志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

比較舞踊学会、今日『沖縄芸術大学」にて開催!小橋川ひとみさんのかぎやで風から女踊りへは興味深い!

2016年11月26日 08時52分42秒 | 沖縄文化研究

小橋川ひとみさんの研究発表は拝聴したいですね。扇子舞「かぎやで風」から女踊りへの展開ー沖縄本島村踊りを事例としてー。

ガマクに関しては、八重山舞踊と琉球古典舞踊の比較ですが、王府時代から近代、そして現代へと古典女踊りもかなり差異と変容がみられるので、この二つの事例の研究の場合、琉球古典舞踊の位置づけがどこを基点とするのか、曖昧ですね。

第27回学会大会 2016年11月26日(土)~27日(日)

期日:11月26日(土)15:00~17:00 ワークショップ「2016伝統 ❝エイサー❞」

   11月27日(日)10:00~17:00 研究発表・公演

     9:15  受付開始

             9:45-10:45  一般研究発表Ⅰ

    10:50-11:35 一般研究発表Ⅱ

    11:40-12:00 総会

    12:00-13:00 昼食

    13:00-14:30 特別公演

           「首里王府の ❝おもろ❞」 安仁屋眞昭(王府おもろ15代目継承者)

    14:40-15:25 一般研究発表Ⅲ

    15:30-16:15 一般研究発表Ⅳ

    16:25-17:00 特別企画 

            実演 今日継承される古典女踊りの二通りの身体づかい 

                                 "ガマク入れ"の有無  山里静香(八重山舞踊)樋口美和子(琉球古典舞踊)

 

会場:沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス(沖縄県那覇市首里当蔵町1-4)

大会テーマ:「継承される文化・身体表現」 

大会参加費:3,000円 

 

問い合わせ先:沖縄県立藝術大学 比較舞踊学会第27回大会事務局

 hikakubuyou2016@okigei.ac.jp TEL・FAX 090-882-5510(琉球芸能専攻 花城研究室)

 

奮ってご参加ください!!

 

 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WikiLeaks taken over by CIA... | トップ | Who Should Be TIME’s Person... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

沖縄文化研究」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。