森で山野草や草花がいつでも咲いている庭を目指して時間はかけても金はかけない庭作りと田舎暮らしの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1609  東京に持ってくるぞ:貴重、那須に自生している薄紫色のカザグルマ

2017-03-06 18:03:27 | 日記
山荘から希少な植物を何鉢も日野に持ってきたがまだまだたくさん残っている
とはいえ日野の家は植える場所も少なく、鉢を置いておくところも狭いので
そろそろ限界

普通では手に入らない貴重な種類がいくつかあるが、地面に植えてあるので
植木鉢のようにひょいと車に積んでくるわけにはいかない
今の体調では丁寧に掘るにはよほど慎重にやらないと

次回那須に行けるのがいつになるかわからないが
いよいよ山荘で1,2を争う貴重品をもって来ようと思う

生えていたのは東海道線の土手、きれいに掘るのは難しく
少々荒っぽく引き抜き気味に掘りあげたため2株に分かれてしまった

慌てたオヤジ、最善の注意を払って持ち帰り最良の場所に植えた
その後の手入れも慎重に扱ってきたため、ラッキー!
2株とも元気に芽を出し花をつけてくれた

これなら小さく育った方の株は今回堀りあげてもって来られそうである

品名 うす紫色した日本の原種クレマチス(普通は白色)
   6,7年前、東海道線 黒田原付近で発見したもの
   たまに見かけるカザグルマは白ばかり
   白いカザグルマは山荘に数本植えてあるが薄藤色のカザグルマはこれだけ
   ここ以外でみかけたことは一度もない希少品です

写真 : 2株に分かれた小さいほうの株、どちらも大事に、大事している 
もう一株は3,4輪咲いて見事だが掘りあげるには大きすぎる
自然では花びらの形や藤色の濃さに差が出ますのでこの株がどの程度普通の株かは不明です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1608  フロックス・ストロ... | トップ | 1610  ほったらかしの山荘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。