志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

追記!自己決定権を侵害する日米?先住民族会議です!←沖縄のマジョリティーは先住民と考えているのだろうか?ウチナーンチュ=先住民族?

2017年05月01日 19時04分07秒 | 沖縄の過去・現在・未来

先住民族会議が現況を変える力となるかぎり、主張することはいいですね。

先住民族は、侵略化、植民地化の過程で土地を奪われた。土地の所有の権利も奪われた。それは確かだといえよう。

琉球王府=先住民族と言えるかどうか疑問を持っている。少なくとも国家だったのだ。琉球民族=先住民族かどうか、まだストレートに了解できないが、戦術として一つの手段だと思う。王国だった歴史を土台にし、独自の自治権を主張し、自己決定権を要求するのは当然ですね。米国が国際法に違反し土地を囲い込み、沖縄を占領した事実があり、それを天皇メッセージは是認したのである。沖縄を切り離した戦後27年が今も沖縄を覆いつくしている。それを日本政府が利用しているのが現在の構図だろうか?ならば沖縄独自の政策があっていい。スコットランドは独立へ舵をとり始めたが、沖縄の場合まだその端緒についたばかりだろう。

しかし戦後72年の現在の日本は、真に自立した国家ではないのらしい。アメリカの手のひらの上にある日本だろうか?治外法権の基地が日本を監視する戦後72年である。沖縄も横須賀も佐世保も同じだね。日本は対中国、対ロシアの防波堤にもなっているのかもしれない。沖縄は無沈空母島、防波堤になっている。こうした軍事的なシアターで地政学的状況を見ざるをえない現実は、空しい。アジアは一つでありえるだろうか?汎アジア的な方向へ未来は突き進むだろうか?基地という治外法権のアメリカ国家を内在させながらの未来である。経済のみならず軍事的にボーダレスな現況だね。

日本の先住民族ということなのだろうか?縄文人の子孫は沖縄だけではなく、日本本土にも在住している。むしろ琉球王国だった歴史の経緯を根拠にして独自文化(言語も含む)を保存・継承・発展させる方向で世界と連帯していく方向性がいいのではないのだろうか?少なくとも国家を形成したのであり、先住民という定義に心情的に馴染まないウチナーンチュが多いのではなかろうか?

八重山は1500年代から琉球国に併合されており、宮古島もその年代からである。宮古・八重山の歴史・文化はまた独自なものとして尊重すべきである。「いちゃりばちょーでー」の美しい沖縄の心のキャッチコピーが宮古・八重山から見たら、人頭税を押し付けた琉球王府ゆえに、悪政で収奪された事実は見据えられるべきである。「いちゃりばーちょーでー」ではなかった琉球王国だった。階級社会であった事実がある。明・清・そして薩摩と、二重の属国システム【隷属】の中、近世を泳いできた琉球である。近代の日本への同化と異化の歴史もまた光と影を伴っていたのである。

先住民族や沖縄ネイティブのことばが馴染まない。アメリカインディアンの文学などの研究をしている大学教員などが、安易に沖縄ネイティブという言葉を使っているが、それもあまりしっくりこない。インディジナス indigenous(カタカナ発音)、土着の人々の言葉もある。それもなじまない。根っこにはアイヌやアメリカインディアン、オーストラリアのアボリジと異なり、国家システムを持っていた、という事実がどうしてもそのままストレートに受け入れがたくしているのは事実だ。むしろウェールズやスコットランドやアイルランドの歴史が身近に迫ってくるのはどうしてだろう?

沖縄ケルト文化研究会は秋に研究集会を開催し、社会へのアピールをしなければです。独自サイトも作成し、比較的視点でこの島の歴史・文化を見据えて連帯していく方向を求めたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SCOスピーカーズコーナー沖縄... | トップ | 体調不良で上里病院へ、明日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。