野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

お茶作り

2017-04-29 22:46:01 | 畑事情

文京区暮らしの頃より草茶は作っていた。

引き続き作っているがお茶も作りたい。

金生町暮らしになり勝手に生えていたのや野山より移植したのやいただいたのと3本のお茶が畑で育っているのがやっと収穫でき始めた。

植わっている場所が違うので一度には収穫できなくその都度収穫したのをお茶にしている。

右上が摘んだばかしのお茶の葉。

左が野生のお茶の葉をお茶にした。

宇治茶の苗をいただいたのは芽吹きが遅い。

ハナシバと杉の類の木の間に勝手に生えていたためあまり新芽は摘めない。

野生のお茶を移植したが一番芽吹きが早い。

私流の作り方だが洗った葉を鍋で乾煎りして手でもみながら乾かす。

先日手もみのお茶が高価な値段で落札されたニーユースがあった。

私も手もみのお茶だと思うと悪い気はしない。

それにお茶の葉を乾煎りするときの香りがとてもいい。。

茶殻を小さくきざみワラビやトーフなどと油いためや卵とじにしたりもする。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨモギ染め枕カバー | トップ | サンショウなど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

畑事情」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。