志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

【衝撃】日本は世界一の死刑執行統制国家 日本の死刑執行数は年間2万5千人以上(説明欄に詳説) 政治犯など占領植民地統制に都合の悪い者を偽装処刑するため一般人も含めて大量に偽装処刑している

2016年12月28日 09時30分38秒 | 真実の在り処

【衝撃】日本は世界一の死刑執行統制国家 日本の死刑執行数は年間2万5千人以上(説明欄に詳説) 政治犯など占領植民地統制に都合の悪い者を偽装処刑するため一般人も含めて大量に偽装処刑している

2016/12/22 に公開

近々大きなことを発表するので予習動画です。これは世界を震撼させる事実ですが、日本の死刑執行はダントツの世界一です。「世界一 精神病院 日本」https://www.google.co.jp/search?clien...
世界の人権侵害として北朝鮮の政治犯収容所の問題以上と思っています。

2016/12/22 に公開

近々大きなことを発表するので予習動画です。これは世界を震撼させる事実ですが、日本の死刑執行はダントツの世界一です。「世界一 精神病院 日本」https://www.google.co.jp/search?clien...
世界の人権侵害として北朝鮮の政治犯収容所の問題以上と思っています。
https://www.google.co.jp/search?num=1...
なぜ年間5万人以上も薬漬けによる変死が続出してるのに警察、検察、裁判所、官公庁は取り締まらないか?これは上層において医療行為や投薬を偽装した暗殺統制条約が不文律で結ばれていると考えると見事に辻褄があいます。
薬殺こそが世界一の占領植民地統制を支えてきたシステムだと言うことです。それは露骨に死刑執行というカタチをとらず偽装的に行うことで巧妙に国民と国際社会を騙してきたのです。袴田事件のような悲劇は医療を偽装させたカタチでは5桁多くあります。処刑執行された人は数十万人であり、何十年も収監されている人も現在だけで万単位でいます。
日本の自殺は10万人以上、殺人も10万人以上です。
その根拠の一つがこの動画です。医療殺人の仕組みです。日本が世界一の死刑執行大国であることは偽装されているために気がついていないことです。https://www.youtube.com/watch?v=hodLd...
日本は偽装的に大量の死刑を米国の命令による国策で行っているのです。警察、検察、裁判所、官公庁はCIAの子会社的な組織であり、同じ米国の利益と占領のために密約条約を結んでいます。
それが異様に行政裁判、国賠訴訟を勝たせない理由、99.9%の有罪率そのものであり、これは日本人に強盗殺人をしていると言うことです。
日本の占領植民地統制のためには暗殺統制が根幹になっているため医療を偽装した殺人を国策として病院にも医者にも制度的に差し向けていると言うことです。
つまり、国家にとっての病院は死亡するほどの大量投与をして死亡させてくれることそのものに本当の狙いがあるという逆転の発想に気がつかないといくら厚労省や警察官、検察官、裁判官、官僚などというものをオメデタイ発想で信じていても絶対に日本の闇のカラクリわからないです。裁判所そのものが暗殺統制をコントロールしている黒幕だと言うことです。
たとえ政治犯だけを殺したくてもそれだけを殺したのでは、明らかに目だって意図が見抜かれてしまうため不可能です。
この動画のトリックで言っていることと本質は一緒です。他のものも含めてメチャクチャに壊すことはあるものが壊されている不自然さをカモフラージュするためです。金田一少年の事件簿
https://youtu.be/WHciYXoPP0Y?t=33m54s
普段から大量に一般国民も含めて死亡していれば、それらの大量投与で消したい政治犯が死亡したとしても何ら不自然さは目だちません。
そのためにも常に大量に人が死亡するという環境を病院と偽装して整えておく必要があると言うことです。
国民を医療と称して大量に処刑しているからこそ、その意図がボケてしまい政治犯などを抹殺する意図を気がつかれないようにしていると言うことです。そして多くのジャーナリズムはオメデタイことにまんまとこの思惑にひっかかって医療殺人の本当の意図や構図を見抜いていないどころか、国家機関である裁判所などが黒幕であることに気づいていないで裁判を勧めて被害者たちを泥船に乗せていると言うことです。
精神病院や病院というものは国家に都合の悪いものを捕まえて殺害するための手段として病院も保険診療報酬システムも統制されているのでまったく国民のためなど関係ないと言うことです。
そう考えると北見赤十字病院事件のような大量投薬で同様に大量の死亡事件が起きていることを百も承知で賠償を認めず、行政処分もせず、死亡させる投薬量を維持したい意図が見え見えであることに気がつくはずです。
そして厚労省が数万人も大量死していてもけっして行政処分を下そうとしないことも最高裁事務総局が薬殺死の投薬量を死守するための判決統制をしているのも正体は同じCIAの子会社であり、同じ目的で暗殺統制を維持するという条約を結んでいるからこそ見事に判定や対応が連動するのです。上層の支配者や占領植民地統制代理店業務の創価学会が繋がっているからです。
医療殺人こそが残酷な刑事司法以上に、占領植民地統制を維持してきた土台そのものだからです。
デッチアゲ逮捕や不正な裁判と医療殺人は見事に一本の線に繋がります。別々の減少ではなく、完全に同じ意図で行われているからこそ、日本のCIA警察はけっして医療事件、とくに薬殺事件は動かないと言うことです。上層のその意志が強いからです。
日本の暗殺は露骨に政治犯だけをやってしまうと意図が見抜かれてしまうために大量に一般国民も含めて巻き添えに殺すことで政治犯の抹殺や処刑を独断でしているという意図を見抜かれにくいように薄めてカモフラージュする目的があるのです。
偽装して薄めるための大量巻き添えで結果的に中国や北朝鮮よりも桁外れに多く殺害を繰り返して今も年間何十万人という人を偽装して葬っていると言うことです。
もし、政治犯だけ、特定の人間にだけに不自然な投薬や収監をやっていれば不自然さが際立ち、簡単に目的の意図が見抜かれるからです。
つまり、日本の病院、とくに精神病院や救急病院の本当の第一目的は政治犯強制収容所と国策による死刑執行所であり、世界一の死刑執行大国は日本だったと言うことです。
中国や北朝鮮は露骨に政治犯強制収容所があって執行していますが露骨であれば、あるほどカモフラージュ目的の巻き添えは必要ないのでピンポイントに政治犯だけの収容と執行で済みます。
日本はその目的を偽装するために大量に一般国民も巻き添えにして意図をぼかさなければならないために結果的に北朝鮮や中国よりも桁違いに死刑執行を大量に日常的に行っているのです。それも刑事司法という形を通さない形で別の名目に偽装させることで巧妙に不都合な人間を密かに葬っているのです。
医療や病院こそがデッチアゲ逮捕などに代わる国民統制の手段であり、意図を見抜かれないようにして殺すことが目的なのです。
このことから露骨に特定の人間だけを殺している北朝鮮や中国よりも桁外れに日本は死刑大国だったと言うことです。
刑務所の収監数は6万5千人に対して精神病院の強制入院数は30万人を超えます。精神病院の強制入院の世界は袴田事件や足利事件、飯塚事件のような悲劇より5桁も多いのです。それだけ警察、検察、裁判所、官公庁は国民統制として医療殺人に頼っているからです。
精神病院や医療の問題は病院や医者よりも国策による偽装された政治犯強制収容所と死刑執行の意図です。
日本では年間5万人以上が向精神薬の薬害(国策による薬殺処刑)や精神病院の処置(偽装処刑)で死亡していますが、これらは実態を百も承知で知りつつ、故意に立件もせず、意図的に最高裁判所が暗殺統制体制を維持するために民事裁判などでも病院を勝たせてきます。薬漬け死を認めない背後の本当の意図を見抜かなければなりません。
想像を絶する国策による大量処刑による暗殺統制の悪意があると言うことです。
これは、病院が国策による政治犯強制収容所、処刑場として偽装して病院を利用しているのであって、根本的には悪徳病院というような要素だけではなく、悪徳官僚と米国の占領植民地統制が深く関わっています。
国家が政治犯などを殺すため、その処刑をカモフラージュするために大量に国民を政治犯抹殺のために数万人単位で手当たり次第処刑しているということです。そしてそれは肺炎で亡くなった」などの説明でおかしいと気づいても警察、検察、裁判所、官公庁がブロックして訴えられないようにしているし、それをジャーナリズムも背後の巨悪の意図を追及してこなかったと言うことです。
医療や病院は、暗殺統制の絶好の隠れ蓑のと口実として好都合であり、刑事司法など以上に国民の統制の目的で利用されています。
医療を偽装すればデッチアゲ逮捕や裁判すら通さなくても済むからです。

●病院に大量殺人をやってもらうことが国家にとっての真の狙い
大量に薬を販売したいお金の利権だけの問題とも違います。採算性や市場原理的に言えばすぐに死亡させる大量投与はむしろ収益性としては不利であり、医薬品を大量に高値で売りつけて消費させて儲けるという目的は一挙両得の目的としては副次的だということです。
日本の支配者であるCFR、CIA、警察、検察、裁判所、官公庁は病院に殺人をしてもらうことこそが第一の目的で統制していると言うことです。
この究極の暗部に気がつけば、おかしな現象はあまりにも辻褄のあうことが多すぎます。
このことから警察、検察、裁判所を信じているなどと言うのは最悪のオメリスト(本質が見えていないで国家を無意識に信じている人間)であり、場外戦で世論を団結させ、犯罪集団を抹殺させることこそが正攻法の闘いだと言うことです。
ましてや裁判で決着を付けるなどと言うのは最悪の選択肢であり、裁判こそがモンスターシステムを統制しているパワーアップのカラクリそのものであるからです。北見赤十字病院事件以降、裁判をするほど、ますます死人が増えています。密約条約の結ばれた裁判所で薬殺死論争の裁判をすることじたいがモンスターシステムにガソリンを注ぐ行為だからです。
最高裁判所が睡眠薬に換算して500錠以上の投薬で死亡させた北見赤十字病院事件の投薬で死亡を負けさせるのは、国民を大量に殺傷することでいつでも政治犯や占領植民地統制に邪魔な者を殺すためのシステムを潤滑に稼働させておきたい意図が背後にあるからです。この本質は病院は処刑場として稼働させたい国策であり、医療犯罪の背後にある意図がわからないと泥舟に乗り込むことになります。

実際に衝撃的な映像ですね!ちょっとじっくり見れないのですが、障子を張り付けながら聴きたいと思います!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「文化庁に下駄を預ける」候... | トップ | ★2016年まとめ!メルケル首相... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。