やっほ の 散歩フォト。

四季の散歩写真と望遠視点(◎◎)の雑話。時には時事問題など綴ります。

私の散歩道 夏のひざしを浴びながら

2017-07-15 12:07:02 | 散歩

湘南茅ヶ崎とは言え、潮風に滴る海から離れ、

ここは内陸部の田園地帯。

 

月一度はおとづれる散歩道。

四季感覚を満喫できる場所です。

 

今咲き始めたオニユリの花。

1/8 下向きに・・・それでも鬼?

 

2/8 どこが鬼?

 

時期外れの なごり紫陽花。

爽やかに仕上げてみました。

3/8 空に向かって

 

4/8 涼!

 

5/8 ガク紫陽花

 

まだ明けやらぬ梅雨時とはいえ、

もう立派な夏日です。

田園風景と遥かなる空。

6/8 ワダチを行く!

 

7/8 豚舎が見える風景。

希少の「高座豚」生産地でもある。

 

8/8 案内図(注:九州地図ではありません)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっぴり横浜文明開化と今昔 | トップ | 早朝に蓮の花を観に行きました。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば九州に似ていますね (chidori )
2017-07-15 13:05:39
茅ヶ崎・・懐かしい名前。娘が藤沢に20年住んでいたので

時々電車に乗って富士山を探しに出かけました。

藤沢でも毎日富士山探し・・と言っても季節によっては

見えませんので 1週間滞在しても見えないときも。

すぐそばの新林公園の丘の上からもよく見えます。

娘のすむマンションの公園からも見えます・

江の島に自転車で走って弁天橋で見るのが好きでした。

ありゃあ、えーと、ユリの花、田園風景に癒されますね。と書くつもりでした。
chidori さん (やっほ)
2017-07-15 13:57:55
そうですね藤沢は比較的富士山が良く見えますね。
特に七里ヶ浜は、逗子開成中学(高校)ヨット部の「真白き富士の嶺」の哀しき舞台でもありました。

秋の彼岸から春の彼岸に掛けては空気が澄んでいる時期で晴れた日には、
雪を頂いた富士山が綺麗に見えます。

chidori さんにとっても懐かしい土地なんですね(^^
Unknown (茉那)
2017-07-15 15:39:07
6/8 轍(ワダチ)なんて言葉まだ生きていたんだ。現実にくっきりついているのですものね。いい風景ですよね。(素晴らしい目の付け所!)

7/8 「高座豚」も初耳。豚で有名なのは薩摩の黒豚しか知りませんでした。都城出身の友人がいていつも自慢していましたから。(送ってもくれました)

3/8 これも紫陽花なのですね。
青空に映えて、それでも何か寂しそうで痛々しい。
「名残」はなんでも痛々しい。
空がさわやかで澄み切っているだけに余計に・・。(あら、まぁ。自虐的かしら?)
茉那さん (やっほ)
2017-07-15 16:49:47
ワダチは死語でしたか。
そうですね、今は林道でもアスファルトで固められている時代ですからね。
降雨時に地下に保水が出来るってことは環境には大切なことですね。(^^

「高座豚」脂が特徴で、甘くてしつっこくなく美味しいです。
私感ですが、牛で言うと「松坂」のようなものですね。
(松坂のようなサシが入っているわけではないですが)

生産量が少ないらしく横浜でも殆んど見かけません。
そういった意味では松坂より貴重です。

3/8はドライフラワーみたいです。
手で「くしゃくしゃ」って握ると粉々になりそうでした。
茉那さん自虐的?まさか(笑)

コメントを投稿

散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。