nasu_star's blog

那須で自然に親しみ、星と自然を愛するブログ

新春の住宅展示場訪問

2017-01-03 21:52:17 | 建て替え新築

私の娘たち夫婦も家を建てたいと云う事で、昨年から住宅展示場へ良く足を運んでいた。

親の家が一条工務店の家でその良さを知っているため、なかなか他のメーカーには決め辛いところが有るようで、予算とのにらみ合いが続いている様だ。

そんな折、暮れの新聞広告に近くの住宅展示場で新春の展示場祭りを開催しているとの事で、昨日サイクリングから帰って来た後遊びに行って来た。

一番左が一条工務店で早速顔出しをし、何かと最新情報を聞いて来た。

 お茶を出してくれると云うので、それを待つ間何時もの室内見学。

他のメーカーは必ず玄関にはスリッパが置いてあるが、流石に一条工務店は全館床暖房が売りなので、スリッパは無い。

でも、他のメーカーはエアコンを利かせているため余計に顔付近の温度と足元の温度差を実感してしまうし、スリッパを脱いで床に足を下すとやっぱり冷たさが靴下越しに分かる。

一条の展示場はやっぱりどの高さでも暖かくて柔らかな暖かさを感じる。

冬はなお更、その優位性を感じてしまう。

 娘たちも、頑張って一条の家に住んでもらいたいものだが、なにせ自分も震災の被害で予定外の建て替えをしたため、応援する事が難しく本人達の頑張りに期待するしかない。

中途半端な家を建てて、ずっと不平不満を感じながら住むより、ちょっと努力して住みたい家に住んだ方が良いに決まってる。

若いので35年ローンも可能だし、現在のアパート代だってそれなりの額で大差ないし、10年、20年後にその額の価値は下がって行く訳だけどアパート代はその時代の相場として上がって行く事も考えたら、今苦労して良い家を建てれば後には楽出来る訳だね。

 ただ、若い人はどのような家でどのような間取りだと生活しやすいか快適かを見極める事が出来ない人が多い。

家も2軒建てれば最高の家になると言われますが、若い人ほど時間を掛けて研究して建ててもらいたいもです。

私は、この地に中古住宅を買って22年住んで季節毎のこの地の風の向きや日当たり具合、景色など充分に感じ取った中で建て替えを余儀なくされたため、全く不満の無い間取り、窓の配置など短い期間で自ら設計までしてしまった。

でも実は、暮れのお掃除で机の中を整理していたら、45歳の時に「自分の欲しい物」として「自分で建てた家」と書いていて、粗方の間取りまで書かれたメモが出て来た。 しかも、ハンカチに綺麗に包まれてあった。

思い出せば、確かに帰りの電車の中で時間つぶしにそんな物を書いた気がする。

そんな長期に渡る思いがあって、頭の隅では無意識に何時もどんな家が「良い家」なんだろうと考えていたのかも知れない。

だから迷いなく間取りも出来たし、そこに一条工務店という、最も基本的な快適住空間を叶えてくれるメーカーと出会って今がある。

家の外観やカラーリングも凄く気に入ってるし、何てったって全館床暖房でしかもこの省エネ性には文句の云いようがない。

夢を叶えると云うのはそれなりの想いがあって、それを継続する事で自分の周りの環境が自然と整って行くんだと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロードバイク走り染め | トップ | 一条工務店の床暖房 凄いと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建て替え新築」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL