やっほ の 散歩フォト。

四季の散歩写真と望遠視点(◎◎)の雑話。時には時事問題など綴ります。

大山こま参道を行く。

2016-10-16 17:24:27 | 散歩

神奈川、丹沢山系の「表玄関」に位置する大山

標高1252m のふところに「大山こま参道」がある。

 

大山バス停(駐車場)から大山ケーブル駅までの長い

階段が続くが、その沿道に大山特産の土産物店や宿

が並んでいる。

 

大山から流れ出る清水を使用した「大山豆腐」は有名で、

豆腐料理の店が多い。

豆腐も良いですが、個人的にはここの「きゃらぶき」が大好きです!

「のんべいさん」への御みやげとしても大変喜ばれます(笑)

 

階段の各踊り場に名産の「大山独楽」のタイルを貼ったことから

「こま参道」と呼んでいるのだそうです。

 

参道というからには当然神社があるわけで、この参道を

登り切ったところが登山ケーブル駅になっている。

ケーブルは大山の中腹にある阿夫利神社(下社)を往復

している。

 

今回は参道の紹介までとさせていただきます。

階段を登り切りケーブル駅に続く道

 

 

階段の各踊り場に土産物店が並ぶ

 

 

お食事処が各所にある

 

 

大山祭り看板

 

 

ハイカーの登山街道にもなっている

 

 

閑古鳥の平日午後

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨコハマの ものがたり | トップ | 小春日和にやっと出会えました。 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きゃらぶき (setu)
2016-10-16 18:13:32
きゃらぶきの佃煮、スキです♪

秋の日ののんびりとした行楽の感じが、良く出ていますね。

ハイカーの方々の後ろに見えるお花は、シュウメイギク。
秋を感じるステキな花ですよ。
やっほ様へ (池 千之助)
2016-10-16 18:25:20
やっほさん、こんばんは!

こう申してはなんですが、
今回のお写真は、日本のどこにでもありそうな風景ですが、
何となくひき込まれるような落ち着きを感じます。

ラストのお写真の、おじさんの表情……、
自分も写真に写ると、こんな感じになるんでしょうネ!

でも、この中では、おじさんの存在、結構あると思います。

尤も、それ以上に、参道の各踊り場タイルを上手に見せていて、
段差の表現もさすがですね。

これって? (みっく・じゃが)
2016-10-16 19:43:40
意図的にタイルを見せてくださっていますか?
それぞれに主張があり、タイル好きです。
きゃらぶきは「のんべいさん」のものですか?
あったかいご飯にも最高ですよ。
散々飲んだ後、きゃらぶきであったかいご飯を食べるのもいいんですから。

ここまで、っていうことは、この先に続くんですね。
楽しみです。
setuさんへ (やっほ)
2016-10-16 19:49:48
setuさん、花の名前に無頓着な(覚えきれない)やっほに、
それとなくその名を教えて戴き大変有り難いです(^^♪
これからも宜しくお願いします。(*^^*)

きゃらぶきはお好きですか、setuさんがご近所ならお土産にお持ちしたのですが。
池 千之助様へ (やっほ)
2016-10-16 20:21:24
そうですね、このような雰囲気はいいですね。
ただし、お客さんが少ない土産物店の前を通る時、
客が多ければそれなりにじっくり見れるのですが・・・
こういう時はそれとなく横目で見て通り過ぎます。|д゚)
声を掛けられるのが辛いですよね (*´з`)

そうですね、階段を下から撮ったものもあるにはあるのですが、
あまり芳しく無かったので、写真を選り取りしていたら結果的に、
階段上から写したものだけを選んでしまいました。(笑)

私には下からのアングルが難しいです・・・
Unknown (sachi)
2016-10-16 20:35:43
今年、鳥取の大山に登ったんですけど、丹沢にも大山があるんですね^^
お土産屋さんの通りを通って、登山口があるんですか?
帰りはなんだかほっこりして、疲れがとれそうですね^^
みっく・じゃがさんへ (やっほ)
2016-10-16 20:44:57
意図的にタイルをお見せしているわけでは無いですが、階段は上から下方向の方が撮りやすく、楽なアングルを選んだ結果ですね。

きゃらぶきは、飲み終わったあとのご飯のおともに好まれますよね。

この先はいったんこれで終了です。
今の時期は中途半端で上に行っても紅葉にはまだ早いので、
また頃合いを見計らって行きたいと思っています。
sachiさんへ (やっほ)
2016-10-16 21:25:02
鳥取にまで遠征されるのですか。びっく~り!
大山へ登って降りるコースは初心者用の山ですからsetuさん達なら物足りなく感じるでしょう。

丹沢縦走となると脚力によって何処へ下るかを計画しないと、
下山のアプローチがかなり長いので日帰りは厳しいものになるでしょうね。

山自体はそれほど厳しいものではないですので、機会があれば、
こちらもにも是非一度どうぞ。

あ、sachiさんからの同じコメが二通あったので、1通は削除させていただきました。
Unknown (茉那)
2016-10-16 22:02:45
ここには「駕籠やさん」はいないようですね。(階段が狭そうで無理みたい)
金比羅さんでも駕籠に乗ったから300段以上も登るのはやはり敬遠。見せていただくだけで十分登った気分です。
(小さい子供も歩いてましたねぇ。)

踊り場の駒は大きいのが10、小さいのが1段なのですって?
最後の男性のところのタイルは30段くらいかしら?(そこまででおしまいね。)

踊り場にだけ光が当たってて階段の下のほうの先は暗闇・・これも技術でしょうか?

息子の家の西側の窓にすっぽり富士山が収まるのですが、富士山の右のすそ野が丹沢に遮られていて「あの山を爆破すれば全容がみられるのに・・」と悔しがっています。それが大山なのでしょうかね。(たいそれた寝言です)

茉那さんへ (やっほ)
2016-10-16 23:12:49
駕籠やさんは見た事ないですね。
富士の五合目にあったかなぁ~、いやなかった!
なるほど金毘羅さんにね、乗ったのですか。
乗るお客さんはそれほどいないのではないでしょうか?

ここの階段数も362段あるそうですよ。
写真にはそれまでの独楽が写っていなかったですね。

ここはね、階段がまっすぐに伸びているのではなく、くねくねと折れているので、
上の方まで見通せないので、360段も登った感覚がないです。

お店の裏側にはケーブルの駅まで車一台が通れる道路があります。
その横には急流の川が流れています。
そんな地形ですね。

あはは、大山を爆破するより引っ越したほうが・・・・・
Unknown (そらママ)
2016-10-17 00:06:51
こんばんは、
カラフルな衣装を着たハイカーさんをぼかして
シュメイ菊の白をばっちり撮られてやっほさんの
センスが光ります。

一応私キャラブキを作るのですが、味付けを薄めにして
作るのですぐ食べきってしまいます、
滋賀の道の駅で一年分買って来ておきます、
おにぎりや天むすのおともに最高ですよ~
そらママさんへ (やっほ)
2016-10-17 09:35:00
シュメイ菊とハイカーの画像ですね。
センスと言われるとテレてしまいます。
ご存じかと思いますが、カメラの設定を「絞り優先」で撮っています。
手前にピントを合わせるとその奥がボケる。
奥にピントを合わせると手前がボケる」というカメラの設定です。

そらママさん手製の「きゃらぶき」ですか、これだけでご飯がすすみますよね。
佃煮系は大好きです(^^♪
からだには、食べ過ぎは良くないですよね。
個人的には薄味は物足りないかも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。