志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

20170417 UPLAN メディアのいま/共謀罪と言論・表現の自由 ~放送・新聞・出版の現場から考える~

2017年04月19日 12時43分25秒 | 日本の過去・現在・未来

20170417 UPLAN メディアのいま/共謀罪と言論・表現の自由 ~放送・新聞・出版の現場から考える~

https://youtu.be/NMiIGXsH_3k

2017/04/18 に公開

【公益社団法人自由人権協会(JCLU)】
政府は、オリンピック開催のためにはテロ対策として「共謀罪(テロ等組織犯罪準備罪)」の制定が不可欠としています。
一方では、これまで3度にわたって国会に上程されながら、廃案になった経緯があります。
すでに同法案に関しては、憲法・刑事法・国際人権法など法の観点から多くの議論がなされていますが、もう1つ、重要な観点として「ジャーナリズム(言論報道活動)」があります。
言論・表現活動に携わる者として、共謀罪が取材・報道の自由とどのような影響があるのかを改めて確認し、同時に、昨今の《言論萎縮状況》にいかに立ち向かっていくかを話し合いたいと思います。
講師:
金平茂紀氏(放送の現場から)TBSテレビ『報道特集』キャスター
小林基秀氏(新聞の現場から)北海道新聞記者
樋口聡氏(出版の現場から)編集・ライター
(順不同)
司会:
岩崎貞明氏 メディア総研・専修大学特任教授・JCLU会員

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170418 UPLAN 他人事ではな... | トップ | 『目の奥の森』→英語翻訳がす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本の過去・現在・未来」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。