ソフトテニスクラブをつくろう!

お陰様で<10年目>に突入!!今年度も更なる進化をする(?)NASTCをご覧下さいまし!!

ソフテニの神様からの贈り物!?

2017年05月17日 | Weblog
 東京から帰ってくると玄関に謎の段ボールが?DUNLOPの文字が光ってます

 先日、ネット通販でダンロップ製品のバーゲン品を注文したものの、数日後に在庫がありませんでしたって事でキャンセルになりました。宅急便の品名見たら…

 スポーツ用品・衣類!?

 品名には衣類って書かれてる上に、「ワレモノ取扱注意」のステッカーがもしかしたらそこのショップからお詫びの品でも届いたのかなって開けてみたら…

 ボール?

 あれ、なんでだっけ?メーカーのMさんになんか連絡したっけ?とか考えてたら…思い出しました。ソフオンのメルマガ取ってるんですが、そこでスリクソンのボールが新しくなって、そのモニター募集してた企画に応募してた事をつまり<見事当選しました>っヤ~ツ~です

 こないだまではNさんトコとMさんトコの2大メーカーがソフトテニスのボール業界を牛耳っていました(ちょっと言い方が違うかな)。Nさんのはゴムが硬めなのと粉々してる関係でインドアだと前半ボールが床を滑ってきてやりづらいってのがデメリットがありますが、耐久力がバツグンでツルツルになってもエア抜けするのが少ないってメリットがあるため、うちのジュニアや中学校でも基本的に購入し、現在でも多くの松崎し〇る状態なボールが戦力として練習で使われています。Mさんのは反発力抜群で打球感が気持ちいいんですが、まだゴムがヘタってないのにエア抜けするってのが何球が出てきて使えなくなるって欠点があって、1ダースとかでは購入するものの通常の練習で使うだけ大量購入するって事はありませんでした。

 2年前、突然ダンロップがソフトテニスのボールを発売するってニュースが流れ、業界が騒然としました(たぶん)。ダンロップと言えば超大手ゴムメーカーで、ソフトテニスはもちろん、ゴルフなどのスポーツだけでなく、一番メジャーなのは車のタイヤだと思います。そして、いきなり初年度から各種の全国大会の使用球になりますとの発表があり驚いたのを覚えています。ジュニアで言ったら全国小学生、中学生で言ったら都道府県対抗がそれにあたります(今年度の都道府県は違うようですが…)。現在、北秋田協会主催で行ってる中学校選抜インドアにも都道府県出場選手が多く参加する事から、少しでもその感覚を体験させようと発売当初からスリクソンを大会使用球として開催してます。

 ですが、正直不満がありました。ゴムの感じはMさんトコに近いんですが、ボールを打ってみると違和感が打った瞬間、少し噴く(アップする)ってゆーかブレるってゆーか、違和感ハンパない感じでした。密かに改良してたみたいですが、エア抜けとかもあってとても気に入りませんでした。しかし、今年のスポセン杯の時、大会で使用したボールではなく、4月発売予定のプロトタイプってのをこっそりちょい乱打させてもらったんですが、正直「すばらしい」の一言でした。ボールのホールド感やイメージ通りの軌道、いままでのギャップもあったせいか超気持ち良かったです。

 その理由は…ってのがスリクソンのホームページにあったんで、詳しく知りたい方は以下のページへ飛んでください

公認球「スリクソン」リニューアル

 で、ジュニアを運営している者としては、気になるの項目は3つそれは質と価格と耐久性です。質は間違いないとして、価格も他社に比べて安く庶民派クラブとしてはGOOD。あとは耐久性です。以前皆呂さんに言われてた事ですが、スリクソンボール専用の空気入れがあるんでそれを使う事とエア漏れが気になり始めたらオイルを使うと抑える効果がありますとのアドバイスいただいてました。そー言えばNさんトコの空気入れしか持ってなかったため、それ使ってたよ~な。そんな事もあり、スポーツナロ行った時に…

 ナイスショッピング

 当選知らずに購入するあたり、俺って持ってる(ってゆーか、実は次回の上小阿仁カップでスリクソン使う予定あったんですが)。まずは明日のナイターの試合形式で使ってみてNASTCメンバーから感想もらう予定です。せっかくのモニターなんで、いろいろな人の感想を載せてみたいと思います。あと、耐久性も気になるんで数か月後の状態も調査してみたいと思います(ただ、ゲーム形式メインで過保護に使用する可能性も)。次回レポートをお楽しみに
『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週末は東北選手権! | トップ | ソフオンに取り上げられまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL