志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

芝居小屋から誕生した雑踊りだったのですね。芝居の中で培われた舞踊の魅力!

2017年07月12日 13時23分10秒 | 琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他

金細工の歌があり、歌にのせて踊りが振付けられたのですね!観衆の歓呼に応えてきた踊りの魅力なんですね。今、手拍子も、「したいひゃー」の呼応も「ダメ」の国立劇場おきなわでしょうか?

観客、観衆と沖縄芸能について、一つのテーマにしているのですが、この間観客反応についてはアンケートや本番の録画など、また録音などが研究のデーターになっていますね。観客反応がどう舞台にフィードバックされ劇場が無意識の共同性を共有するか、ずっと伝統芸能(演劇)や現代劇のデーターはとっているのですが、作品に絞って論理化する必要がありますね。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「民謡で今日拝なびら」で上... | トップ | 「久米島情話」は「中城情話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。