野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

天空を舞う

2009-11-30 20:56:29 | 野草(イエツァオ)展

Img_2200

メインになる場所に飾った作品だ。

イネ科植物で作った立体を4体作った時点で壁面を飾る作品が出来た。

昨日紹介した作品が天空ならこの作品は天空を舞うかなと思った。

私は東京生活だったので父かなくなって駆けつけた。

遺体に対面したとき”アッ物体だ”と思った。

形は父だが物としか思えなかった。

大阪の友達もお母さんが息を引き取った時点で同じ思いをしたらしい。

魂とはなにかは説明できないが死ぬと魂が抜け人間が物体に変わる。

抜け出た魂はなんとなく地下にもぐるのでなく天空を舞ってる気がする。

父の悪口を言っているとなんとなくスーット左耳のあたりに下りてくる。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天空とは・・・

2009-11-29 21:45:00 | 野草(イエツァオ)展

Img_2164

今年のイネ科植物で作った新作は”まがたま”とあわせた。

円錐形の形は密かに天空へ届けとの思いがあった。

大阪の友達のお母さんが101歳で2週間ほど前亡くなった。

高齢のため本人の兄弟も亡くなり子供達も定年で現職を退いた状態で又田舎を離れた都会生活だったため最後の数日間は子供達だけで付き添い、お通やの晩は兄弟5人で折りズルを折ったりして過ごし一番面倒を見たと自認する兄弟は”俺の折ったツルに乗ってお母さんは天国へ行くんだ”と言ったそうだ。

孫達もいれず兄弟で葬式をすませ”母はとてもいいものを残してくれたと”晴れやかに言っていた。

一番理想的な見送り方だがしがらみの多い現実生活ではまれな形だ。

”天空”とは・・と自問してみたらフト意識がなくなった状態でも子供達をまとめる力のある人が行くところと今回は思った。

いい話をたくさん聞かせてくれて友達は大阪へ帰った。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

渦潮

2009-11-27 23:38:44 | 野草(イエツァオ)展

Img_2180

部分的に砂を使った作品で九十九里海岸と余木崎海岸の砂を染めて使い、鳴門の渦潮をイメージして作った。

昨日紹介した作品と同じ14回野草(イエツァオ)展に出品した。

長方形のスタイロホームを3つに切って作ったシリーズの3個目だ。

いただいた写真集をながめているうちイメージは出来てきた。

自然をテーマにした写真集だったが東京で生活していると金生町に近い場所の写真にやっぱし心引かれる。

望郷の思いで出来た作品だ。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹皮の作品

2009-11-26 23:03:09 | 野草(イエツァオ)展

Img_2183

19997年14回野草(イエツァオ)展に出品した作品を展示した。

都内の公園を散策中ベージュ色一色のとてもきれいな竹の皮がたくさんはがれ落ちているのを見つけ採集したので作った。

それ以後数度同じ時期に行ったがなぜか採集することは出来なかった。

Img_2213

その年の作品には砂をいろいろと使った。

竹皮の作品には香港の九竜島と鳥取砂丘の砂をお土産にいただいていたのを量感と動きを出す為使った。

”いただいたものと拾ったもので作っております”と説明するが東京生活では心をいただくような素材をいろんな人よりいただいた。

今回とても懐かしい思い出のある人が来てくれた。

とてもやさしい大人のお姉さんのイメージだったのに年は10歳しか違わず私をよくおんぶしたというからその時は中学生ぐらいだったのだろう。

彼女が嫁入りに持ってきた着ることのない着物をあなたなら何かに使ってくれるだろうからくれるという。

金生町でもいただいたものでの作品作りになりそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹皮とシュロ皮で編んだマット

2009-11-25 21:21:48 | 野草(イエツァオ)展

Img_2178

布ぞうりのベースを作る手法で竹皮とシュロ皮を使ったマットを編んだ。

水に浸し柔らかくした竹皮をよりながらつないで編みふぞろいなシュロカワの繊維をつなげて編むにはとても神経を使うし力もいった。

かなり編んだところで編み間違いを発見して解くときは本当にがっかりした。

でも編みあがりは地味な自然色だがとてもきれいな色合いで迫力がありやっぱし編んでよかった。

第4回クラフト展に出品した布を使ったマットも一緒に展示した。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

布ぞうりから・・・・・・・

2009-11-24 22:43:56 | 野草(イエツァオ)展

Img_2208_2

布ぞうりをりを野草(イエツァオ)展に初めて出品した。

何足も編んでいるうちに房のついたマフラーの房まで違和感なく編みこめた。

講習を受けてくれる仲間を増やしそれぞれがユニークな布ぞうりつくりから生まれる作品を持ち寄りギャラリー作唯で展示会を開きたいとの思いがある。

Img_2175

今回竹皮とシュロ皮で作ったぞうりを買ってくれた妹のきんかんの楽しい山仲間より面白いアイデァをいただいた。

キャンプのときテントで履けてリュックの飾りになるぞうり作って欲しいとの事だ。

次の第6回クラフト展のきんかんの課題ということになったが私も挑戦したい。

同じ世界を楽しめる仲間が集えば次々と世界が広がりそうでワクワクする。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱走

2009-11-23 21:18:41 | 野草(イエツァオ)展

Img_2172_2

東京での野草(イエツァオ)展では野の花を採集して生けるのは時間的にも距離的にも難しかったが金生町での野草(イエツァオ)展では野草を生けられるのがうれしい。

畑に生えるグリーンのフウセントウワタに白いスズメウリを合わせる事は考えていたが赤いピカピカのヒヨドリジョウゴの実まで採集でき生けられ華やかになった。

昨日きてくれた山仲間から酒で消毒しているからと元気がっていたいた山仲間が入院した話を聞き見てはもらえないと思ってたのにひょっこり現れた。

”もしかして下にパジャマ着たまま”といったのに答えもせずゆっくり見てくれ野外教室の写真の説明も聞いてくた。

帰り際入院患者がつけるネームプレートが手首に巻かれているのを見つけた。

やっぱり脱走してきてくれたようだ。

そういう山仲間達に巡り会った中で野山で遊ぶ基礎は出来た。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初日は無事終わった

2009-11-22 23:40:13 | 野草(イエツァオ)展

Img_2162

野草(イエツァオ)展を開くと早々にブログを読んでくれてる人が前日から用意していた蒸し饅頭をきれいな器に美味しそうに盛って届けてくれた。

故障でバイクが手元になく食料買出しもままならない今ダイコンや野菜も届いた。

切山遺跡歩きの仲間や妹のきんかんの楽しい山仲間や私の山仲間、近所の人が来てくれて初日はにぎやかに終わったと思ったら身内より釣ってきた刺身に出来る魚をいただいたおすそ分けが届いた。

ぴんぴんはねる魚を刺身にするのはさすが勇気がいったが美味しくいただいた。

少し休んでブログを書こうと思ったら東京の仲間からまだブログ書かないのとの電話。

26回野草(イエツァオ)展おめでとうの電話だったが長く話していたらもう初日は終わった。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日より始まる

2009-11-21 23:30:47 | 野草(イエツァオ)展

Img_2053_3

26回野草(イエツァオ)展の準備はは25回野草(イエツァオ)展を終えてすぐ数十年放置されていた畑開墾をはじめたときから始まった。

3月に開いた第5回クラフト展ではもうシュロの皮を使ったバスケットを編んで出品している。

畑開墾は宝の山開墾だった。

この不思議な形の木は畑を耕しているとき見つけた。

穴をあけるとき松の香りがしたので松の木の部分だと思う。

Img_2058_4

この木は25回野草(イエツァオ)展にきてくれた人よりいただいた木の中にあった。

2点ともクルミの粉でみがくと黒くなったのっでアクリル絵の具の赤を使い梵字で南無阿弥陀仏と書いた。

この一年巡り会った自然物での造形展である野草(イエツァオ)展が明日より始まる。

     野草(イエツァオ)展

日時 11月22日(日)~12月6日(日) 10:00~19:00

場所 四国中央市金生町下分742

電話 0896-72-6808

   (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南無阿弥陀仏

2009-11-20 23:00:46 | 野草(イエツァオ)展

Img_2074

何も考えないで墨をするのが好きで習字教室へ通っていた。

今は書くのも好きになった。

今回は南無阿弥陀仏と梵字で柿渋を染めたいろんな大きさの紙に書いた。

Img_2067

バランスを考えて印を押すが同じ字を書いたのに押した場所は違う。

Img_2077

色紙の大きさの紙に書いた。

Img_2078_2

なかなか書は入らなかったかった渋うちわにも同じく南無阿弥陀仏と書けた。

関連記事

   (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スズメウリ採集

2009-11-19 23:06:32 | 野草(イエツァオ)展

Img_2159

東京生活でバイクが故障してもバスや電車を使って何とかやってきたが金生町生活ではバスも電車もない。

幸い身内よりバイクを借りられ11月22日より始まる野草(イエツァオ)展の会場に生けるつもりのスズメウリを採集に行けた。

Img_2161

採集してきたスズメウリをそんまま生けるのは難しい。

採集してきた塊を2時間以上かけて解き、再度絡まらないよう棒に一本ずつぶら下げた。

金生町の野草(イエツァオ)展は東京展より時間的にかなり余裕がある。

緊張しながらも楽しめる。

   野草(イエツァオ)展

日時 11月22日(日)~12月6日(日)

場所 ギャラリー作唯 四国中央市金生町下分742

電話 0896-72-6808

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

会場の花

2009-11-18 23:14:15 | 野草(イエツァオ)展

Img_2153

11月22日から始まる野草(イエツァオ)展に向けて緊張して気持ちは忙しくすごしているのに又バイクのエンジンがかからない。

もう3度目だ。

一キロほど離れたバイク屋さんへ押して行った。

帰り金生川に下りると白いソバの花が急に寒くなったのに元気に咲いていてそばには赤くて可愛い草の実が輝いていた。

会場に生けるのにちょうどいいので持ち帰った。

バイクが故障しなければ巡り会わなかった草達だ。

草と巡り会ったのはうれしいがバイクの故障の原因がわからなくて明日高松のスズキの本社工場へ運ばれるそうだ。

いつ帰ってくるかわからない。

Img_2152_3

今回は畑でのびのびと育ったフウセントウワタを会場に生けるつもりだ。

5月に種を蒔いてちょうどいい具合に野外教室のときぐらいから実がなった

野外教室では野菜の魅力に負けたのかあまり作品には使ってくれなかったが友達に送った野菜の中に入れていたら食べられるのかと思ったといわれた。

そういわれれば美味しそうでもある。

切り花として生けても長持ちするが花の時期も長く楽しめたし実の状態でも長く楽しめる。

野草(イエツァオ)展会場でもがんばってくれるだろう。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚網が敷物に

2009-11-17 22:47:32 | 野草(イエツァオ)展

Img_2148

今野草(イエツァオ)展の準備を苦戦しながら楽しんでいる。

金生町生活ではきらくに海へいけるのがうれしい。

東京生活が始まってすぐとても海を見たくなったのを覚えている。

運よく勤めていた花屋のゴミを東京湾の埋立地に捨てに行くのについていって海を眺めた思い出がある。

その後バイクで埋め立て地にはよく通ったが私が住んでいる場所からは一時間近くかかる。

金生町からは近いところで2キロ。

歩いてもいける。

気楽に海を眺めに行っている。

もちろん大事な仕事場でもあり食料の供給源でもある。

山小屋のトイレのドア作りは流木で出来た。

今回もなんとなく拾っていた魚網が役にたってくれそうだ。

幸い魚網のタペストリーも展示している。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハブ茶つくり

2009-11-16 22:20:32 | 野草(イエツァオ)展

Img_2144

第26回 野草(イエツァオ)展の飾りつけも昨日から出来始め少し気持ちの余裕が出来たので乾かしていたエビス草の実を取り出してハブ茶つくりの準備をした。

Img_2143

2時間以上かけて取り出した実と殻。

取り出すのにはいがいと時間がかかる。

初めて採集したハヤトウリと大きくならなかったカボチャとで記念撮影をした。

大きなカボチャがなるのを夢見て種を蒔いたのに・・

エビスグサの実は第26回野草(イエツァオ)展に出す草茶に入れて飲んでいただくつもりだ。

お茶の準備もととのった。

  第26回野草(イエツァオ)展

日時 11月22日(日)~12月6日(日) 10:00~19:00

場所 ギャラリー作唯 四国中央市金生町下分742

電話 0896-72-6808

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹皮のぞうり

2009-11-15 22:15:00 | 野草(イエツァオ)展

Img_2141_2

クラフト展に出品するが野草展(イエツァオ)展に布ぞうりは出品したことはないが出品することにした。

今回の野草(イエツァオ)展ではシュロ皮や竹の皮をたくさん作品作りに使った。

フト竹皮を使ったぞうりがあると聞いたのを思い出し作る気持ちになった。

このパキパキとかたい竹皮をどうしたら編めるのだろうと思いながら水につけると編めるほどの柔らかさになった。

それでも短い竹皮をよってつなぎながら編んでいくのはとても神経を使うし力もいる。

細かい部分はシュロ皮を使った。

竹皮より扱いやすいがやっぱり短い繊維をつないでいくのは大変だ。

鼻緒作りにも神経をつかった。

シュロ皮をシンにして布も入れながら糸で巻いていった。

2足作るともう限界だと思った。

もう作る気はないが作れてうれしかった。

60足ほど布ぞうりを編んで竹の皮で編みたくなった

とにかく編んでいるといろんな発想が湧いてくる。

布ぞうり講習会に参加希望者もボツボツいる。

野草(イエツァオ)展が終われば講習会を開き布ぞうりつくり仲間を増やして布ぞうりの手法から出来た作品展を仲間達と開きたい。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加