志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

次期大統領トランプに対する偽ニュース・メディア攻撃の黒幕はアメリカ政府か?

2016年12月10日 00時48分31秒 | アメリカの文化・政治・ジェンダー・軍事

アメリカ大統領選挙の動向が気になってSNSメディアを中心にしばらく夢中になって追いかけていた。この論評が書いているように、ヒラリー陣営の民主党は、すべて敵対するニュース情報や宣伝を含め、ロシアが背後で操作しているとの論陣を展開しているように見えた。メールの暴露もロシアがハッキングしたというようにー。ウィキリークスのアサンジが暴露したメール情報も、ロシアが提供したとの洗脳をしていたのは事実だね。

議会が表現の自由を疎外するような法案の成立がなされることがありえるだろうか?常に敵を、仮想敵国をもたないと国が成り立たないようなアメリカという巨大な国家のありようは、未来への踏み石なのだろう。まさにInfowarsが続いている現況である。情報戦争の最中に私達は実存すると言ってもいい。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2016/12/03/is-the-us-government-behind-the-fake-news-media-attacks-on-president-elect-trump/

 In other words, the presstitute media has lost control over Americans’ minds to Putin.←この売春もどきのメディアというのはこのPaul Craig Robertsさんの造語ですね??権力に媚を売るメディア=Mainstream media ということですね。権力に擦り寄るメディア=Corporate mediaですね。

« アメリカ政府の公式‘情報戦争’ | トップページ

アメリカ」カテゴリの記事

アメリカ軍・基地」カテゴリの記事

ポール・クレイグ・ロバーツ」カテゴリの記事

マスコミ」カテゴリの記事

ロシア」カテゴリの記事

 *****************************

http://blogs.yahoo.co.jp/minaseyori/62127936.html←オバマ大統領の真実?あまり興味なかったのですが、大統領選挙のSNSを見ているうちにアメリカの事象が気になっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 川端康成原作映画『古都』の... | トップ | 2016年3月に発行された『沖縄... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。