野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

第46回野草(イエツァオ)野外教室NO25(竹竹竹)

2017-06-22 22:26:09 | 野外教室

 

竹林と言えばまっすぐに立つ竹を思い浮かべるがいろんな表情を持っている。

妹のきんかんは古い立ち枯れの竹を使って”シャルウイダンス”を作った。

立ち枯れの竹が縦に裂けている部分にオレンジ色のメッシュのナイロン袋を詰めた。

立ち枯れの竹が男性でオレンジ色のメッシュのナイロン袋が女性で社交ダンスを踊っているイメージ。

竹林の日陰の中でも実をつけたイヌビワがリズミカルに見えた。

続いて”背比べ”を作った。

ビュンビュン伸びた竹の根っこあたりにグリーンのアスパラとオレンジ色のニンジンを置いた。

今はまだ小さな2人の孫の成長を思い描いて作ったのかもしれない。

そうだとしたら黄金の酒瓶は成長の止まったきんかんか。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅遊び | トップ | 第46回野草(イエツァオ)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野外教室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。