志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

渡嘉敷流《二代目渡嘉敷守良襲名披露公演》~源遠長流~ 9月24日午後2時開演です!チケット完売?

2017年09月24日 12時36分50秒 | 琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他

劇団うない」で頑張っている花岡尚子さん、棚原百里子さん、祖慶しのぶさんが渡嘉敷流ですね。 明日は是非舞台を観たいですね。観た後で印象批評なり書きたいと思います。詳細は実際に舞台画像などを分析する必要があります。それと主流の玉城盛重系統などの型と比較したいですね。

板谷 徹さんなどの村踊りの研究論文を読み、また多良間の八月踊りなどを見ると、所作、技(業)、手の振りなど、類似があるか、興味を持っています。波足(なみあし)は指摘されていますね。これから比較研究は深まっていくことでしょう。松含流ももう一本の柱として頑張ってほしいですね。柳清会もですね。比嘉清子先生の「仲島の浦」仲村渠節、などまた拝見したいですね。

盛重系統の流派はご一緒に同じ演目を踊って見せてほしいですね。同じ系統でもどう異なるか、60年代の型の統一が維持されているのか、関心があります。保存会は伝承者の発表会も含めて、研究者に報告書を喜んで配布してほしいですね。税金(助成金)で出版されているはずです。文科省の研究報告書は無料で配布しています。希望者に。以前、琉球舞踊保存会の伝承者の発表に参加した時、報告書を要求したら担当のNさんは不親切でしたね。拓かれないと発展はないはずですね

さてどんな舞台がどう花開いていくか、楽しみです!これからアナンスは、もう綺麗な日本語はいいので、ウチナーグチで解説できる女性を希望します。上原直彦さんの語り口の優しさで、ウチナーグチでアナウンスできる女性がいませんね。いましたらご紹介お願いします。

以下、ブログからの転載です!

http://tokashikiryuakebononokai.ti-da.net/c139121.html

現在、あけぼの乃会には「守良の型」が正しく伝承され、

特に今では大変めずらしい

波足(なみあし)

という歩みが残っているのは特徴的であるといえます。

古典女踊りの「綛掛(かしかき)」に関しても、

古い形の3曲構成のままで踊られています。

(「千瀬節」「七尺節」「さあさあ節」)

また、あけぼの乃会には

冊封使(さっぽうし)歓待の宴で盛んに踊られた

御冠船(うかんしん)踊り

「若衆踊り」が数多く残っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沖縄の島々は芸能の宝庫です... | トップ | 【じゅん選手】うちなーぐ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみにしてます (ぶちゃいく君)
2017-09-23 23:59:14
今まで、実質的には独りで渡嘉敷流を守って来た花岡先生が、二代目渡嘉敷守良を襲名する事で、渡嘉敷流が更に大きく飛躍できると思います。
以前に何度か公演を拝見しました。
踊りは全く出来ない私ですが、毎回、他では観られない様な貴重な演目と演出で、時間を忘れてしまう程楽しませていただいてます。

二代目渡嘉敷守良先生とお弟子さんの皆様、明日の公演も心から楽しみです。
頑張ってください!
昨日UPしたチラシのご紹介ですが、今日にもって来ました! (nasaki)
2017-09-24 12:41:51
そうですね。花岡先生の決意、志の高さが現在に至ったのですね。今日の舞台楽しみです!戦前折口信夫がかなり評価した渡嘉敷守良の伝統芸が、継承されていくことを念じています!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。