野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

天然鯛の武器

2017-07-14 22:01:45 | 日記・エッセイ・コラム

始祖

上がフエフキダイで52センチ幅17センチ。

下がイシダイで46センチ幅17センチ。

カチカチに凍った状態でいただいた。

切り身でいただくより形があったほうが嬉しいしくれる人も形を見せたかったかもしれない。

カチカチに凍っていてもこの暑さ。

腐り封じに紫蘇を周りに置いて記念撮影。

大変だったが凍ったままの状態で料理した。

なんといっても鯛。

凍っていたが刺身用もとる。

タイミングがいいと言うのかミョウガの根元の草引きをしているともう出ていた。

ミョウガや紫蘇をたっぷりとりながらの刺身は夏の暑さを迎え撃つ武器になりそうだった。


釣った魚の写真もいただいたがもっと暑い地方でしか釣れないと思っていた魚が釣れ始めたらしい。

以前沖縄で色鮮やかな熱帯魚だと思っていた魚が一輪車に積まれて売り歩かれているのを思い出した。



 

ジャンル:
やっちゃった
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 型紙のいらない服シリーズで... | トップ | 型紙のいらない服シリーズ浴... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。