野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)NO5

2008-02-29 20:17:27 | アート・文化

Img_5448

62センチ33センチの最後に編んだマットです。

桃の節句が近いのでピンク系のマットを作りたいのに時間が足りません。

あまりしない夜なべ仕事で仕上げました。

作るムードになっているとき作らないと後では作れません。

イメージしていたマットを三色作れて見ていただけました。

マット1   マット2  関連記事

Img_5468_2

よもぎさんも去年の新作の砂糖菓子”野の蜜”をクラフト展一ヶ月以上前より試作しているのに果実酒を溶かした砂糖液が外側が固まり中に蜜のようにトロットした液が残る状態には出来なく今回は出来ないかも・・・・と言っていたのに初日には間にあわなかっけど作ってきました。

彼女の家は江戸時代から続く和菓子家で毎日の和菓子を作る仕事が終わった後何日も試作したそうです。

通常作っている和菓子とは違う新作をクラフト展のため作るので”野の蜜”作りには適当な火(炭火がいい)や砂糖を乾かすみじん粉がそろわない状態で失敗が続いたみたいです。

諦めない作るのが好きな仲間達の発表会です。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)NO4

2008-02-28 19:14:07 | アート・文化

Img_5395

さいかち坂で拾ってきたさいかちの実に目も鼻も口もある三日月さまが描かれています。

細長くカーブしたさいかちの実を眺めていると三日月がイメージされたそうです。

Img_5398

のこんぎくさんの作品”安眠モビール”です。

(さいかち坂のさいかちの実がゆ~らゆらゆれながらほほえみ、カリンの実からしあわせな香りがします)のコメントつきです。

Img_5447

同じくさいかちの実をベースにしたねずみさんの安眠モビールです。

のこんぎくさんのママ友達が来てくださり「子供はねずみさんのほうを喜ぶでしょうが私は三日月さんが良いわ」と言って三日月さんを選んでくれました。

Img_5403

クラフト展前に拾って乾かしたというカリンはいろんなところで使われています。

壊れたテッシュボックスを利用しての写真も飾れるタペストリーです。

写真はお花のお稽古のとき写してポストカードにしたのこんぎくさんの作品で、プリントはご主人がしてくれるとかで格安です。

身の回りに自然に集まったものたちで心温まる作品を多数作っています。

関連記事

   (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)NO3

2008-02-27 22:02:51 | アート・文化

Img_5425

けやきさんの作品で、皮と明治時代の布を合わせて作ったブレスレットです。

切てもほつれない皮の特徴を生かして切り込みを入れたベースの黒い皮に、色違いの皮や布、皮と糸を三つ編みにして差込み複雑な動きを出しています。

直径10センチの小さなブレスレットですが迫力があります。

Img_5424

直径8センチの同じく皮と明治時代の布を合わせたブレスレットです。

Img_5394

皮と掛け軸の布を使ったペンケースです。

お茶を習い始めたけやきさんは日本の布に興味をもち始めたようです。

正月飾りも帯の布を使っていました。

その頃から作品が変わってきました。

新しい世界が広がると創作に現れます。

今まで針で縫ことはあまりしなかったけやきさんですが作りたい思いが強かったのでしよう、縫うのが難しい皮を使い自分の世界を作っています。

第3回クラフト展作品

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループ)によるNO2

2008-02-26 19:45:31 | アート・文化

Img_5438_2

クラフト展会場入り口のお花です。

毎回開く2月下旬にはまだ芽吹く植物が少ないので春を呼び寄せるような桃の花とネコヤナギとしだれヤナギを生けました。 

Img_5382

会場風景です。

毎回のことですがよもぎさんが新作の和菓子を抱えてやってきてセットし終えたとき又開くことが出来たと実感します。

Img_5417

その前に仲間の作品が次々届くとドキドキと嬉しい気分になります。

でも初日の朝搬入の仲間も毎回います。

忙しい日常の中少しの時間をやりくりして創作するのは新たな自分を発見する為、自分との真剣勝負です。

ぎりぎりに持ち込まれた作品でも今までにない表現がされていると又嬉しくなります。

創作することを日常の芯にしている仲間の発表会です。

      第4回クラフト展

   2月25日~3月2日

   11:00~20:00(最終日18:00)

   花の店  野草  にて

   文京区千石1-6-17

   電話  03-5395-0548

   最寄り駅 都営新宿線千石駅A4出口徒歩3分

   (写真はクリックすると大きくなります)

   

       

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)NO1

2008-02-25 17:13:19 | アート・文化

Img_5416

よもぎさんの出品作は去年の「野の蜜」に続き今年の新作”度々”です。

”そばまんじゅう(こしあん)

度々(たびたび)ができました。

一度は召し上がったことがあると思います。

あまり地味で和菓子業界では出たりひっこんだり(笑い)

でも決して無くなりません。しぶといのです。

そのままに度々(たびたび)にしました。

ポジション的にはグッドなそばまんじゅう。

香りをお楽しみください。

(アレルギーの方ご注意)”

のメッセージつきです。

よもぎさんは光工房製のお皿の模様が隠れないように自作の”度々”を飾りつけました。

”度々”にはそばの実の形の三角模様がつけられていて三角模様に白ごまが飾られています。

小さな白ごまを三角模様に飾りつけるのは大変な作業です。

チョットしたところでよもぎさんの心意気が感じられます。

そば粉も日本産のものを使用しているそうです。

丁寧に一個一個包んだであろうセロファンを剥がしゆっくりと味わいました。

いつものようにイエツァオ特製、赤松、クワ、スギナ、イチョウ、なぞを自然乾燥させて作った野草茶(無料)を会場で和菓子とともに飲んでいただけます。

         第4回クラフト展

  2月25日~3月2日

  11:00~20:00(最終日18:00)

  花の店  野草 にて

  文京区千石」1-6-17

  電話 03-5395-0548

  最寄り駅 都営新宿線千石駅A4出口徒歩3分

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イェツァオグループによる)に向けてNO13

2008-02-24 20:49:59 | アート・文化

Img_5371_2

すぎなさんの作品が届きました。

キレイなブルーの布に白い雲がプリントされた布で作ったアームカバーです。

Img_5372_2

ベースがブルーと白の布に他の布のプリントをパッチワークしています。

Img_5375_4

丁寧にかがっている糸もプリントされているものによって違います。

(一針一針楽しくさしました。色も形もすべて違います。一本に10時間以上かかっています。)

忙しい中時間を作ってチクチク縫う作業はとても楽しかったそうです。

クラフト展でもなければこういう時間を作り出すこともなかったしこんなに心のこもったものを作らなかったとも言っていました。

すぎなさんは手作りのものの多い生活がしたいそうです。

クラフト展は展示即売です。

売値は作り手の気持ちでつけます。

    第4回クラフト展

  2月25日~3月2日

  11:00~20:00(最終日18:00)

  花の店  野草  にて

  電話  03-5395-0548

  最寄り駅  都営新宿線千石駅A4出口徒歩3分

   (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)に向けてNO12

2008-02-23 20:18:04 | アート・文化

Img_5360

光工房より壁にかける花びんが7個届いた。

チョットずんぐりとした愛嬌のある形だ。

不思議なことに壁掛けなので投げ入れ口が斜めに見えるようになるだけで投げ入れ口の表情が目立つ。

並べてかけると合唱しているようにも感じる。

一個一個違った模様が書かれている。

楽しんで作ったみたいだ。

         第4回クラフト展

  2月25日~3月2日

  11:00~20:00(最終日18:00)

  花の店  野草 において

  文京区千石1-6-17

  電話 03-5395-0548

  最寄駅 都営新宿線千石駅A4出口徒歩3分

  (クリックすると写真は大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)に向けてNO11

2008-02-21 20:33:17 | アート・文化

Img_5346

2月25日から花の店野草で開かれる「第4回クラフト展」出品のはこべさんの作品が届きました。

今朝の4時までかかって作りましたと繊細な枝を使っての壁掛けの写真立てです。

小さな松ポックリも写真を立てる役目をはたしています。

麻ひもを巻いて作った飾りは枝の隙間に差し込んだりたらしたり紙切れに書いたメモなどもピンで止められるそうです。

夜勤もある忙しい仕事の中時間を都合して創作した作品です。

正月飾りに続き大好きだという小枝と思い切り向かい合ったことでしょう。

写真は今回出品するのこんぎくさんの写真です。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグイループによる)に向けてNO10

2008-02-20 20:32:23 | アート・文化

Img_5340

布ぞうりの土台を長く編んでつないだマットの二作目が出来た。

巾34センチ長さ65センチの仕上がりだ。

これを編みながら色あわせがとても面白くなった。

8種類の布が使われている。

お花を生けるときもだが、ただキレイな花ばかりだとあじや深みが出ない。

布の色あわせにも着古して色あせた素材が少し入るだけであじや深みが出てくる気がする。

気軽に布ぞうり作りを始めたが次々と面白い世界が広がってくる。

2月25日から始まるクラフト展だけど作りたいデザインが次々浮かぶのに時間切れになりそう!!!!!。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を生ける教室NO68

2008-02-19 20:28:29 | アート・文化

Img_5324

のこんぎくさんの作品ですが部分です。

お稽古を始める頃チュウリップがふんわりとほころんできました。

良い感じに開き方が違うチュウリップを生け分けました。

温度にとても敏感な花です。

Img_5320

2月25日から始まる第4回クラフト展出品の為搬入したはすの実のお雛様を一緒に撮影しました。

ねずみ年なのでねずみのお雛様だそうです。

関連記事

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を生ける教室」NO67

2008-02-18 18:48:17 | アート・文化

Img_5311

よもぎさんの作品ですが部分です。

花の冷蔵庫でニヨキニヨキと伸びた菜の花が二本折れていました。

それでも水はあがっているので花が上向いています。

葉にも表情が出ています。

面白い花材にはファイトを燃やすよもぎさんは細くて長いすスプレーデルフィニュウムのたわんだ枝と連動させ個性的なお花に仕上げました。

よもぎさんは第4回クラフト展に出品するソバ粉を使った焼き菓子の上に飾るゴマの分量や飾り方で今思案中だそうです。

少ないと見た目はきれいだけどゴマの味がしないし飾り方もパラッとまくか埋め込むかとか、何気なく見ている和菓子には作る人の全感覚がそそぎこまれています。

ここに来ると何か良いヒントがありそうな気がしてとお稽古が終えた後もウロウロしていました。

一週間後には新作のソバ粉を使った焼き菓子が味わえます。

   第4回クラフト展(イエツァオグループによる)

  2月25日(月)~3月2日(日)

  花の店   野草  にて

  11:00~20:00  最終日18:00

  電話  03-5395-0548

  最寄り駅都営三田線千石駅A4出口徒歩3分

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループによる)に向けてNO9

2008-02-17 20:39:07 | アート・文化

Img_5305

布ぞうりを編んでいるうち厚みと柔らかさがマットにして使うと使い心地が良いとおもいはじめた。

いつか見た雑誌でアフリカの人達は簡単に持ち運べる小さな編み機でどこででも座って巾の狭い布を織っているのを思い出した。

4本の縦糸と4本の指で編むもっと簡単な編み機だと思いつき布ぞうりの長いのを7本編みつないだ。

もっと厚い布で編むと座布団がわりにないそうだ。

横模様しか出来ないが色合わせも楽しい。

   (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回クラフト展(イエツァオグループ)に向けてNO8

2008-02-16 18:40:24 | アート・文化

Img_5304

この布ぞうりの土台は柿渋染めにした厚い布で編みました。

柿渋には抗菌作用があるそうなので素足で履く布ぞうりにはぴったりの素材です。

Img_5112

鼻緒は皮の古いバックを解いた小さな切れ端とガテマラオリの布をパッチワークして作りました。

使った皮は左端に写っています。

このバッグを解いたとき、鼻緒になるとは思ってもいませんでした。

布ぞうりを作ることでいろんな素材とのめぐり合いを楽しめます。

参加する仲間達も日常の生活の中で楽しんで制作しているようです。

2月25日より花の店野草で始まるクラフト展にはどんな作品が出品されるのか!!!。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広い空はありがたかった

2008-02-15 19:16:56 | 日記・エッセイ・コラム

Img_5294

国風盆栽展にあわせて上野グリーンクラブで開かれている「立春盆栽大市」へ行ってきた。

全国から盆栽商や関連の商人が集まり、高価な盆栽や鉢、水石などが気楽に見られる。

国風盆栽展会場とグリーンクラブの間は期間中無料送迎バスが運行されているので便利だ。

Img_5301

グリーンクラブの室内の展示物を見て外の会場を写した。

寒中外での販売は大変だと思うが長年続いている催しなのでそれなりの熱気がある。

Img_5298

3年前ぐらいに都心にしては広い空が見えてたのにニョキッと高いビルが建った。

販売している人が「あのビルが立って13時30分ぐらいから日がささなくなり寒くて仕方がない」とぼやいていた。

Img_5300

今年は反対側にもっと大きなビルが建っていた。

日当たりには関係ないと言っていたがなんとなく外の会場が息苦しい。

寒さに加えこの息苦しさも一日のつかれに上乗せされるだろう。

広い空はありがたかった。

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を生ける教室NO66

2008-02-14 19:17:55 | アート・文化

Img_5275_2

すぎなさんの作品ですが部分です。

前面の葉は夾竹桃です。

葉は竹に似て花は桃に似ているから夾竹桃という名前になったといわれていますが似ているのは形で真夏の太陽の光さえはねつけそうな強さを感じる葉です。

花の頃葉をキレイとは思ったことがなかったのですが枝だけになった落葉樹の中それなりに冬の色になっているのがとてもキレイに思えました。

すぎなさんも葉を生けたかったといっていました。

すぎなさんはクラフト展出品のアームカバーを時間を見つけて手縫いでチクチク縫っているそうです。

縫いながらいろんな発想がわいてくるのが楽しくて仕方ないそうです。

いつものように一緒に来た4年生のつくしちゃんは今回は布と綿を持って来てすぎなさんのお稽古が終わる頃は小さなふとんを作っていました。

   第4回クラフト展(イエツァオグループによる)

   2月25日(月)~3月2日(日)

   11:00~20:00(最終日18:00)

   花の店   野草 にて

   文京区千石1-6-17  

   電話03-5395-0548

   最寄駅 都営新宿線千石駅A4出口徒歩3分

  (写真はクリックすると大きくなります)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加