へっぽこアルピニスタ

富山在住。突然山に魅せられた女3人の山登りブログ
初心者なのに果敢に(無謀に)挑んでいく!

天蓋山〜エピソード集〜

2017年06月30日 | 登山
登山中、傘さしてるのはセレブだけですが、別に雨降ってません(笑)

ネットを忘れたので、蜘蛛の巣や 上からウジ虫みたいなのが垂れ下がってる場合に備えての傘です

杖がわりに使いたかったのに、足の保護よりも虫をかわすことの方が大事でした

ブヨ?も沢山いて、右手に傘、左手で虫を追い払うのに 一人忙しかったです

虫よけネットがないのは不自由なこと‼︎



貸して下さい…とは言えなかった(笑)





道中、またもやシングルが
『あっ!』

見た目は洗剤の泡ですが、どうやらカエルの卵のようです(ー ー;)

言われなければ気付かなかったのに


そして、今度はセレブが
『あっ!』

この二人、急坂で次々にミミズを踏むもんだから、踏まれたミミズが もがきながら海老反りになってセレブの所まで転げ落ちてくるんですよ(ー ー;)

クネクネのミミズが目の前に転げ落ちてきて、気持ち悪くて腰が抜けそうでした


時には癒しも

へっぽこ『浜谷先生!この花なあに?』
先生『えーっと、えーっと、なんじゃら…ごめん、ど忘れした』
へっぽこ『・・・ありがとうございまーす』

自分たちで調べましょうよ



下山後は、有名人の浩三郎さんの所へ


文学少女のシングル…少女?なんか違和感、まぁいいや(笑)

改め、文学少女のシングルに簡単に説明してもらったところ『浩三郎さんは、既婚者である年上女性に恋をしました。その女性から“5年待って”と言われ素直に待ちました。5年待ってもジラされてます、浩三郎さん。そのうち女性の夫が亡くなりました。でも“もう5年待って”と言われ 健気に待ちます。いよいよ約束の5年が経ち、山籠りしていた この地から女性に会いに行きます。でも残念、女性は前日に亡くなりました。』らしいです(笑)


浩三郎さん、報われなさすぎでしょー

そんな人生でよかったのかーい⁈

映画で言うところの『全米が涙‼︎ いちずに思う ある男の物語』ヒューマンストーリーってジャンルですかね


で、富山へ帰りますが、道中 子熊発見

恐ろしいやないのー



昨年 シングルと有峰林道でも子熊発見、人生2度目の熊とご対面でした。
どちらも運転中に発見してるからいいけどね、山道で遭ったら それこそ腰抜かすわ。


今日もおつかれさまでした

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天蓋山~29.6.30~ | トップ | 負けじとノースフェイス(笑) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (niceshotpete)
2017-07-01 10:12:34
あちこち山のブログ見てますが、この至近距離での熊の写真。初めてです。
しかも2度目?人生で2度も熊を目撃するなんてなかなかないでしょう。
3度目の正直は登山道?
こんな奴だったら可愛いけどね。あー、おっかね~!
niceshotpeteさんへ (セレブ)
2017-07-01 17:19:30
こんな至近距離 初めてですか!
でかした、シングル
ここらへんの熊はフレンドリー気質なんですかね(笑)
昨年も今年も車の中なので怖くないですが、登山中だと思ったらゾッとしますよー
と言うか、登山始めて2年目で2匹目撃…毎年恒例になりそうですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。