志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

劇団「うない」時代人情劇「親子鳥」です!9月17日、国立劇場小劇場

2017年07月15日 08時28分30秒 | 女だけのうちなー芝居劇団「うない」

 最近、劇団員の数も増えて、充実してきた劇団「うない」ですね。堅実にリハを繰返しながら舞台を練り上げていく姿勢はいいですね。ただ主役の方々が舞踊家でもあり、スケジュール的に忙しい現実ですね。うちなーぐちの鍛錬も常に要求されており、劇団の活動の継承はかなりの志の高さがないと持続できないはずですが、持続しているエネルギーは凄いですね!

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はだしのゲン」の翻訳→Enga... | トップ | 劇団「創造」が「椎の川」を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

女だけのうちなー芝居劇団「うない」」カテゴリの最新記事