野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

息抜き旅行NO3(番外編備前玉)

2017-03-06 22:02:57 | 旅行記

備前焼の窯元での説明は購買力をそそるものだった。

2週間も赤松だけで焚き続けて作る備前焼には遠赤外線効果が発生し花瓶の水は腐りにくくビアカップで飲むビールや備前玉を入れて炊いたご飯はおいしくなるというのだ。

初めて備前玉を知った。

ご飯を炊くときは一合に一個がめやすらしいが大きさはまちまちだ。

花瓶に入れても水は腐りにくくなるというが腐らないわけではない。

ちょっと錯覚する。

お土産用に買った。

土を丸めて窯元の印を押しただけ。

箸置きが目についたとき同じぐらいの土の量で作られているので箸置きをご飯に炊くときや花瓶に入れればいいと思った。

それなら手ごろなコップなどをご飯を炊くとき入れればいい。

足元に割れた陶片がナイロン袋にれられ安く売られていた。

水槽用だそうな。

これだって同じく使える。

今回買ったどんぶりとお土産用の備前玉と窯元より頂いた梅。

どんぶりを逆さにすると。

 





 

 

『ヒミツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息抜き旅行NO2(上下町ひな... | トップ | ツルを縫うシリーズ額皿NO3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。