やっほ の 散歩フォト。

四季の散歩写真と望遠視点(◎◎)の雑話。時には時事問題など綴ります。

ヨコハマの ものがたり

2016-10-13 20:44:50 | 散歩

横浜に大岡川という、繁華街を流れる河川がある。

下流は「みなとみらい」中心部の横浜港に流れ込む。

 

春には両岸の歩道に桜が咲き誇る。

その延長は平行して走る京浜急行線5駅にまたがる長さだ。

 

その下流部左右の川沿いには、

かつてオジサン族の憩いの聖地がある。

俗にいう飲み屋街とも歓楽街とも言われている。

 

今回はその周辺をご紹介します。

§1 隠れ家入り口

       お洒落な空間がチラッと見えます。

    (伊勢佐木町イタリアン、レストラン)

 

 

 

§2 地下道出口

    地下でくるくる回されるので出口方向が

       おじさんには わからなくなります。

 

 

 

§3 地上世界

 

 

§4 オジサン族の楽園、昼間の風景

   二階は玄関が裏側になる。

 

 

 

§5 大岡川と湾曲の飲み屋長屋

   一階と二階は玄関がそれぞれ逆向きにある。

 

 

 

§6 野毛通り歩道

    道行く人もすっかり秋です。

 

 

 

§7 野毛商店街の一角

 

 

 

§8 野毛商店街通り

 

 

 

§9 ハマのメリーさん

    福富町通りの、と・ある雑居ビルのエントランス

   かつて「ハマのメリーさん」が晩年の頃

   このビルのエレベータガール?を買って出ていた。

   彼女なりの一宿一飯の恩義のつもりであったのだろうか?

   店が引けた頃、このビルの何処かで夜を過ごして いたものと思う。

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おっとっと!だいじょうぶで... | トップ | 大山こま参道を行く。 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野毛ですね (じぇれまいあ)
2016-10-13 20:58:35
昼と夜で随分と雰囲気が変わって見えますよね。

かつては「おでん」「飲み屋」って感じでしたが、近頃はオシャレなレストランやバーも増えて、若い女の子たちも行くようですよ。
川沿いの飲み屋街と、街の中のバーやレストランでは雰囲気が随分違うのに、それなりに調和しているようなところがありませんか?

夜、野毛をぷらぷら歩くの、好きです。

横浜のメリーさんは、むかーし、何度か見かけたことがあります。伊
勢佐木町だったと思います。
螺旋階段と色が入ったタイルのコントラストが「舞台」みたいで良いですね。
メリーさんも気に入っていたのかも?
うぉ~~ (みっく・じゃが)
2016-10-13 21:01:36
ハマの飲み屋街ですか。
いい味出てますね。さすが~~
「出口が分からなくなる」は笑います。
その出口に、変わった乗り物が見えますが、なんでしょうか?
「来生たかお」さんて、まだ歌っているんですね!?

東京にないのどかさと言うか、私は、やっぱり1回は住んでみたい場所です。
飲み屋街が近ければ、もっといい(笑)。女一人でも大歓迎!!みたいな。
Unknown (そらママ)
2016-10-13 21:36:29
こんばんは、
お洒落な店も素敵だけど、一杯飲み屋も味がありいいですよね、
湾曲の飲み屋一度入ってみたいなぁ~
中はどうなんやろね。

ハマのメリーさん聞いたことがありますがよく分からないので検索しました、
津にもメリーさんがいたのよ、何時も夕方から三重会館の前で立っていたの、
高校生の時よく見かけたわ、
三重のメリーさんは全身を赤い衣装でまとっていました、職業は同じでも本当のことは分からない噂が先に
たっていて真実を知る人はいなかったみたいよ。
じぇれまいあさんへ (やっほ)
2016-10-13 22:21:22
野毛おでんは有名ですよね。
と言いながらおでんはあまり好きではないのです。
でもお付き合いで何度も行きましたが(笑)
最近の野毛は年齢層が幅広くなりましたね。

え~、じぇれまいあさんは夜に野毛界隈を徘徊しているのですか?(笑)
徘徊じゃないですね。失礼しました。<(_ _)>

メリーさんは確かにこのビルがお気に入りだったのでしょうね。
エレベーターを開けてくれるだけでしたけど、チップを上げたりしていましたしね。
でも行動は猫ちゃんみたいに習性が見えないところがありましたね(笑)
みっく・じゃがさんへ (やっほ)
2016-10-13 22:47:35
ハマの飲み屋街ですね。
観光客の殆んどが、みなとみらい地区に集中していますが。
旧市街地、「夜の遊び場はこちらもあるんだぜ!」って地味に主張しています。(笑)
この界隈は雰囲気のあるお店が多いですよ。

出口の変わった乗り物は、観光用の人力車です。
うしろ客席に二人乗れます。
ご主人とお二人でどうぞ!
お飲みになられる時はおひとり様が良いのですか?(笑)
KUUちゃんみたいに”トラ”になられるわけですね。女同士で、あはは~。

「来生たかお」最近はトント話題にもなりませんね。
そう言えばみっくさん、あの歌声は結構お気に入りでしょう。
陽水と小椋桂と玉置浩二を足して頭数で割ったような
歌いっぷりですね。
そらママさんへ (やっほ)
2016-10-13 23:18:15
湾曲した飲み屋さんは、ほとんどが庶民的なカラオケスナックですね。
私は入ったこと無いですが、オジサン族が多いと思います。
そらママさんが飛び込みで入れば、スター並の大人気は受けあいです。
ご旅行の際は是非どうぞ!

「ツのメリー」さんも存在していたのですか。
ハマのメリーさんは職と素性は明らかになっています。映画化もされました。

ツのメリーさんは素性も分からないのですか?
それもまた、ミステリアスで良いですね。
一風変わったひと?は何処にでも存在するのでしょうね。
Unknown (茉菜)
2016-10-14 00:00:00
終電、終バスに乗り遅れて、タクシーで追っかけ、結局家まで乗ることになったのは遠い昔の話。

1人バーで水割りを飲んでいた時代もあったなあ。

「野毛おでん」って古い歴史のある有名なお店ですかしら。

飲み屋街の昼間の風景は「眠って」て
寂しいですね。

そういえば飲み屋に1人で入った記憶がありません。
屋台のラーメンはよく食べたけれど。

うぃ~…~🎵 (林檎)
2016-10-14 00:20:56
やっほーさんこんばんは

先ほどスマホからコメント入れたのにどっかに飛んでてしまった‼
相変わらずパソコンがご機嫌斜めで調子悪いのです。

横浜にも飲み屋街ってキレイですね。
新宿の飲み屋街は汚くて歩けなかった。

ハマのメリーさんて、なにしてた方なんでしょう。
メリーさんだから、外国の方と交流?があったのかしら、なんて考えたりして。
茉那さんへ (やっほ)
2016-10-14 00:29:08
へぇ~茉那さんがねぇ、頼もしいですね!
そんな一人飲みの時代があったのですか。

バブルの時代はタクシーすら捉まりませんでしたね。
歩いているうちにやがて捉まるだろうと、結局家まで歩いてしまった。
そんな時代もありました。

「野毛おでん」地元では有名人気店ですね。
わたしは、あまりおでん好きではないですが。。。
確かに平日昼間は人通りが少ないですね。
ビジネスマンにも主婦にも用が無い場所ですからね。(笑)

夜中のラーメンは格別ですね。特に冬場!
林檎さんへ (やっほ)
2016-10-14 00:39:47
こんばんは~~、
パソコンそろそろ替え時とか・・・?
横浜の飲み屋街きれいというか、まぁ、写真ですからね。
一応きれいには写るのですが、新宿に比べるとそうかもしれませんね。

メリーさんねぇ~、元は進駐軍との関係で林檎さんの御想像の通りだと思います。
フィクションものの映画化にもなっています。
ネットで「ハマのメリー」って検索すると沢山出てきますよ。
調べてみました (林檎)
2016-10-14 23:03:19
やっほさん、こんばんは~

出先で、スマホからメリーさんをチェック!
去ってしまった彼をずっと待ってたのかもしれません。
いずれにしても幸薄いその生活ぶりは、どう考えても想像が出来ません。

no.2の写真の左側に写ってるピンクは、東南アジアにあるような人力車?ですか?
観光に使えるんでしょうか
こういうのがあるのなら、遊びに行きたいです。


林檎さんへ (やっほ)
2016-10-15 09:01:46
岡山出身「都会で孤高を生きた一匹狼メリーさん」というイメージですね。

ピンクの人力車は観光客の足として人気のようです (^^
「赤レンガ倉庫」前からの出発が多いようですよ。
是非どうぞ!
街中 (setu)
2016-10-15 14:56:18
人の気配がする、ちょっと、レトロな街中。
いいですねぇ。

横浜付近は、どこを切り取っても、絵になりますね。

写真を撮られている方も、多いと思いますが、
絵描きさんも、たくさんいるのですよ。

知り合いも数人です。

でも、もう、街中には、住めないかも。
すっかり、田舎のオバサン、気に入ってしまったので。笑
setuさんへ (やっほ)
2016-10-15 22:36:52
>人の気配がする。は、よ~く分かる表現です(笑)
場所によっては人っ子一人見ない時間帯だってありますよ。
平日ってそんなものですよね。

写真ネタに困った時は街に出ればなにかしら見つかりますね。
一応、「何処へ行けば、こんなのが撮れるかも知れない」とイメージして出かけますが
全く違ったものを撮ったりしてね。そんなところが面白いですよね。

setuさん所は、田舎と言えども科学最先端の学園都市。
都心にだってそんなに遠くは無いし、都落ちとは言えない環境ではないでしょうか。
たまには東京の空気も吸いに行って下さい。
そんなに不味くはないですよ(^^♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。