那須で田舎暮らし、山野草の庭作り そのⅡ

那須高原のドングリの森で山野草や草花がいつでも咲いている庭を目指して時間はかけても金はかけない庭作りと田舎暮らしの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1608  フロックス・ストロニフェラ(ツルハナシノブ)を日野に持ってきた

2017-03-06 17:54:35 | 日記
現在のオヤジ、1年前までは好き勝手に山荘に行っていたが
今は事情がひっくり返って、体調のよし悪しでいつ行けるかわからない状態
決まった薬は飲んでいるが体調のいい時と悪いときがある

体調がよいときでもいつ悪くなるかわからないので一人では不安で行けない
幸い運転するときは格段んとシャンとするので心配はないが
問題は山荘での生活

安心のため昨年秋から那須に行くときはいつも3人で行く
だから3人の都合があったときだけ山荘に行くことができる

3リッター2ドアクーペのオヤジの車、荷物は沢山載せられない
大人3名が数日泊まるとなると
結構な荷物、帰りにはお土産も入るので荷物で満杯

何が言いたいのかというと!山荘から日野に持って帰りたい鉢花があっても
何鉢ももってかえれないということ

今までの長期不在不手入れでアウトにしてしまった鉢が沢山ある
植物なのでほかの荷物と一緒に詰め込むわけに行かない
いくつも日野に持って帰れないのだ

とはいえ11年もいろいろ育てていると
日野でも咲かせて見せてやりたいと思う花も多い
今回もって来たものは山野草ではないが、ごはんや ( 麦 )さんで
多くのお客様から超人気の高かった 「 ツルハナシノブ・ブルー 」

沢山のお客さんから沢山問い合わせのあった草花
沢山のお客様に苗や株を分けて差し上げました

写真 : 山荘デッキ前に植え広げたフロックス・ストロニフェラ(ブルー)
     草丈は3~5㎝花は10㎝くらい 5月連休ごろ一面に咲くブルーは
     十分見ごたえのある花です
     芝生みたいに少々ふんづけても丈夫、丈夫、きれいに咲いてくれます
     試してみる価値があると思います、どこかで見かけたらぜひ試してみてください   





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1607  落ち葉の中に忘れて... | トップ | 1609  東京に持ってくるぞ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事