那須どうぶつ王国 Official Blog

那須高原の大自然で、動物たちの驚きと感動のパフォーマンス!! その一部を紹介します~

フワフワ犬の秘密

2017-08-13 | わんにゃんリビング

皆さんこんにちは( ^ω^ )ふれあい担当の菊本です。

8月になりましたが、王国では涼しい日々が続いています。

避暑地として有名な那須らしい気候です!

 

先日、「ブログにフワフワ系の犬を取り上げてほしいです!!」

とお客様からリクエストを頂いたので、

今回は、フワフワ犬の秘密という内容でお届けします。

 

王国にいるフワフワ系のワンちゃんはというと…

 

まずポメラニアンズ!!

ポッケ・ルナ・チロル・キャラ・メル

 

 

日本スピッツ姉妹

ローズ・マリー

 

 

続いてサモエド

モモ

 

 

MIX(サモエド×ラフコリー)

ソラ・マメがいます!!

 

 

他にもフワフワに近い子はいますが、菊本チョイスで選んでみました(笑)

 

皆可愛いですが、この姿には

それぞれ理由があるんです( ゚Д゚)

今回はその秘密を探っていきましょう~!

 

最初は、ポメラニアン

 

 

ポメラニアンという名前は、東ヨーロッパのポメラニア地方

というところに由来していて、北方のソリ犬が愛玩犬として改良され、

小型化していったと言われています。

また、ヴィクトリア女王が愛した犬種としても有名です。

丸みを帯びたフワフワのシルエットがとても愛らしいですね(*’ω’*)

 

 

この顔にやられちゃうんですよね~(*´ω`*)

毎日こんな顔でお客様を魅了しています(笑)

 

2番目は日本スピッツ

 

 

スピッツという言葉は、ドイツ語で「とがった」

という意味で、鼻先や耳がシュッとしているのが分かりますよね?

 

 

元々は大型の白いジャーマン・スピッツが起源とされていて、

それが徐々に小型化されていきました。

日本に入ってきてからも純白の犬をベースに繁殖を続けていったため

日本スピッツの色として、JKCに登録されているのは

白だけなんです!!

 

次はサモエド

 

 

「サモエド」というのは元々、犬種の名前ではなく

ロシアのシベリア地方に暮らす民族「サモエド族」に由来していて、

主に、ソリ犬として活躍していました。

極寒の地、シベリアで生活していたので

サモエドの毛はこの様に、モフモフしているんです!

またこの毛は、寒さから自分を守るだけではなく、

一緒に生活していた人間も暖を取っていたと言われています!!

 

 

昔から人間と長く生活をしていたため人懐っこい性格で

飼い主にもとても従順です。

モモちゃんもほら!

 

スタッフととっても仲良しで、指示もきちんと聞きます( ^ω^ )

 

最後はMIX(サモエド×ラフコリー)

先程紹介したサモエドと、ラフコリーという犬種の

MIXの犬が王国にはいます。

 

 

ラフコリーという犬種は大型の牧羊犬です。

「コリ―」というのは、そもそも古い英語で

「黒」という意味があります。最近は茶色と白のラフコリーが多いですが

昔はこの2色に黒が入った3色(トライカラー)のコリーが多くいました。

 

 

ソラの体を見ると分かりますが、全体の毛のベースの色は黒で

ラフコリーの特徴が良く出ています(^^♪

 

また、人懐っこいサモエドの血も入っているので

ふれあいは大得意!!

 

 

この様にワンちゃん達は可愛いだけでなく、見た目や歴史も様々です。

興味がある方は、ぜひ犬種の歴史なども調べてみたり

飼育員に聞いてみたりしてくださいね!

 

思いもよらない秘密が聞けるかも…!(^^)!

 

 

まだまで暑いですが夏バテに気をつけてお過ごしください。

 

シズクもシャンプーしてきれいになった姿で

皆様をお待ちしています(^^♪

 

友だち追加数

〒329-3223 栃木県那須郡那須町大島1042-1 

那須高原リゾート開発株式会社

那須どうぶつ王国 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Colemanエンジョイキ... | トップ | アニマルプラネット どうぶつ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む