野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

二十三夜塔

2011-08-31 21:31:31 | 原始感覚美術祭

Img_0206

海ノ口庵の境内にはたくさんのお地蔵さんや供養塔が建てられている。

”二十三夜塔”とは聞いたこともなければ見たこともなかった。

そこへきふじさんはペットボトルをセットして木崎湖湖畔の水辺で咲いていたセリ科の類の白い花を中心に生けた。

二十三夜塔には他の石には見られない色の染みが付いている。

ふときふじさんの帽子を見たらおなじ色合いのリボンで飾られいたのでリボンも作品に組み込んでもらった。

供養塔の染みの色合いが彼女好みだったのかしら・・・・

二十三夜とはいつごろ出る月かしら?”と言っていたので二十三夜塔のことは知らなかったと思う。

調べてみると二十三夜には24時前後に月は出るらしく祀られているのは勢至観音菩薩。

二十三夜塔とはいかなるものか気にはなっていたがきふじさんの作品を見るまで染みの色は見てなかった。

彼女は目ざとい人で一緒に行動すると私一人では見落しているものをよく教えてくれる。

今回はほとんど歩いての移動だったが宿舎である虹の家までの近道の看板も見つけた。

野外教室はどこで開こうがエネルギーの要る催しだが今回も参加者の私にはない良い感覚を作品により見せていただいた。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はこべさんの作品

2011-08-31 11:44:01 | 原始感覚美術祭

Img_0229

白壁が年月と風雨によりはがれた部分にゆっくりと向かい合うとこころ引かれるものがある。

はがれたことによって生まれた線や色。

Img_0232_2

はこべさんもおなじ気持ちだったようだが作品は小さな虫の小さな口によって食われ茶色のレースのようになった葉を白壁がはがれた部分に生けたくて作品作りは始まったようだがすぐ脇の雨どいや下に置かれたペットボトルまでの大作になっている。

Img_0233

植物素材はおもに葉っぱが使われているが目立つ場所に水が下がったアザミの花が大きく生けられている。

ススキの葉の動きと連動して面白い空間だ。

はこべさんの得意分野といおうか目の前につきつけられてこんな使い方があったのだと思い知らされる。

今回のワークショップではお互いの作品を鑑賞しあう時間がなかったのが悔やまれる。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひがんばなさんの作品

2011-08-30 21:16:58 | 原始感覚美術祭

Img_0245

これも自然の造形といっていいのか白壁の部分が長年の風雨ではがれ板に縄を巻いて泥を塗った一部が白壁の部分と良いバランスで露出した場所にひがんばなさんはペットボトルをセットした。

どこで探し出してきたのかランプまで素材として組み込んでいる。

それも2個も・・・・

探すのだって時間がかかるし白壁が露出して見えるリズミカルな縄の巻き方を見てるだけでも時間はすぎる。

彼女より”すぎなさんの作品”へ皆の作品を見るゆとりがなくて反省している趣旨のコメントが入っていたが彼女が悪いのではない。

こんなに創作意欲をかきたてる素材や場所があるところへ採集、水揚げ作業まで組み込んで3時間のワークショップを企画した私が悪かった。

誤算といえば誤算だがうれしい誤算でもあった。

私は企画している野草(イエツァオ)野外教室は5:30分起床で散歩から始まりゆっくりと創作モードに持っていき創作。

自分と向かい合い生まれた作品はすべて最高とし参加者仲間に見てもらう。

参加者は作家であり見学者であり作業場は移動美術館と称している。

もう34回催した。

ベテラン参加者が3時間と区切っても手抜きしてくれることはなかった。

前後2泊してやってきたひがんばなさんは他の参加者の作品を見る時間も作り出せずに出来上がったのは17時前(13~16時のワークショップ)。

10月には従来の野外教室を開きます。

  第35回野草(イエツァオ)野外教室参加者募集

日時  23年10月8日(土)~10日(月 祝)一泊でも可。

場所  ギャラリー作唯 畑 山小屋

電話  0896-72-6808

畑では巨大糸瓜やカボチャ類が育っています。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

るとべきあさんの作品

2011-08-30 11:52:28 | 原始感覚美術祭

Img_0209

年月に色づいた貫禄たっぷりの海ノ口庵の板をバックに選んで生けたのはるとべきあさん。

花がうまく止まらないので根元をツルで巻いて止めたと言っていた。

彼女は私が主催する野外教室には参加したことがないので野の花をペットボトルの花器に生けるのはこのワークショップが初めてになる。

自分で生けたい場所を決め個性的な動きと表情のある野の花をこれだけの種類初参加でけられるのはかなり自由な発想といろんな素養がなくてはできない。

知り合って30年近くなるが会うのは毎年開く私の個展である野草(イエツァオ)展でだけ。

勤め帰りに寄ってくれ作品を挟んで一時間ほど楽しく話すだけの付き合いだったが身近なこともいろいろはなしている友達のように感じていた。

今回ワークショップが始まる前西丸震哉記念館でコーヒーを飲みながらの雑談中”話してなかった?”との前置きで御主人の大病の話をしていたので彼女も同じ気持ちだったのかとうれしくなった。

もちろん彼女の私生活等一切知らない。

Img_0211

次に選んだのも年月に色づいた戸板。

戸板を止めるために使われていたチエンにペットボトルを取り付けチエンまでも取り込んでの作品。

ヒメジオン、キカラマツ、ホタルブクロ、クズ、やっと咲き始めたセンニンソウ使用。

わすれぐささんもだがまったくの初参加でもう”野の花を採集して水揚げをし好みの花器に作り変えたペットボトルに生ける”という域は超えていて創作ができる人たちだ。

それにしては採集も含めて3時間は短すぎた。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すぎなさんの作品

2011-08-29 11:15:37 | 原始感覚美術祭

Img_0217

植物採集のときつくしちゃんが”お母さんがすきそうだから”とすぎなさんの分まで採集していた。

前回の野外教室まではすぎなさんがつくしちゃんをきずかっていたが今回はその心配はなくなったようだ。

そのせいか今回のすぎなさんはのびのびと自分の世界で遊んでいた。

選んだのは海ノ口庵の境内にある年代ものの水ため石だ。

苔が生えていたりツタが絡まっていたりと魅力的な石のくぼみにペットボトルを置いた。

Img_0215

石のすぐ下にある鉢も作品に組み込まれている。

左側に写っているマメグンバイナズナの上に小花が置かれているのを見るとつくしちゃんの作風とよく似てる。

Img_0241

一作目ができるやいなや木崎湖湖畔をバックに作りたいと選んだのはブランコ。

野外教室参加常連の人たちは野外教室は自分を思い切り表現していい場所だと思っているので手加減してくれない。

原始感覚美術祭の一環のワークショップとしてほんの3時間で野外教室のさわりだけをするつもりだったのに・・・・。

ワークショップ参加者がほとんど仲間達だとわかった時点で一ヶ月展示していただける作品を作るエネルギーと同じほどワークショップの準備にエネルギーを使った。

野外教室は制約の多い日常から自分に向かい合う場、一種のお祭りであり参加者が作家になり観客になる移動美術館だ。

ぎりぎりまで制作して飛び乗った汽車の中より興奮冷めやらぬうちにとメールが届いた。

親子ともども良い夏の思い出になったようだ。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

花と蝶

2011-08-28 15:34:21 | 原始感覚美術祭

Img_0220

早々と西丸震哉記念館の蝶の標本に負けない蝶出現。

ほんの2~3時間前に見たばっかしだというのに・・・

つくしちやんは3歳で野外教室デビューして以来私達大人を刺激し続けている。

一昨年5年生で参加した金生町野外教室では”くっつきアート”で驚かせてくれた。

Img_0219

蝶の羽はクズの葉で作られて模様はタチアオイのつぼみ、マメグンバイナズナ、キンエノコロなどが使われ、目玉はキツネノボタンの実だ。

Img_0221

花の部分も用意ばんたん。

素敵な白いリボンを用意してやってきた。

白いリボンに淡いピンクのタチアオイの花が初々しく少女真っ盛りのつくしちゃんのようだ。

ペットボトルは使わず小さな空き瓶が使われている。

Img_0223_2

空き瓶のふたには小さな花達が彩りよく盛られ白いレースのリボンの上に他の花達とともに飾られていた。

つくしちゃんはワークショップ参加を決めた時点よりこころの準備とともに素材の準備もしていたようだ。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わすれぐささんの作品

2011-08-27 22:30:24 | 原始感覚美術祭

Img_0238

原始感覚美術祭の実行委員であるわすれぐささんが飛び入り参加してくれることになった。

会った瞬間に”ピンときた”というのか彼女に”参加したい”と言われたときとてもうれしかった。

今回はワークショップと称しているが私が催している野外教室はこころに響く自然素材で自分を表現する場だ。

私の役目は参加者に表現できる場を作ることでその場の雰囲気を自然に受け入れ自分を表現できた作品はすべて最高だと思うしそういう世界を見せていただくことでお互いの世界が広がる。

私を含めて仲間達の世界を広げてくれる人だと思ったからだ。

初参加にもかかわらずきれいに咲いている花だけでなくドライのものツル性のもいろんな素材をのびのびと採る。

採集しながら歩くとき木崎湖湖畔の四季の美しさを仲間達に語ってくれたそうだ。

Img_0237

わすれぐささんが選んだ場所は海ノ口庵から廃屋へ続く渡り廊下の丸窓。

茶色のマツ葉で隠れているが1.8リットルのペットボトルが横にして使われている。

隣の丸窓も組み込んだ壮大な作品になった。

オレンジ色がすきというので身に付けていたオレンジ色のスカーフも使ってもらった。

初参加なので少し助言をさせてもらうとするすると自分のものにしていく。

何かを催すとなるとさまざまな問題が起がおこる。

最後にごみをどうするかも大きな問題だったが地元のわすれぐささんがもちかえってくれ本当にありがたかった。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かがみぐささんの作品

2011-08-26 21:27:45 | 原始感覚美術祭

Img_0205_2

ワークショップ前日にやってきたかがみぐささんは木崎湖湖畔散策中ガガイモの花にこころ引かれたようだ。

咲いていた場所が当日採集しながら歩く道にはないので事前に採集した。

ツル性のガガイモを意識したのか同じくツル性のノブドウも使っている。

赤い実は木苺の類だ。

3個持ってきたぺットボトルは横にした状態で使い海ノ口庵の100年以上たっているだろう白っぽくなった板の縁側に置いた。

Img_0226

海ノ口庵に続く建物は廃屋と化しているが時を経ることでしか出ない”面白み”が現れた箇所がたくさんある。

そういう箇所に飾ってほしいといったら白いペンキが良い具合にはがれた引き戸に赤いシャンプーのペットボトルに生けたのを引っ掛けた。

かがみぐささんは今まで野外教室に参加するより野外教室での参加者の作品を写真で見るのを楽しみにしてくれてた人だが長年見てくれているので久々の参加だったが自分の世界を表現してくれた。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ始まる

2011-08-26 08:40:14 | 原始感覚美術祭

Img_0199

8月1日の”野の花を水揚げしてペットボトルの花器に生ける”ワークショップに参加の東京よりの仲間は前日から来ている人、当日組みでも10時過ぎにはほとんどそろった。

メンバーが東京よりの仲間が多いと13時から16時の3時間で収まるわけがない。

もう稲尾駅へ降り立と制作モードで景色や植物を見ている。

初めて木崎湖湖畔に来て作品を作るのと平行してワークショップの組み立てを考えた。

湖畔を何周もしたが良い具合に作品の制作場所であった海ノ口庵が集合場所である西丸震哉記念館より歩いて1時間ほどで植物も多彩だし採集できる場所も多い。

近くに海ノ口公民館があり水揚げの水やトイレモもかりられる。

作品を作りながら息抜きがてら海ノ口庵周辺を偵察していたら今までの作業場であった清里や三宅島、式根島、瀬戸内海の島々や金生町での山小屋周辺とは違うよさがある。

それに雨の心配もあったが海ノ口庵の軒下や続いて建つ廃屋でも雨をしのぎながら制作はできる。

作業場は海ノ口庵で採集コースは自転車で通った海ノ口庵までの道。

木崎湖湖畔で一番なじんだ場所だけれど決まるまでにはかなり歩いた。

Img_0198

心配した雨に降られることもなくワークショップは始まった。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜ水源・・

2011-08-25 10:12:36 | 原始感覚美術祭

Img_0128

夕方木崎湖湖畔をのんびりと散策していたら自転車が弾丸のように走ってくる。

近づいたら本郷毅史さんだったので納得。。

喜望峰から日本まで3年と5ヶ月かけて自転車で旅をした経験の持ち主だ。

彼が写した木崎湖周辺の水源の写真が崩れた外観の倉に展示されている。

大事なものを収納する倉の壁は火が通らないように厚くできていると聞くのでしみじみとながめた。

Img_0127

土がたっぷりと使われている。

Img_0125

立派な大木の梁だ。

Img_0126

そこに水源の写真が展示されていてそれにもとづくビデオも上映される。

ビデオは湖畔にそよぐヨシの群生から始まるがダイナミックに落ちる滝、落ち葉よりの一しずく、揺らぐクモの糸と水、雨ですきとおった花などとやさしく繊細にそれで力強く自然音だけで水源域を多彩に見せてくれる。

場所が木で作られた倉の2階の空間。

居心地は抜群。

3回見に行った。

このブログを書くため彼の自転車での喜望峰から日本までの記録を読んだ。

なぜ水源にいたったのかわかったような気がした。

  

(写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10人もの友達が・・

2011-08-23 15:41:49 | 原始感覚美術祭

Img_0137

トランペット奏者の北陽一郎さんと野々ユキノさんが私がいないとき訪ねて来られたのを聞いて本当にがっかりした。

”彼が演奏旅行でヨーロッパに行っているので帰って相談して”から”車で行きます”の返事が来た時は本当にうれしかったのに。。。

それにしても予定より一日早く来ている。

こういうときには携帯電話を持ってないことが悔やまれる・・が。

彼らとは会うことができた。

私が6:30分には原始感覚美術祭のオープニングパーティに参加するのを聞いて会場まで来てくれたのだ。

思いが通じれば携帯電話がなくても会える。。

もう会えないと思っていたところへユキノさんが静かに現れたので喜びもひとしおだった。

時間まで湖畔をドライブしていたそうだ。

彼らとの一番の思いでは私が東京を引き上げる数日前彼らが主催する即興芸術の会を私達仲間のために開いてくれたことだ。

そのときも彼らがヨーロッパへの演奏会から帰った翌日にもかかわらず良い時間をすごさせていただいた

それ以来又会いたいと思っていたし会えると思っていた。

Img_0193

すぎなさん親子が稲尾駅に降り立ったところだ。

3歳より野草(イエツァオ)野外教室に参加して今年で13歳になるつくしチャンがお母さんであるスギナさんより背が高くなっているとは聞いていたが本当だった。

Img_0194

驚いたのは暑さに弱く毎年真夏に夏眠(冬眠と同じ)するこでまりさんが元気に降りてきたことだった。

数日の雨続きで元気が出てのことらしいが本当に懐かしかったしよく来てくれたものだ。

見落とした人もいた。

毎年一回野草(イエツァオ)展に勤め帰りに来てくれるだけだがとても身近に感じていたるとべきあさんだ。

帽子をかぶり勤め帰りとは違う服装だったからだがすれ違って数歩歩いてお互いに気がついた。

それにしても東京からは関東では一番遠い場所といわれる木崎湖湖畔へ10人もの友達がやってきてくれた。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湖畔の畑で

2011-08-22 09:12:06 | 原始感覚美術祭

Img_0192

原始感覚美術祭の会場である木崎湖湖畔には生活の中にたっぷりの自然が残っている。

公共交通の不便さはある意味ありがたいことでもある。

車を気にすることもなく野辺の道をゆっくりと歩く東京よりやってきた仲間は日常を忘れ今を楽しんでいるようだ。

Img_0191

久しぶりに見たチゴザサの群生も見事だと思っていたらやっぱし仲間達からは”あれはなんの草?”と聞かれてうれしかったががっかりしたこともある。

Img_0190

来てすぐ見つけて感激し前々日に確認したにもかかわらず小川に沿って咲き誇るワスレナグサが仲間達を案内したときはきれいに刈られていた。

Img_0064

草刈後でも大事に残されている花もあるのに。。。。。

Img_0185

自然たっぷりの木崎湖湖畔で過ごしていても一週間もたつと金生町で毎日通っていた畑がとても懐かしくしくなっていたところ仲間と泊まった宿舎には畑があった。

早朝畑の野菜たちを見学していたら海のない長野県の畑で海岸植物のツルナが美味しそうに育っていた。

ここへ来る前畑へ蒔こうと海岸で種を採ってきたばかしだ。

いっそう畑への懐かしさがこみ上げてきた。

(写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三度目にやっと・・・

2011-08-21 10:35:11 | 原始感覚美術祭

Img_0188

カンウーさんの作品だが海ノ口キャンプ場での木崎湖湖畔を使った作品では写すことはできなかった箇所が東海ノ口庵では写せた。

炭が敷かれた後に削った窪みに黄色い蝋が流し込まれた石が立っている。

作って数週間たつので黒い炭の間から芽吹いた緑が雰囲気をより優しくしている。

Img_0189

お堂の中へと続く。

Img_0187

ここでも左右には枯れたヨシが繊細に造形されている。

Img_0124

東海ノ口庵だが一回目は閉まっている格子戸越しに見た。

開けていいといわれて2回目は開けて見た。

3回目にやっと炭の道から窪みに黄色い蝋を流し込んだ石までが作品だと知った。

予備知識もなく一度で全体像を見る人は多いのか少ないのか。。

私は3回目に見えたがやっぱし全体像は見てよかった。

このあたりは塩の道で古いお堂や小さな流れがあったりとただただ歩くだけでも別世界のようだ。

カンウーさんの作品は違和感なくこの風景になじんでいた。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海ノ口キャンプ場

2011-08-20 16:44:30 | 原始感覚美術祭

Img_0132

下調べで海ノ口キャンプ場の湖側にパンフレットには記載されてない場所でキム カンウーさんの作品があることを突き止めていたのでひがんばなさんとかがみぐささんを案内していたら”芸術作品をみ見に来たの”と外人に流暢な日本語で声をかけられた。

小学校低学年と見える2人の子供とキャンプしているようだ。

彼は7分の一しか覚えてないけどといいながら作品の説明をしてくれた。

後で聞くところによると彼らは毎年一ヶ月海ノ口キャンプ場でキヤンプをして、話をしてくれた人が見かけたときは子供達2人だったがその後お父さんが近くで採ってきたキノコをいっぱい抱えて現れたそうだ。

私はカンウーさんのこの作品を3回見に来たが3回目のとき小さな男の子が斧で蒔きわりをしていた。

お父さんは大阪で翻訳をしているロシア人でそのうち日本人のお母さんも合流するそうだ。

Img_0131_3

白く塗った石と船は目立つが左右のはしけには枯れたヨシが繊細に造形さている。

初めて来た時から湖の作品までの間に炭が敷かれているのに気がついていたが作品の一部とは思いもせず3回目に来た時炭の敷かれた後に削ったくぼみに黄色い蝋を流し込んだ石が立てられ後ろに見える山まで作品に組み込んだ私の力では写真に写すことができない大きなスケールの作品だと気がついた。

それにしても大都会からやってきて小さな子供ずれでキノコや魚を採りながら一ヶ月もキャンプ生活を楽しむとは生きる芸術家だ。

日常を吹き飛ばす風だ。

良い作品が点在する海ノ口キャンプ場だった。

  (写真はクリックすると大きくなります)

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

垂直に対して水平

2011-08-20 12:05:11 | 原始感覚美術祭

Img_0129

私は木崎湖湖畔をほとんど自転車で散策したが時間があれば歩きが良いと思ったのでワークショップ前日に来てくれたひがんばなさんとかがみぐささんを歩いて一時間ほどかかる今日の宿舎まで観光ポイントや作品を見ながら案内した。

あいにく小雨の上早朝又地震で起こされ、寝不足で疲れ気味な2人だが木崎湖湖畔の風景には満足していた。

Img_0181

東京よりやってきた2人は雲がとても低く感じるといったが金生町から来た私もそう思っていた。

左に写っている雲は煙か雲かと3人で言い合ったが木でも炊いているのか煙突から煙が出ている所もあった。

一時間で着く宿舎まで2:30分もかけた贅沢な散歩の途中にはキャンプ場があり背の高い唐松の幹には紙縒りに漆をかけたいらはらみつみさんの作品が数点展示されていた。

彼女は私と同じ日に仲間とやってきてキャンプしながら制作した。

制作途中に立ち寄ったとき巻きもどされた紙縒りを組んだ状態のものが地面に置かれていたのを見たので素材が紙のため雨続きで心配していたが漆をかける事により固められ、唐松の見事な垂直に対して水平だった。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加