野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

縮景園でも

2011-04-30 20:44:36 | 旅行記

Img_9586

4時に広島県立美術館へ入ったものの展示物が多くて5時の閉館まで息つくまもなく見てまわり、5時より隣接する江戸時代の大名庭園である縮景園へ入って休んだ。

ここは6時まで開園している。

Img_9588

一休みして散策したがここでも原爆跡が生々しく残っている。

原爆にも負けなかったイチョウの木だが傾いていた。

近くには一時60数体の遺体を一時埋めていた跡もあった。

広島市は歴史のある城下町だが広島は原爆から始まったとの印象をいろんな場所で感じられる。

Img_9587

広島市は数本の川を挟んで生まれた町だが海が近いので干潮時には川の流れは少なくなる。

いろんな橋を渡りながら広島見物をした。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島城

2011-04-30 13:56:58 | 旅行記

Img_9577

ほんの一瞬の新緑の美しさを広島で迎えられた。

広島城近くの梢の写真だ。

Img_9578

立派な広島城は原爆で倒壊したのを再現したものだ。

Img_9579

中は資料館になっている。

近くに住んでいるような子供ずれの夫婦に”お城以外で見るところがありますか?”と聞いたら”再現された二の丸がいいですよ”と教えられたので行ってみた。

Img_9584_2

木がたっぷりと使われ立派に再現されているが教えられなければ見過ごしていただろう。

地元の人に聞くといい情報が得られる。

平城だが天守閣からは広島市内が一望できる。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和記念公園へ

2011-04-29 19:29:28 | 旅行記

Img_9561

広島平和記念資料館で原爆投下後の市内の写真を見て東北大地震が重なった。

一面ガレキの山・・

Img_9560

2号線より平和通りに入ったとき広さと新緑の美しさに感激した。

平和公園でも広さと新緑の美しさに感激しつつ大勢の小学生たちが木陰でお弁当を食べる平和そのものの風景に見入った。

Img_9568

”原爆の灯”だが上野公園にもあった

この灯がともっていたのかと懐かしく思い出した。

Img_9574

広島平和資料館では大勢の子供たちが見学していたが広島は子供のころ原爆の写真集を見て以来あまりの惨さに行きたくない場所になっていた。

年も重ね一度訪ねなければいけない場所だと思い始めて来たが美しい都市になっていた。

歴史もある都市だが広島は原爆投下から始まったとの印象を受けた。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう新緑

2011-04-28 21:49:06 | 旅行記

Img_9633

法皇トンネルの金砂湖側の入り口にある滝は昨日の大雨のためか水量も多く新緑ごしに今までにない景観だった。

今回の目的地は富郷ダム藤原地区

四月のヤマザクラのころ行ってみたかったが今回は新緑が美しかった。

Img_9640

帰り立ち寄った富郷キャンプ場の新緑。

Img_9635

金砂湖遊歩道も歩いた。

Img_9641

翠波峰では前回見つけた展望台がどうしてその位置に作られたかがわかった。

法皇山脈の右側には四国中央市、左側には金砂湖、この山脈のしたには法皇トンネルが抜けている。

それが展望台から一望できる。

何回来ても新しい発見があり四季の表情はさまざまに美しい。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェリーで・・

2011-04-28 20:53:51 | 旅行記

Img_9552

伯方島中心の第34回野外教室の下調べを終え広島県観光へは大三島の盛港よりフェリーで忠海港へ渡る。

30分前に着き切符売り場も営業してなかったので海岸線を走ったらきれいな砂浜が現れた。

広島県が遠望できる。

Img_9555

フェリーより盛港を写した。

Img_9556

途中大久野島に寄航するが車は下船できない。

かなり前毒ガスの島として有名だったころ行ったことがあるが今はウサギがすむ観光の島になっている。

周囲4.3キロで竹原市より3キロ沖合いにある。

Img_9558

広島県側の忠海に渡ってしばらくは島で走っているような風景が続くが海岸が白いので近づくとカキ殻だった。

広島県に来たのを実感。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回野外教室の下調べNO7(多々羅大橋)

2011-04-27 21:34:21 | 野外教室

Img_9629

しまなみ街道にある伯方島を拠点に開く野外教室なのでやっぱし島から島へかかる大橋を歩いての作品作りはしたい

今のところ多々羅大橋がベストだと思っている。

本州と四国を結ぶ橋は3本あるが歩いたり自転車で通過できるのはしまなみ街道だけだ。

1.4キロほどの橋の上を歩きながらの即興の作品作りになるが気象条件や持ち込んだ素材により思わぬ作品が出来上がる。

Img_9630

多々羅大橋ふもとにある展望台だがヨシノザクラが終わり八重桜が満開だった。

橋のたもとでは小公園や東屋が設置されている。

Img_9632

来島海峡大橋のたもとにある東屋へ急な大雨のため逃げ込んだ人達だが意外と年配の人が多かった。

海を見下ろしながらのサイクリングもいいだろう。

Img_9628

多々羅大橋ふもとの道の駅近くに温泉がある。

以前行ったときは観光客でごった返していたが今回は地元の人たちがゆったりと楽しんでいていい雰囲気だった。

  野外教室参加者募集

日時  5月21日(土)~5月23日(日月)

場所  伯方島 鵜島 多々羅大橋

電話  0896-72-6808 まで

 

 (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回野外教室の下調べNO6(潮の干満)

2011-04-27 13:32:31 | 野外教室

Img_9539

鶏小島キャンプ場より急な階段を下りた海岸は引き潮だった。

Img_9540

満潮時には遠方に見える小島の黒い部分まで海になるので干潮時とは風景がかなり変わる。

Img_9541

干潮だと伯方大島大橋が見える場所まで歩いていける。

野外教室本番では潮の具合でスケジュールが変わる可能性がある。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回野外教室の下調べNO5(朝の散歩コースは・・)

2011-04-26 19:07:21 | 野外教室

Img_9546

野外教室にとっては朝の散歩はかなり重要だ。

5:30分起床、6:00分発2時間ほど歩く。

朝の散歩で作品作りはしないもののその日の作品作りのムード作りには大切な時間だ。

2時間の散歩は朝食をとても美味しくしてくれるのもうれしい。

今回の散歩の候補として2度作業場に使った塩田跡を考えている。

景色もいいが植物が面白い。

やっぱしここではウイキョウが目立つ。

去年使った桟橋に採集したウイキョウを置いてみた。

大潮だったのでかすかにささげ島と陸がつながっている。

Img_9548

塩田跡より一山越えた場所にある海岸よりみたささげ島。

Img_9536_2

白い砂浜が続く沖浦ビーチも候補として考えている。

ゆっくりと裸足で歩きたい。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回野外教室の下調べNO4(ワラビ)

2011-04-26 19:04:33 | 野外教室

Img_9544

この時期鵜島では道端を歩いていてもワラビがたくさん採れる。

ついつい目に付くと採りたくなる。

たくさんとって宿へのお土産にしたら早速天ぷらになって夕食の膳に上がってきた。

そのまま揚げたそうだがあくはなかった。

Img_9550

朝食には重曹で湯がかれたきれいな色のワラビが出た。

女将をはじめスタッフの人たちは野外教室に興味を持ってくれとても好意的に接してくれるのがとてもうれしい。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回野外教室の下調べNO3(鵜島)

2011-04-25 14:54:08 | 野外教室

Img_9527

今回も鵜島をメインの作業場にする。

去年はバイクでの下調べだったが今回は歩いての下調べにした。

集落が見える場所からは同じ島内かと思えるように伯方島の集落も見える。

去年はそんな思いを作品にした

Img_9528_2

目をひく芽吹き前の林があった。

一ヶ月後はどんな姿になっているのだろうと思いながらふと下を見ると放棄されたみかんの木がこんもりとツルに覆われていた。

Img_9535

引き潮だと海草も現れるので素材が増える。

Img_9533

第32回野外教室のとき食べごろだった草イチゴが白い花を咲かせていた。

去年のように野外教室本番に赤い実がなってくれることを祈る。

今回も今咲き誇る草たちにめぐり合ったが一ヵ月後の本番ではどんなめぐりあいがあるのかとても楽しみだ。

去年フェリーを待つ間に小船をつないでいるロープで作品を作った。

それらしき船が2人の女性を乗せて沖にゆっくりと向かうのを見かけた。

      第34回野草野外教室参加者募集

日時  5月21日(土)~23日(月)

場所  伯方島 鵜島 多々羅大橋

電話  0896-72-6808

現地調達の自然物を素材に自然を借景にした造形教室。

(写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回野外教室の下調べNO2(遊具を使って)

2011-04-24 19:21:11 | 野外教室

Img_9514

伯方島の人たちは開山の展望と花見が自慢だ。

行くたび私もすばらしいと思い作業場や朝の散歩の場所として使ったが毎回気になりながら行ってない場所があった。

そこは展望のいい場所でなくなだらかな谷間にある。

Img_9507

なだらかな階段を下りていくととても落ち着く空間がありいろんな遊具が設置されている。

Img_9509

Img_9511_3

  ゆったりと枝を伸ばす大木もある。

Img_9515

はじめの写真の反対側だが、とても丁寧な作りで子供たちが遊ぶ部分をたくさん作っている建物だ。

いろんな遊具を見て発想できた作品作りをしようと思った。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回野外教室の下調べNO1

2011-04-23 22:23:07 | インポート

Img_9502

20日金曜日6:00発。

23日20:15分着。

走行距離561キロ。

去年に続きバイクの故障のため代車での下調べだった。

それでもバイクで行くのは4回目になるので少し余裕ができ来島海峡大橋を渡る前に少し休憩をして糸山公園あたりを散策した。

Img_9504

今治市方面を眺めると似てはいるが島とはすこしちがう風景が広がる。

とても興味はあるがまだ市内の観光はしてない。

 

(写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キャラボク発見

2011-04-19 21:53:37 | 山小屋整備

Img_9492

幻のカンピザクラ発見場所を整備していたらツルやシダに覆われながらも常緑で濃い緑が目立つキャラボク発見。

野生でなく植えられたもののようだ。

Img_9494

上の段に植わっていたのが倒れた状態で育っているので下の段より簡単にいい枝が採集できる。

シダやツルを取り除き幹に陽が当たれば葉も茂ってくるだろう。

濃いピンクのカンピザクラが咲く近くで濃い緑のキャラボクが形良く茂っている風景を想像するとうれしくなる。

山小屋整備をしていると次々と仕事ができるが明日から5月21日~23日(月)で開く第34回伯方島野外教室の下調べに伯方島へ行きその足で広島の原爆ドーム、美術館、世界遺産の宮島へ行ってくる。

帰省していた横浜の幼馴染は数年広島に住んでいて”原爆ドームは一度は見ておくべきだし島全域が聖域の宮島はすばらしい場所でいい旅になるだろう”といってくれた。

東京ではクラフト展(イエツァオグループによる)を2月の末より三月の初めにかけて開き5月に野外教室を開いていたが金生町ではクラフト展(イエツァオグループによる)を3月の末より4月のはじめに開き同じく5月に野外教室を開くので間の期間が短いため気持ちの切り替えがうまくいかなくて不安だったがいいときに幼馴染が後押しをしてくれた。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再度切山の花見へ

2011-04-18 23:40:45 | 日記・エッセイ・コラム

Img_9496

先日の切山花見ハイキングでは愛宕山のヤマザクラはほとんど咲いてなかった。

去年一昨年と見事なヨシノザクラを見ているので再度行くつもりにしていたら横浜に住む幼馴染が帰ってきた。

あまりのりきでない彼女を連れて行った。

彼女は18歳でふるさとを後にしているので切山のイメージは山深い場所だと思っていてたらしく愛宕山から一望できる四国中央市と瀬戸内海に感激してくれた。

特にまじかに見下ろせる瀬戸内海には驚いたようだ。

身内のものにも見せたいと言う。

ほんの近くに住んでいる人でも切山の自然のすばらしさを知る人は少ない。

Img_9499_2

愛宕山にはヤマザクラの大木が多い。

あいにく灰色の曇り空で青空をバックならもっと華やかなのにと思うが幼馴染は喜んでくれた。

Img_9501

風に逆らうことなく育った木もあった。

Img_9498

遠望するとこんなにヤマザクラ多いのかと思う。

私は彼女に切山のヤマザクラはじめすばらしい風景を見てほしかった。

彼女は感激して大事な人に見せたいと思い始めているようだ。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タシッポ料理に挑戦

2011-04-17 23:14:53 | 日記・エッセイ・コラム

Img_9491

タシッポが芽吹き始めた。

塩漬けが一般的だが塩抜きが面倒なので干したが失敗だった。

水で戻しても風味も味もない。

今年は塩を使ってタシッポに挑戦するつもりでまずは皮をむぎ塩をしてしんなりさせたのを水洗いして納豆と和えて見た。

色もきれいだし歯ざわりもしゃきしゃきしたのが納豆とよくあう。

もう少ししてたくさん採れはじめるといろいろと料理方法を考えてみよう。

小さなことだけどやりたいことができると元気がでる。

やらねばならぬことだってあれば元気が出る。

先日東北の大震災のことを”再建という大きな希望が残った”との見出しでエッセーがあった。

一瞬被災にあってない人が言えることかと思ったが今はまったくそのとおりだと思っている。

被災地のことを考えて自制ムードで暗くなっているが天災という人間の力ではどうにもならないことが起こったのだから次は再建に向かうしかない。

私は再建という希望は持てなかったが元気を出して第34回野草(イエツァオ)野外教室実行を目指してまずは伯方島と広島へ行こう。

 (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加