志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

瀬名派孝子85歳祝賀公演:芝居「灯り火」復活!

2017年03月30日 01時43分55秒 | 琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他

足腰がしっかりと大地を踏みしめるかのような役者魂ですね!嘉数好子さんもお元気そうで何よりです。芝居を継承していく組踊伝承者や舞踊家の若手の姿は21世紀の半ばに向かって、琉球歌劇や台詞劇は継承されていく道筋ができていると、少し安心させてくれます。ウチナーグチの言葉が稽古場でも飛び交う場でなければ、ことばのもつ深い味わいは薄れていくのかもしれませんね。芝居が持続的に公演されていくこと、それを楽しむ世代が単に50代~60代以上ではなく、20代でも楽しめる舞台になったらいいですね。昨今の傾向として、役柄に会わない派手な化粧が気になります。百姓娘が士族の娘のような華やかな化粧姿だったり、百姓の男性が白塗りだったり、で化粧や着付けなどの演出に統一したコンセプトがないのだと感じさせます。「ほんとらしく」とよく真喜志康忠氏は話していましたね。それらしさ、ほんとらしさ、は写実性ですよね。もちろん琉球歌劇にも史劇にもある様式性がありますが、ことばのニュアンスも役柄による違いがありますね。ウチナーグチの大切さが共通認識になっているにも係わらず、実質的にウチナーグチで話す空間・場はかなり限られています。

民謡が変質しつつあると、その道の通の方が話しています。舞踊も変質しつつあり、そして芝居もでしょうか?ウチナーグチに堪能なリズム感のある舞台が求められていますね。どのように?場数を踏み、楽しむ観衆が増えることですね。そして一般に中学、高校生でも課外授業の中で歌劇を演じる場などが増えたらいいですね。歌三線、筝、舞踊、そして芝居を実演していく機会が増える今日・明日が求められているのですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「安倍昭恵氏喚問拒絶は関与... | トップ | トランプ政権は「リアル・デ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。