雑木林のくらし改めニュータウンの暮らし

終の住処と決めていた那須の雑木林から、この度、11年ぶりに、街に戻ってきました。
ニュータウンの暮らしが、始まりました

抜糸

2016年10月08日 15時24分15秒 | 縫い物
 
 

 抜糸終わりました
 「ちょっと痛いよ」と言われて
 チョキンチョキンとハサミの音が、聞こえましたが
 痛みは、ありませんでした
 その前に、口の開き方が、これじゃ足りないと言われて
 無理やりこじ開けられた時の方が、痛かった
 今後も頑張ってリハビリに努めるようにと言われました
 指を3本縦に重ねた高さ、5センチくらいでしょうか
 4センチくらいまでは、開くのですが
 もう1センチが、痛い
 
 写真のポーチは、昨日縫いました
 布は、前に解いた母の道行きで
 チュニックを作った時のあまり布
 ポーチにしたら思いがけずぴったり
 無地で寂しいので
 ピアノのアップリケと飾り付きファスナー付けたら
 長年使い古したような風情が、出ました
 使い勝手もとても良い

 ブログランキングに参加しています。よかったら下記のアイコンをクリックして応援してください。

にほんブログ村 美術ブログ ペン画へにほんブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へにほんブログ村
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく秋らしくなって | トップ | 東京電機大学の学園祭 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yadanar(junko))
2016-10-12 23:02:48
親知らずの抜歯って結構大変だと聞いた事があります。
これを読んでいると痛みが伝わって来ます。
ご苦労様、、と言っていいのやら、、。
お疲れさまでした。お大事にしてください。
このバック本当に素敵に出来ましたね。
色も形も素敵です。
箱に納まったりんちゃん、、可愛いの一言です。
いきなり寒くなりましたね。お互い風邪ひかない様に
気を付けましょう\(^o^)/
yadanarさんへ (hitomi)
2016-10-13 13:50:12
と言うことは、
親知らずを抜いたことがないのですね
よかったですね
殆どの人は、抜いていると思ってました
私も4本とも抜いたのですが
今までは、歯医者で、部分麻酔で抜いてもらって
そんなにひどい思いは、しなかったのですが
30年前に抜いた4本目の根っこが、残っていて、
骨と癒着してるかもしれないと言うことで
今回入院手術となったわけですが
幸い、割とすっきり抜けてよかったです

母の道行コートの布が、こんなにピタリと
ポーチに合うとは、意外でした
急に寒くなって大慌てで、衣類や布団を
取り替えているところです
気をつけないと風邪ひいちゃいますね

コメントを投稿

縫い物」カテゴリの最新記事