野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

都会の赤い木

2008-05-31 16:21:15 | 日記・エッセイ・コラム

Img_5872_3

1984年花の店野草を開店したのが神保町だったので今でもお客様がいて月に数回神保町に通う。

広い白山通りをバイクで走るのも好きだが信号待ちで眺める都立工芸高校の赤い木のオブジェを眺めるのも好きだ。

風がありゆっくり動いていたりすると嬉しくなる。

校舎である大きなビルも好きだ。

広い東京でくらしていても日常で動く範囲はとても狭い。

狭い中でもホッとしたり嬉しくなったりいい場所がイッパイあった。

6月2日店を明け渡す。

幸い内装も冷蔵庫も壊さず出られることになった。

明日は天気がよくなるというので荒川へ採集に行くつもりだ。

今現在店は片付いてないが何もなくきれいにし野草を飾って明日来てくれるという友達を待つ。

6月下旬まで東京にいて125ccのバイクで友達に合ったりお伊勢参りをして熊野詣でをし、島並み街道を通って愛媛に帰る予定です。

一ヶ月ほどグログは休みです。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO15

2008-05-30 20:55:09 | アート・文化

Img_6243

デッキでの私の作品です。

朝の青池の散歩でもう拾わないと決めていたのに帰り際思わず抱いていた流木を赤い模様の日本手ぬぐいで覆いよく似た形の支柱のそばに取り付けました。

客船では下に写っている白い波模様を見ているだけでも退屈しません。

Img_6237

ブルーと白に塗られたデッキに赤いじゅうたんが張られたステージが作られていました。

Img_6248

赤いシャツを大波にイメージして形作り今回活躍した赤い照葉樹と使いたかったキャラメルの包装紙を組み込みました。

なぜ大波かというと19日の朝地鉈温泉に散歩に行くとき客船の出発が早くなるかも知れないのでケイタイの番号を教えてくれといわれたのです。

台風が来ているため9:05分に式根島に着いた客船が神津島に行かないでそのまま引き返すことがあるからだそうです。

客船は無事定時に出航しましたが一番高いAデッキがペンキ塗りたてのため今回は通行止めになっていました。

2006年のときはロープが張られていましたが作品作りは出来たのですが。

3時間ほどして上がれるようになっても仲間達はやる気が起こらないようで作品を見ることが出来ずとても残念でした。

途中大雨が降りましたが竹芝桟橋に着いたときは雨も上がり濡れないで帰ることが出来ました。

行く前は雨続きで客船の中で台風に会いつかの間の晴天に野外教室が出来ラッキーでした。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告N14

2008-05-29 19:18:05 | アート・文化

Img_6230

2日目のよもぎさんの箸置きです。

竹の子をベースに黄色い月見草と飴の包装紙をバックに赤く色づいた照葉樹の葉がきれいです。

Img_6229

ひがんばなさんの箸置きです。

中の浦で採集した立派な貝殻を自慢げに使っていました。

グリーンの丸いサンキライの実は果実酒の材料になるのでしょう。

まだ青い今年のハンの実と去年の茶色のハンの実も使われています。

彼女の箸置きにも赤い照葉樹の葉が使われていました。

Img_6232

あんにんごさんの2日目の作品には全部ハイネズが使われていました。

お土産の荷物の中にも大事そうにハイネズの枝が入っていました。

彼女の箸置きにも赤い照葉樹の葉が使われています。

Img_6235

私も赤い照葉樹を箸置きに使いました。

グリーンの葉はヤブニッケイです。

ソテツの葉で立体感を作りました。

赤い照葉樹の葉がとても目立た年でした。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO13

2008-05-29 18:46:33 | 日記・エッセイ・コラム

Img_6222

海抜99メートルのカンビキ山展望台より真下の海を写しました。

Img_6224

毎回2日目最後のお茶をここで飲みます。

天気に恵まれ風もなく原生林や新島もよく見えました。

Img_6226

下調べのとき中の浦で大量のひろめを採集したので勇んで行ったのですがあまり打ちあがってなく大浦へ急ぎました。

大浦でもあまり拾えなかったもののとてもいい雰囲気の夕焼けを見ることが出来メイッパイ遊んだ2日目でした。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO12

2008-05-28 19:39:51 | アート・文化

Img_6216

隅の井で時間を使いすぎてトウジンヅシロでは時間がすくなかったのですがゴロゴロと転がっている太陽と雨風にさらされた枯れ木やハイネズ、手持ちの布を使いあんにんごさんが作品を作りました。

Img_6211

私も赤く咲くつつじの花を応援する気持ちで手持ちの赤い布と赤い照葉樹の葉を花に絡めました。

Img_6214

ひがんばなさんはこのつつじの木が好きだと大きな石を前に置いていました。

Img_6212

よもぎさんは日差しよけにスカーフをかぶり砂地に足で線をかいていました。

もし作品を作らないとしてもトウジンヅシロへは式根島に来た以上来なければ気がすまない場所のひとつです。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO11

2008-05-28 19:00:35 | アート・文化

Img_6168_2

私の作品です。

木の根っこと土の模様が面白いと場所を選びました。

ロープは朝の散歩のとき青池でひろったものです。

海辺や川原ではないのですが角の取れた丸い石があり選んで並べ木の根っことロープの間にハイネズの実を置きました。

Img_6159

この作品は白く泥をかぶって生えるイネ科植物の丸い塊が面白いと場所を選びました。

照葉樹の赤や黄色の葉は原生林を歩きながら採集しました。

枯れて黒くなった葉もグリーンのツワブキも同じです。

丸石とロープも使いました。

Img_6199_3

この場所には数個の石が埋まっていました。

手持ちの布や丸石ロープを置き去年土に梵字を書いたのを思い出しラインに沿って書きました。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO10

2008-05-27 18:52:57 | アート・文化

Img_6185

ひがんばなさんの作品です。

一段高く円形に形作られていた場所を強調する為石を置いたそうです。

Img_6187

真ん中にはススキをはじめいろんなものが組み込まれています。

真っ白のボールは朝の散歩のときひがんばなさんが青池で拾ってきたものです。

持ち帰り民宿の5歳のマルちゃんにプレゼントして喜ばれていました。

Img_6156

トウジンヅシロ(唐人津城)や隅の井への道は原生林の中を通って行くのですが行き着くと植物がほとんど生えてないゴロゴロ石や土の場所です。

その落差も面白い事の一つです。

関連記事  

(写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO9

2008-05-27 18:20:32 | アート・文化

Img_6184

あんにんごさんの作品です。

隅の井では土に埋まりいしだたみ状態になった石があります。

あんにんごさんはそこからとりかかり石を運んできて形作り、ハイネズの枝、茶色く枯れた枝、実で仕上げました。

Img_6153

朝の青池散歩のときもなんとなく石で遊んでみたといって小さな作品を作っていました。

式根島教室では石が大事な素材になります。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO8

2008-05-26 20:45:16 | アート・文化

Img_6201

今回式根島野外教室での2日目のメイン作業場は隅の井と決めていました。

土の色がきれいで表情がとても面白く裸足で歩いても硬かったりポコポコしてたりと変化に富んでいます。

海岸のようにガラス片で怪我をする心配もありません。

始めは少し足の裏が痛かったのですがそのうち慣れて、3時間ほどの作業中ズート裸足ですごしました。

Img_6157_2

土の感触を味わっている仲間達です。

作品は去年水溜りだったところがひび割れた状態の場所を選んだよもぎさんの作品です。

ひび割れに沿って置いているのは果実酒用に採集したハイネズの実です。

濃くのある渋い味のお酒になります。

ツワブキの葉と紅茶卵も組み込まれています。

Img_6174

よもぎさんのグレープフルーツシリーズ第2弾「砂漠の商隊」です。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり野の花がいい・・・。

2008-05-25 19:45:35 | アート・文化

Img_6277

花の店野草(イエツァオ)としては最後の花の仕入れにも特別買いたい花はなく途中の川原や野原に咲く野の花に気持ちは向いていた。

帰り道、思わず香りのいいイボタの花やノバラが採集できた。

今は引越し準備で忙しく花器も田舎に送っている。

でもどうしても生けたかったので店では棚として使い今は田舎に荷物を送るボックスに組み替えたのを花器にした。

Img_6278

去年はノバラとイボタが絡まって一つの塊になって野原に咲いているを採集した。

何度か草刈を免れそのうち大きくなり居住権を獲得した状態の木々だった。

Img_6265

この木はフェンスの真下から生えたので草刈を免れた。

Img_6266

この木はフェンスとフェンスの間で草刈を免れ立派に花を咲かせている。

年に数回の草刈にもめげずすくすく育った植物達との付き合いも楽しかった。

   (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

最後に仕入れた花

2008-05-25 19:04:45 | アート・文化

Img_6287

23日の金曜日、花の店野草(イエツァオ)としては最後になる仕入れに花市場へ行った。

注文の花があるわけでなしあと一人お稽古があるだけなので自分がほしい花を仕入れようと思ったのに特別ほしい花はない。

それならと今までがんばってくれた花の冷蔵庫が華やかになる花を選んだ。

もうお気に入りの花器は田舎に送っている。

花の店のときは棚にして使っていたが、引越し用にボックスに組み立て替えたのを花器に使った。

神保町で3年、小石川で4年、17年前ここ千石で開店したもののこんなに長く続けられるとは思わず、すぐ解体して田舎に送れる棚を選んだのが今役に立っている。

その棚が花器になるとは思わなかった。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO7

2008-05-24 18:28:45 | アート・文化

Img_6152_2

2日目は私達にとっては宝の山の青池へ5:30分起床で散歩に行きます。

2001年初めての式根島教室のときよもぎさんが作品作りに使った大木の流木に毎回少しづつ形は変わっていますが青池のいろんな場所で再会します。

この海岸に打ち上げられた流木はもう外洋には出られません。

青池はそういう地形になっているのです。

仲間達は作品作り以上真剣に宝探しをします。

去年はもう流木を採集しないと決めて行ったのにイッパイ持ち帰ることになり24回野草展で流木と梵字の作品を発表できました。

今回も採集しないと決めていたのに帰り際に一個の流木を抱えていました。

宝物には本当に弱い私です。

Img_6150

写真のくぼんだところを登ると青い苔の生えた水溜りがあります。

毎回同じ水の量です。

雨水か海水か??ボーフラはいました。

Img_6149_2

水溜りを超えると絶壁より外洋が広がる景色です。

毎回ここへ来ないと気の治まらないメンバーが数人いて怖くてこれないメンバーもいます。

青池ではいつも別行動です。

私は感激して大声を出したくなりましが急に声を張り上げてもノドが痛いだけです。

表現するには訓練が必要みたいです。

「ノドを開いて腹から声はだすのヨ。」と助言してくれる仲間がいてそのように出したところ痛くなく声は出ました。

日常の生活の中で大声を出せるところなぞありません。

それ以後いたるところで大声を出しました。

気持ちのいいものです。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO6

2008-05-24 16:53:22 | アート・文化

Img_6132

よもぎさんの箸置きは今回の彼女のテーマになったグレープフルーツが使われています。

黄緑色の小さな花は下調べのときも咲いていました。

柔らかなバナナの香りがするので民宿の5歳になる女の子は作っている間よもぎさんのそばに付きっきりでした。

小さな貝もくっついています。

Img_6134_2

私の箸置きです。

4月に行った下調べのとき作ったひろめとツワブキの炒め煮が美味しかったのでもう一度作りたくてツワブキを集めていたら仲間が出たばかりのツワブキをカットしてくれました。

私は抜いて採集します。

切ったところより5センチは長く茎を取れます。

ツワブキの新芽は柔らかな毛に覆われていてグリーンではありませんピカピカのグリーンになるのはしばらくしてです。

大きく育ったサンキライの葉で包みいい香りのする花を添えました。

スイカズラの花も咲いていて風にのりいい香りがいろんな場所に漂っています。

  (写真はクリックすると大きなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告N5

2008-05-23 19:32:57 | アート・文化

Img_6135

清里教室だと箸と箸置きを作って食事をいただくのですが式根島教室では箸置きだけを作ります。

ひがんばなさんは浜で拾った松の皮の上にさくらんぼを乗せた貝と木の芽時に鮮やかに色付く照葉樹の葉の上にくるりと丸まって渋い色の照葉樹の落ち葉を置いた箸置きを作りました。

照葉樹の落ち葉はマイマイズ井戸で採集したようです。

Img_6126_2

マイマイズ井戸の竹で作った蓋のうえで小さな作品を作ろうと女性の生活の場だったとの思いがあるので華やかな色のアマリリスを道端で2りん摘んで降りた。

虫に食べられたツワブキの葉の上にアマリリスの花を乗せていたらマイマイズ(でんでん虫のこと)がいたとひがんばなさんが持ってきてくれたので使った。

そばに丸まって渋い色の照葉樹の落ち葉があったので置いていたら彼女も乗っけてくれた。

ひっこんどう海岸での作品作りを終えて夕方着いたマイマイズ井戸にはカがイッパイいて作品作りの場にはむいていません。

早々に引き上げました。

式根島は自然がイッパイです。

Img_6140

あんにんごさんの箸置きにもサクランボが枝ごと使われています。

今年は赤黒く熟したさくらんぼを手づかみで木から食べるには少し早くとても残念でした。

使われているさくらんぼは赤くて可愛いのですがまだ食べられません

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29回式根島野外教室の報告NO4

2008-05-22 19:26:15 | アート・文化

Img_6100

ひっこんどう海岸のごろごろ石の中で風になぎ倒され虫に葉を食べられながらもメイッパイ可憐に咲き誇っているハマダイコンの花を見つけた。

Img_6091

白っぽい花のうえグリーンの葉が虫に食べられないので白い石の上だと花が目立たない。

花が目立つようにしてあげたいと思った。

Img_6103

つわぶき、アジサイ、カジイチゴ、クワ、ラセイタソウの葉を花の下へ敷き角の取れた丸い石を集めてきてそばに置いてあげた。

丸い石が集まると柔らかい空気になる。

突っ張って咲いてたハマダイコンへのプレゼント。

Img_6124

誰かが遊んだ後の近くに面白い流木が2個転がっていた。

2個重ねて置いた上に丸石まで置けた。

縦に重ねて置ける流木なんてめったにない。

今回は丸石座公演へ行ったためか丸石を使いたくなる。

幸いコーガ石は軽いのでわりと大きな丸石でも運び安い。

そばに重ねて置いた。

今回気に入った潮をかぶって茶色になったしだを置いたら紅茶卵も置きたくなった。

2007年作品

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加