志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

グローバル化の中の伝承/伝統的智識ー柳田国男論、ABS法、フォークロア、そして沖縄の未来

2017年02月13日 17時51分40秒 | グローカルな文化現象

民俗や伝統の危機?生物多様性と文化多様性の現在と未来の位置づけなんですね!興味深いシンポジウムです!民俗、フォークロアと民族芸能も関係していますね。

先住民としての琉球/沖縄の人々Ryukyuan/Okinawanを国連人種差別撤廃委員会はみとめたのですね。先住民のイメージは国家をもたなかった部族、種族のイメージがするのですが、独立国家だった事実があり、それが明治政府に併合された事実もありますね。先住民というより独立国家だった琉球なんですね。100万に満たない国家も世界にはあるので、国家としての独立は可能性がある位置にありますね。しかし137年間の日本への同化の中で日本の政治・経済・教育システムの中に於かれています。その中で独自に踏襲されてきた文化ですね。これも衰退するかもしれないのですが、効率的な画一化はネット時代にさらに拡張されているように見えますね。だからこその土着であり、伝統であり、保存なんですね。オリジナルな伝承や伝統的な価値も巨大なキャピトルが掠め取ることができる時代ですからね。文化が収奪されない仕組みを作る必要があるのですね。

(備忘録)

 

部族

特定の地域内に居住し、共通の言語・文化などをもつ集団で、いわゆる未開・原始とされる小規模な集団。A group (usually small and living in a primeval manner) who share the same language and culture. In English, we would say something like tribe or clan.

種族:

人種的特徴を同じくし、言語・文化を共有する人間の集団。 group of humans who have the same characteristics, language and culture. In English, we would say something like "race"

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本を代表する劇作家たちが... | トップ |  松本淸張スペシャル 「地方... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

グローカルな文化現象」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。