nasu_star's blog

那須で自然に親しみ、星と自然を愛するブログ

那須高原ロングライド2017走った! -4

2017-07-13 17:25:39 | サイクリング

フラワーワールドから先マウントジーンズまで、ずーと坂道続きだったけど、マウントジーンズのすぐ先にはやっと気持ちよくスピードが出せる谷がある。

谷って事はまたすぐ登りになる訳だ。

一つ目ダンシングで一気登り。 2つ目、疲れた・・・! シッティングでゆっくり登って八幡の交差点に到着。

ここが最初の足切り点で、私のコースは12:00が足切り時刻。

余裕の11:00に到着。

ここは標高1040mくらいになる。

さて、これからが激坂続きのボルケーノハイウェイだ。

どこまでトレーニングの成果が得られるか。

目標は歩く事無く全行程全て自転車で登る事。ただし、3分以内の休憩は取る。

ここまで、随分と張り切り過ぎて来たので、ちょっと心配なところもあるが、坂道は苦しくもあり、楽しくもある。

他の誰でも無く自己との勝負だし、嘘付けない。 やるしかない。

いざ!

登ったよ登ったよ。

北温泉入口で一旦休憩。

そこから大丸駐車場まで頑張った!

トレーニングの成果としては、この坂道でも時速8km以上で走れた事と、あまりハンドルがふらつかずに走れたこと。

そしてシッティングでもあの「ニョキッ」と云った感じのぺダリング感覚が無く、ストレートに力が出せた事。

これまた、参加直前に購入したフルクラムのフォイールのお蔭だと思う。

大丸駐車場に着くと、おーっ!居た―! 悪魔おじさんだ。

早速自転車を置いて会いに行ったョ。

悪魔さんは覚えていないだろうけど、毎年立哨ボランティアしていてお目に掛かっている1年ぶりの再会だ。

相変わらずの赤いママチャリで最高地点まで登って来る。 すばらしい体力と気力の持ち主だ。 尊敬するね。

悪魔おじさんは100kmコースなので、先に走っていてもう下りの途中な訳だ。

私と写真撮った直後に下って行った。 何てったってママチャリだからねェ凄すぎる。

さあ。元気もらったぞ! 休憩。

喉カラッカラ。

飲める物は何でももらう。喰らう。

バナナも2つ。

近くの人がかき氷食べてるぅ~。 どこにあるんだ?

GETGET!

最高に旨い。

このエイドは、100kコースと80kコースの人しか来ないので空いていて、何でも待たずに頂ける。

さあ。 更なる激坂を制して峰の茶屋に大手!

行くぜー!

と、張り込んではみたが・・・・ やっぱこの坂辛いわ。

自転車降りて歩いている参加者続出。

でも、私はロープウェイ乗り場までがんばっちぃました。

10分くらい前からサイレンが鳴り響いていたが、どうやら救急車が来たらしい。

ロープウェイ駐車場の警備員の話しでは、下りで参加者の自転車が転倒して搬送されるのだと。

自分も気を付けないとね。

知ってはいるが、この先の道がまたそれはそれは恐ろしい程の急坂な訳だ。

こころして挑戦だー!。

辛い、苦しい、もうダメだ!

と、思った時、見えた。 峰の茶屋の駐車場の一部が・・・

遂にここまで上がって来た! 駐車場に着いた時、涙がこぼれそうになった。

これが、峰の茶屋の駐車場に着いた瞬間だ。

一人で登った時にはこんな感動は無かった。

極限まで達する前に休んでいたから・・・

さあ、目的の「うなぎり」はどこだ~!

有ったよあったよ。

「おばさ~ん。 二つちょうだい!」

「だめ、ひとりひとつだけ。 2つ目は200円頂きます」

 へェー!金出しゃ買えるんだぁ。知らなかった。

最初見た時、あのパックごと一人分として頂けるのかと思ったよ。「あんなに食えないな~」なんて思ったのが恥ずかしい。

良く見ると、左上に書いてあるし・・・・

旨いよ。うまい! 確かに大きなウナギがおにぎりの中で泳いでた。

みんな地べたに座り込んで放心状態で居る。

ここにいる人はみんな頑張った人ばかりだ。

この達成感。 何かに挑戦する事をしない人には分かんないだろうな。

山の頂上付近は暗くて、なんかヤバそう。 雨には降られたくないね。

足の疲れを癒やして、水分も充分摂って、さあ下ろうと思ったら下りは団体行動らしい。

先頭になった人がスピードコントロールしないと、私みたいに暴走する人が居るので危険回避のため10人くらいづつのグループで一軒茶屋まで下るらしい。

ブレーキ掛けっぱなしで、手が疲れる。 それよりも誰かのブレーキパット溶けてないか? ゴム臭かったぞ。

つづく・・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那須高原ロングライド201... | トップ | 那須高原ロングライド201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL