四季折々・・日本って美しい

季節の移り変わりを記録していきます。

あじさい 矢田寺

2012年06月15日 | 日記
矢田寺はあじさいで有名


花の中に顎(がく)が入っているのが珍しいとのこと



 顎が入ったあじさい 1





 額が入ったあじさい 2





    あじさい




    矢田寺参道



    シャラの案内板



    シャラの蕾



                     撮影  H24年6月15日









コメント

ささゆり・・大神(おおみわ)神社

2012年06月14日 | 日記



奈良県桜井市 三輪明神の大神神社のささゆり、約3,000本が咲いた。 神社内の「ささゆり園」に一般鑑賞用として無料公開されている。



ささゆり 1



ささゆり 2



ささゆり 3



ささゆり 4



ささゆり 5



ささゆり 6


6月17日の三枝祭で奉納されるささゆりは神社内北側の畑と草原で栽培されている。




奉納用ささゆり栽培畑 1



 奉納用ささゆり栽培畑 2



 ささゆり栽培草原



○大神神社のささゆり・・・「大神神社」サイトから抜粋

『古事記』(最古の歴史書・神代から推古天皇までの歴史や伝説を太安万侶(おおのやすまろ)が記した書物)によると、古代の三輪山の麓、狭井川のほとりに大物主大神の御子神、媛蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)がお住まいでした。狭井川のほとりはささゆりが咲き匂う美しい所で、やがて五十鈴姫命は神武天皇に見初められて皇后様になられたと記されています。
 奈良市最古の神社である率川神社は五十鈴姫命をお祀(まつ)りし、毎年6月17日の三枝祭では、姫神様にお慶びいただくために酒壺や酒樽を三輪山のささゆりで飾り、巫女はささゆりを手に優雅に神楽を舞います。
まさにささゆりは大神神社にとって大層ゆかりがあり、ご神花として大切にされています。



撮影 H24年6月14日



コメント

ささゆり

2012年06月13日 | 日記
西日本に分布する「ささゆり」(笹百合) 奈良では例年6月中旬に咲く。

自然環境の変化には弱いし園芸栽培もかなり難しいようだ。

奈良県と大阪府の境の稜線を歩く(*)ダイヤモンドトレイルで咲く。


*ダイヤモンドトレイルとは・・昭和43年に整備された北は屯鶴峰(どんづるぼう)
(奈良県香芝市)から南は槇尾山(まきおさん)までの全長45kmの長距離自然歩道を言う。



(テスト中・・次はサムネイル方式です)




      ささゆり1



(次はサムネイル方式)




      ささゆり2






      ささゆり3




      ささゆり4



(次はサムネイル方式)



      ささゆり5


   *画像表示のテスト中です。  ご容赦ください。


                            撮影 H24年6月11日
コメント

gooブログ開始

2012年06月11日 | 日記
ブログ開始しました。  H24.6.11

コメント