野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

タペストリー”絶壁の火山島とアホウドリ”完成

2016-10-28 23:00:26 | アート・文化

 いつもの年であれば9月の末あたりに出来上がっている特大タペストリーがやっと今日出来上がった。

”絶壁の火山島とアホウドリ”

やっとDMを作ることができる。

小説を読んだりユーチューブで土佐の長平が伊豆の鳥島に漂流150周年記念曲の”漂流”を聞いたりしながら夕焼けと朝焼けの海と絶壁の火山島を作ろうととりかかった。

真ん中は流木で絶壁の火山島を作り上は夕焼けの空と海、下は磯の朝焼け。

裂いた布を使い細編みでつないでいくが夕焼けの空と海や火山島、朝焼けの磯をイメージする色の布を作るのが時間のかかる作業だった。

作業台の上で細編みのベースを作ったものの壁にかけてみると伸びたりちじんだりと思った形にはなってくれない。

伊豆の鳥島はアホウドリの島。

漂流した長平達は渡ってくるアホウドリを食べ卵の殻は食器に羽は衣服として身にまとい生き延びた。

アホウドリを島中に飛ばせたと考えた末いい素材を思いついた。

文京区暮らしの時は毎年行った三宅島で採集したハマナタマメ。

かなり伊豆の鳥島に近い場所にある島だ。

和紙を貼り50羽ほどのアホウドリを作った。

下左は貼る前のハマナタマメと実。

                 

                 第33回野草(イエツァオ)展

日時   11月20日(日)~12月4日(日) 10:00~18:00

場所   ギャラリー作唯  四国中央市金生町下分742

電話   0896-72-6808

テーマ  無人島漂流

造形作品点です。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第45回野草(イエツァオ)... | トップ | 第45回野草(イエツァオ)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sakura)
2016-10-30 08:46:19
いつもブログ拝見してます。
大作のタペストリー出来ましたね!
今年はカラフルな糸と、1番気になったのは、
貝のように見えた、ハナマタマメを和紙で包んだ素材です!
毎年、作品の物語があり、その為の勉強を惜しまない先生に感服します。。
今年のクラフト展は残念な作品になってしまったので、来年は採取した流木がなにかに化けることが出来ればいいのですが…
でも先生の作品を観ていると、モチベーションが上がってきます(・∀・)
素敵な作品なので、Facebookにてシェアさせていただきます♪
Unknown (イエツァオ)
2016-10-31 19:29:59
sakuraさんへ
とにかく続けていれば出来はどうあれ何かしら新しい世界が広がり次の課題が見えてくるようです。
そういう世界を共有できる仲間がいるのは本当にうれしいです。
流木に挑戦してくださいね。

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。