野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

秋野不矩美術展へ

2017-06-30 22:20:38 | 旅行記

 

清らかで大胆な秋野不矩の絵はよく創作のヒントにしている。

金生町暮らしになり文京区にいるとき天竜市にある秋野不矩美術館へ行っておけばよかったと思っていたら知り合いが東山魁夷せとうち美術館で美術展が開かれていると教えてくれた。

早速妹のきんかんを誘って行ったがきんかんともども何回も行きつ戻りつ椅子で休みながら秋野不矩ワールドにを楽しんだ。

美術館への道は東山魁夷の”道”の絵をイメージして作られているようだ。

きんかんは以前”道”をイメージした作品を作っている。

ちょうどその日は番の州公園で大きなイベントがあり駐車できるかと心配だったが美術館枠の駐車場スペースがありスムーズに誘導してもらえた。

瀬戸大橋をながめられる美術館の喫茶店はかなり気に入った場所だ。

瀬戸大橋タワーの展望室がくるくる回りながら上がったり下がったりするのをながめるのもいい。

展望室が瀬戸大橋と接近するところを狙って写した。

母の誕生日には3人で乗った思い出の瀬戸大橋タワーだ。

瀬戸大橋の下の道路を走りながら写したが毎回感激しながら眺める。

人間の力もすごい。


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思わずノビル漬け | トップ | 若冲の墨絵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。