野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

住友銅山東平(とおなる)へパート3(生活遺構)

2017-04-20 22:47:21 | 旅行記

病院跡の指導票があり行ってみた。

石垣には特異な株立ちの杉の木。

セメント製の塀だけが残っていた。

当時の病院の建物の写真が杉の木に取り付けられている。

すぐ近くに配給所跡。

当時のものの一部が無造作に放置されている。

何かが崩れている。

行くと杭を打ちセメントで広げた場所が杭の崩壊で崩れていた。

廃墟ムードいっぱい。

廃墟にはマムシグサがよく似合う。

居住区域にかかる橋は銅制のようだ。

ムードのある石橋もあり。

石橋をたたいて渡ると慎重な人のたとえで使われるがやっぱし丈夫なんだ。



 

ジャンル:
やっちゃった
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住友銅山東平(とおなる)へ... | トップ | 住友銅山東平(とおなる)へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。