栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2017-2018」

1/13,14の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2018-01-15 09:56:52 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2016)』で栗山求が推奨したルリジオン(牡3歳)が土曜京都2Rの未勝利戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★ジーワンサラブレッドクラブ
父ロードカナロア
母フェイドレスシーン(タニノギムレット)
牡 募集価格:2600万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104132/
阪神4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)と京成杯3歳S(現京王杯2歳S)の勝ち馬シャダイダンサーにさかのぼる牝系ながら、牝系にこれといった活躍馬は見当たらず、現役時代にダートで3勝を挙げた母フェイドレスシーンは「タニノギムレット×バブルガムフェロー」という地味な血統です。ただ、ロードカナロアとの組み合わせは妙味が感じられます。Kingmambo≒ジェイドロバリー3×4というスピードタイプのクロスを持ち、その軽さを母の父タニノギムレットの重厚さがサポートしています。持続力やスタミナを武器とするRoberto系の使い方としては理想的といえます。Kingmambo≒ジェイドロバリーに、サンデーサイレンスとRobertoを加えたパターンは、メイショウマンボ(オークス、秋華賞、エリザベス女王杯)、レッツゴードンキ(桜花賞)と同じ。血統的には地味で、価格も安いのですが、配合的には妙味があります。芝短距離でおもしろい存在となりそうです。(栗山)

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2016)』で望田潤が推奨したドレーク(牡3歳)が土曜中京7Rの未勝利戦(芝2200m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ルーラーシップ
母ディアアドマイヤ(サンデーサイレンス)
牡 募集価格:2500万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104889/
ベッラレイアの甥で、カフナやトウシンモンステラのイトコ。母ディアアドマイヤの産駒はコンスタントに勝ち上がっていますが、特にファルブラヴとの配合はワイルドラズベリーをはじめ3頭とも勝ち馬となっています。カフナとトウシンモンステラの父はキングカメハメハですから、この牝系はFairy King≒Nureyevを持つ種牡馬と相性抜群ですね。母母マリスターは米G1デルマーオークス2着の活躍馬で、Dangerous DameとIndian HempとRuwenzoriを通じるナスペリオン(NasrullahとHyperionの組み合わせ)のクロスを持っており、Fairy Kingの母母でありNureyevの母であるSpecialもナスペリオンなので、ようするにこのマリスターの牝系はナスペリオンのクロスを継続することで成功しているわけです(ベッラレイアの父ナリタトップロードはSpecialの血は引きませんが、父サッカーボーイの母ダイナサッシュがナスペリオン)。父ルーラーシップはキングカメハメハ×エアグルーヴでHornbeam≒パロクサイド6×4・4。NureyevやMill Reefも入り、ナスペリオンの継続クロス譲りの豪快なストライドで人気を博しました。本馬は血統表の3/4、ルーラーシップとマリスターのところでNorthern Dancerとナスペリオンのクロスを重ね、残りの母父サンデーサイレンスのところを1/4異系的に使うという、父系から見ても牝系から見ても整合性のある配合で、その狙いどおりに東京2400をストライドで走るような中距離馬に出たと思います。少なくともトウシンモンステラ以上は期待したい器。(望田)

■土曜中山9R菜の花賞 オハナ(ディープ・望田)
■土曜京都10R新春S エンジェルフェイス(POG・望田)

--------

ルリジオンは必殺のKingmambo≒ジェイドロバリー3×4、しかも母父タニノギムレットのところだけNorthern Dancerが入らない「3/4Northern Dancerクロス」、アーモンドアイやステルヴィオなんかと同じような輪郭で、カナロア産駒としては最もオーソドックスな好形といえます
ジーワンの16年度募集が発表されたときに、「フェイドレスシーンが一番配合がいいと思います!」とらいおん君が言うので、「配合は満点やな。ただ実馬見たら…何というかあんまりカナロアっぽくない馬やね(^ ^;)」
ダ3勝の母のほうに似た馬なんやろうなあ~とは思ったんですが、配合はいいのでピックするか様子見するか迷っていたら栗山さんがピックしてたのでじゃあ任せた(・∀・)





本馬のようにMr.Prospector(母父Nashua)とRoberto(母父Nashua)とNureyev(母母父Nantallah)が出会うと、Nashua≒Nantallahのニアリー継続クロスになり、この北米で成功したNasrullah血脈特有のパワーが表現されやすい
ブライアンズタイムにMr.ProspectorとNureyevが入るとフリオーソ、ゴールドアリュールにRobertoとMr.Prospectorが入るとコパノリッキー、キングカメハメハにRobertoが入るとハタノヴァンクール、こういうダート向きのパワーにも振れやすい配合といえます
ルリジオンの場合は6代母Gal I LoveもNashua≒Nantallahとニアリーな血なので、なおのこと母のダート適性がONになったというべきでしょう
だから日曜のボツ予想でも書いたようにこのダート替りは頭から狙えましたが、あの脚捌きをみるとダートなら母以上の活躍も期待できるのではないかと







Specialという血は「ナスペリオン的斬れ」「Forli的Fair Trial的機動力粘着力」「Nantallah的パワー」を兼備している名血で、オールラウンドだからこそ配合次第でいろんな顔を伝える血です
キングカメハメハが万能なのはKingmamboが万能だからで、Kingmamboが万能なのはNureyevが万能だからで、Nureyevが万能なのはSpecialが万能だから

だから父がキングカメハメハ×エアグルーヴのドレークや、母がキングカメハメハ×トニービンのオハナは、Specialのナスペリオン的要素を受け継ぎやすく芝大箱向きになりやすい配合といえます
ドレークをお持ちのDeepcompactさんから「2戦目は京都内2000になりそう」と聞いたときは取りこぼしを覚悟したし、オハナも元値の違いで差し切ったものの中山だと4角であまり加速していないのでやっぱり東京1800ベストやなと





上のようにマリスターにはDangerous DameにIndian Hempと二つのナスペリオンが入るので、キンカメ×マリスターでストライドで走る中距離馬がもれなく出るのはナスペリオンの継続クロスで説明できます
ドレークとトウシンモンステラは「3/4Northern Dancerクロス」かつ「NureyevとMill ReefとHornbeamとDangerous DameとIndian Hempを通じるナスペリオンのクロス(ドレークの場合はパロクサイドも)」、似たようなストライドで走る中距離馬に出たのは想定どおりで、こちらはひとまずモンステラ超えを期待(・∀・)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日曜のボツ予想~ヘニーヒューズ戦争を制するのは

2018-01-14 10:25:40 | 血統予想

こないだシークエルが新馬勝ちしたので、フレンチデピュティの血を引くノルマン馬は、ブラゾンドゥリス(現役黒船賞)、ルールソヴァール(現役JRA6勝)、エーデルメイシュ(現3勝)、オルレアンローズ(現3勝)、シュヴァリエ(3勝)、キャラメルフレンチ(現1勝)、グレイスフルワード(1勝)、シークエル(現1勝)、ピッツネイル(交4勝)、グランティエラ(未勝利)、グロリアスヴァレー(未勝利)、前にも書いたようにここはフレンチデピュティ的力馬を育て上げるのが上手い
京都4にはピック馬ジャスパーゲラン(父フレンチデピュティ)が出てきますが、これもダート上級で長く稼いでくれそうな、それぐらいの手応えがあるレースを見せてほしいです(・∀・)ノルマン3歳勢も少しずつエンジンかかってきたのでね





ごぎょうは中京ダ1200でヘニーヒューズ戦争の様相ですが、母系にDeputy MinisterとRubianoが入る◎バイラがダートの配合としては最も高得点かな…叩き上げで差しに回って味があるのもいいですね

京都最終は◎ブラックプラチナム、ずっとオープン級だと書いてきたし、母系にRobertoが入るステゴ産駒なら内回りを捲れるはず
ヴィクトりーやリンカーンの下でディープ産駒にしては斬れ味は並だけど内回りで時計がかかれば捲れる○トルストイと、タイムフライヤーやグレイルと同じく母系にRobertoが入るハーツクライ産駒で内回りで先行したときは④④③①の☆レントラーをヒモ穴に



他のレースはこれから考えますが、NETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」と競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」では京成杯と日経新春杯と紅梅Sを予想していますので、日曜もよろしくお願いします

コメント (74)
この記事をはてなブックマークに追加

土曜のボツ予想~Special+トニービン+Mill Reefのナスペリ斬れ

2018-01-13 09:51:58 | 血統予想

京都2は◎ルリジオン
必殺のKingmambo×ジェイドロバリー3×4にRobertoが絡む機動力&パワーの配合
走りをみるとカナロア産駒らしいしなやかさやバネには少し欠けるところがあり、ダート3勝の母フェイドレスシーンが強いとみれば初ダで狙ってみたい…のですが2人気ですか(^ ^;)





菜の花は◎オハナはハウオリ(キングカメハメハ×トニービン)の娘なので東京1800でしょうが、プリモシーンのように元値の高さで勝ちきってほしい…中山マイルなら相手本線は○レッドシャーロット

北大路は◎イストワールファム、ローエングリン×ネオユニヴァースでクロスがHalo4×4とSadler's Wells=Fairy King4×4となるとロゴタイプ的なイメージですが、父はMill Reef5×3でもありそこにトニービンまで入るとナスペリオン的斬れのほうがONになるのは順当
前走は上がり特化すぎて詰めるのが精一杯でしたがホウオウパフュームには伸び勝ったし、差しがきく大箱1800ならばインヘリットデールをナデ斬った前々走の再現を期待できる





中京7は一口ピックの◎ドレーク
デビュー戦はトラインには完敗でしたが配合どおりのナスペリオン的ストライド(Nureyev,トニービン,Mill Reef,Dangerous Dame,Indian Hemp)で確り伸びていました
父キングカメハメハのカフナやトウシンモンステラと3/4同血の間柄になるので、距離延長もプラスやと思うのでね

しかしルリジオンとオハナとイストワールファムとドレークの血統表をみると、Specialという血は万能であるがゆえに、ナスペリオン的斬れもForli的粘着力機動力もNantallah≒Nashua的パワーも配合次第で表現できるのだ、ということを改めて実感できます
キングカメハメハが万能なのはKingmamboが万能だからで、Kingmamboが万能なのはNureyevが万能だからで、Nureyevが万能なのはSpecialが万能だから



競馬道OnLine「今週のBLOOD穴ライズ!」とNETKEIBA「厳選予想 ウマい馬券」では愛知杯と淀短距離Sと京都6Rを予想していますので、今週もよろしくお願いします

コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加

「3歳勝ち馬評価」1/6~8ぶんを更新&雑感

2018-01-11 11:44:18 | 血統予想

先ほど「望田潤の3歳勝ち馬評価」1/6~8ぶんを2頭更新しました
「エリモトゥデイ大喜利」予想どおり盛況ですが、来週頭ぐらいまで受け付けますので、何か思いついたら書き込んでくださいm(_ _)m


◆柔らかく穏やかなカナロア

アーモンドアイは出遅れ最後方、あの超スローでも折り合いバッチリで、4角では戸崎が少しうながすぐらいでしたが、直線半ばからの脚が一頭だけ違ってました
スティルヴィオもそうですが、カナロア産駒って意外にマイル戦でも4角でうなってないんですよね
あの差し方はあまりマイラー然としないというか、たとえばジャスタウェイがアーリントンを豪快に差し切ってしまったような絵で、たぶんアーモンドアイもステルヴィオもチャキチャキのマイラーというよりは大箱1800なんやろうなと、東京1800ならもっと中団からきれいに差せるんやろうなと思いますね





体質が柔らかくて性格が穏やかで、だからスプリンターはあまり出ず大箱の1600~1800mに良績、という新種牡馬ロードカナロアの傾向も大まかに見えてきました
アーモンドアイもステルヴィオも「3/4Northern Dancerクロスかつヌレサドのクロス」というカナロア産駒としては最もオーソドックスな好形で、オーソドックスな好形で代表産駒級が出るというのは種牡馬として大事なことです


◆Caerleonで下る、トニービンで上る

「Sir Gaylord≒Secretariat、Tom Fool、Princely Gift、Round Table、ここらは前駆を上手く使って京都をスムーズに下ってこれる血と言っていいでしょうね~」(望田bot)
京都金杯のブラックムーン(母父父Caerleon)、シンザン記念のツヅミモン(母母父Caerleon)、そして万葉Sのトミケンスラーヴァ(父の母父Caerleon)とリッジマン(母父Caerleon)、京都の3日間開催のメインはいずれも芝外回りコースで行われ、いずれもCaerleonの血を引く馬が激走しました



TARGETによると「血統表の3代目までにCaerleonの血を持つ馬」の芝競馬場別成績(2013年~)は以下のとおりで、主要4場では京都芝外が勝率7.3%も連対率15.5%も単回値90も複回値79も最も高い
京都芝外[39-39-34-392]連対率15.5%
阪神芝外[26-38-20-335]連対率15.3%
阪神芝内[33-28-26-344]連対率14.2%
東京芝[67-62-51-752]連対率13.8%
京都芝内[31-30-40-406]連対率12.0%
中山芝[38-42-52-556]連対率11.6%





Caerleonの母父Round Tableってのもわりと前で走る血で、京都外回りの鬼といえばオールドファンならオースミロッチ(京都大賞典,京都記念)、ちょっとオールドファンなら京都外回りで家をタテヤマ(京都新聞杯,デイリー杯,菊2着,京都大賞典2着)とかね
最近ではなんやろう、ダノンシャークはたしかに京都外マイルがベストコースやったかな、カレンミロティックも母がA.P.Indy×Caerleonで姉にヒカルアマランサス、ハーツクライにしては京都を下るのは巧いほうですよね



万葉は長距離戦なのにタイキシャトル産駒とスウェプトオーヴァーボード産駒で決まったのが話題になってましたが、それよりも「ハーツクライ産駒(プロレタリアト)がスタミナで好走するも3着まで」という、この絵がもう春天や菊と同じやなあ…と
下りで惰性がつくCaerleonの前輪駆動(ナスキロ)、そこでモタつくトニービンの後輪駆動(ナスペリオン)、京都長丁場の日常的な絵面です

ブラックムーンの追い込みも見事でしたが、直線一気というよりは下りからの勢いがもう凄くて、勢いをつけさせるユタカもさすがなんですが、クルーガーの浜中が「4角で動けなかった…」と悔やんでいたのとは対照的でした(ゴール前の脚色はクルーガーのほうが良かった)

日曜京都最終の京都外マイル戦で1人気4着だったテラノヴァは、いつも堅実でいつも人気ですがいつも少し甘く、中でも京都外でよく裏切るのは母父トニービンらしい
これで京都芝外は7回走って[1-1-1-4](人気は[6-1-0-0])、京都以外では[1-5-1-5](人気は[4-5-0-3])となりました

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「一口好配合ピック」ノルマンディー(二次)から計2頭ピック

2018-01-10 09:53:40 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2017~18)」ですが、本日ノルマンディーオーナーズクラブ(二次募集)から栗山が1頭ピックしました
この馬は望田もピックしているのでダブル推奨になり、ノルマンディー(二次)からは計2頭のピックとなります
http://miesque.com/c0044.html
現在キャロット(16)、シルク(11)、ジーワン(8)、東サラ(7)、ノルマンディー(5)、ラフィアン(5)、ロード(4)、ウイン(3)、ユニオン(3)、ワラウカド(2)、ニューワールド(1)からピックしています

--------

レイクヴィラ鍋の前に社台スタリオンにお邪魔してドレフォン見せてもらいましたが、Storm CatにDeputy MinisterにRelaunchですからヘニーヒューズ的ポジションの種馬かなあ~という第一印象やったんですが、実馬はもっと柔くて前捌きなんか滑らかで、もっと芝っぽい体質や歩きに見えましたね



牝祖Bitty Girlはホットスパーク(Habitat系のスプリンターでロドリゴデトリアーノの母父)の全姉にあたり、ロドリゴデトリアーノがエリモエクセルやスーパーホーネットを出したような、ああいうナスキロ柔さ、Habitat的な前の良さを感じさせる身のこなしでした(Bitty GirlはHabitat×Princely Giftですから超前輪駆動血統といえます)
望田「なるほど、これはヘニーヒューズというよりモーニンかなあ…」
徳武さん「ディープ牝馬に付けたら芝マイルになりそうなイメージ」
父のGio Pontiも芝馬だったし、1400~1600m中心に広角に打ち分ける種牡馬じゃないかと思いますね



単にダ短距離馬狙いというオーダーならばヘニーヒューズのほうがやりやすいというか、ドレフォンは配合次第でいろいろ出そうなんで、ディープ肌なら芝1600かなとか、フジキセキ肌ならダ1400かなとか、配合をよく吟味しないと…という種牡馬じゃないかと思いました
スタンダードな産駒は東京ダ重1400~1600を速い時計でフワッと押し切るイメージかな、それモーニンやんけ!と突っ込まれればそのとおりなんですが(^ ^;)、モーニンはこないだの阪急杯でも最後いい脚使ってましたからね

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加