志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

植物は学び、記憶を持っている!Learning Plant Learning: Prof. Ariel Novoplansky at TEDxJaffa

2017年07月17日 12時21分26秒 | 動植物

 (夏の盛りの時、蝉を受容する樹木たち!ホルトの木です。白い花が咲いています!)

Root Brain Theoryを調べていたら、この動画が出てきた。植物の頭脳は根にあるという理論で、根のコミュニケーションはよく知られているのですね。

Learning Plant Learning: Prof. Ariel Novoplansky at TEDxJaffa

https://youtu.be/aClSp71zfro

2012/10/19 に公開←ちょっと古いTEDですが、興味深いです!

Professor Ariel Novoplansky talks about the unique way in which plants communicate through their roots. Via a complex system of non-verbal communication, plants are able to warn each other of impending danger and experiences. With his team of research scientists, Prof. Novoplansky has mapped the ways in which plants communicate, an important factor in agricultural planning, and also proven that plants have memory.

植物は根でコミュ二ケーションをする。ことばのない複雑なシステムで植物は互いに危険や経験を共有する。
植物のコミュニケーションの仕方を図式化し、学習と記憶の実態を研究している。
Prof. Novoplansky was born and raised in Israel and received his Ph.D. in ecology from the Hebrew University of Jerusalem. Following a post-doc period at the University of Michigan he joined the Mitrani Department of Desert Ecology, Institutes for Desert Research of the Ben-Gurion University.

His scientific work focuses on evolutionary ecology of plants. His current research is related to the evolutionary rationale and physiological mechanisms enabling plants to make developmental decisions based on information they perceive from their environment and neighbors.

植物の進化生態学なんですね。置かれた環境や近隣の状況から知覚できる情報に基づき、より発展できる決断をすることが可能な植物の進化論的根拠や生理的なメカニズムを研究している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国場川のどぶ川でもせせらぎ... | トップ | 児童文学出版社に勤める女性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。