野草(イエツァオ)なくらし!

文京区改め金生町で草をアートし売り、食べています

シダの柄

2017-02-13 21:38:34 | クラフト展(イrツァオグループによる)

 

今日は山小屋での作業初日。

毎年バッグに写っているカンピザクラが色づき始めるのを楽しみに通うこと9回目。

今年は去年より開花が遅れそうだ。

今回は市民会館川之江会館建て替えのため切り倒された桜の大木の切り株がブルドウザーで掘り起こされた時の一部をいただいたのを使いたいと取り掛かったがうまくいかない。

ツルを縫う手法で裂けた桜の素材を周りに使い額を作ろうと思うが内側を平らにするのは難しい。

もう諦めようかとも考えたがシダの柄を使えば何とかなりそうだと思えてきた。

採集したシダの柄。

右側に生えているシダの柄を採った。

シダの柄が役にたってくれるといいが・・・。

初めてシダの柄を素材として向かい合うことになる。

         第13回クラフト展(イエツァオグループによる)  

日時   29年3月19日(日)~4月2日(日) 10:00分~18:00分

 場所   ギャラリー作唯  四国中央市金生町下分742

  参加者  櫻沢孝枝 川窪万年筆 廣瀬瑛子 長野和子 尾藤千代 イエツァオ

 

 

 

 

 

 

 


 

 








 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たき火三昧。 | トップ | 春よ来い、早く来い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。