栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2017-2018」

「Hyperion的」ということ

2009-04-30 10:48:57 | 血統予想

春天にはジャガーメイル、ヒカルカザブエと2頭のジャングルポケット産駒が出てくるが、わりと父似で(父を少しサンデー柔くした感じ)東京をナタの斬れで追い込むジャガーメイルに対し、ヒカルカザブエは斬れるというより粘りや頑張りで走る感じで、これは血統表のあちこちに凝縮されたHyperion(とSon-in-Law)のクロスの影響だろう
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2005102454/

トニービンはHyperion5×3・5
NureyevはHyperion4×4
Skillful JoyはStardust4×4,Hyperion5×5・5
ジャングルポケットはHyperion4・6・6×6・6・7・7・7・8

これだけHyperionに偏った配合をしていると、産駒の代では少し配合の方向を変えたくなるが、ヒカルカザブエの場合は4代母Tudor GwenがTudor Minstrel≒Abernant2×3で、サンデーの祖母Mountain FlowerはHyperion3×4で、Kautokeinoの母CranberryはHyperion2×4と母からもHyperionの凝縮を受けており、全体に「HyperionとSon-in-Law」の組み合わせで塗り固めた配合になっている

一方でArgumentやヴァイスリーガルに入るフランスやカナダの異系血脈が、Hyperionが過剰なことの弊害を軽減しているといえるわけだが、いずれにしてもHyperion的な粘りや頑張りが伝わりやすい配合であることはたしかだろう

日経新春杯は後ろから行きすぎて凡走したが、阪神大賞典は早めに抜け出して直線でアサクサキングスと併せ馬になったのがよく、ああいう形になると「抜かせない」頑張りを見せるのがHyperionの真骨頂だ。スタミナは豊富だし、秋山が前走のような競馬でくるなら、G1でも相手なりに走れそうな魅力はある

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

実家の晩ごはん

2009-04-29 21:02:18 | グルメ
いかにも京都の晩飯やなあ~と思ったのでアップしてみました
ウドのきんぴらと酢味噌あえがしみじみ美味いです…

これから追い切り見て春天と青葉を少し詰めようかと
なんか思いついたら書きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「キルフェボン」のクリームチーズのタルト

2009-04-28 13:12:52 | グルメ
東京中心に10店舗を構える有名店で、京都は木屋町三条の川沿いにあります
いわゆる行列店ですが、中途半な時間帯だったからか10分待ちで入れました
私は美味いフルーツはそれだけで食いたい人間なので、トッピングなしのシンプルなクリームチーズのタルト
奥は「季節のフルーツ」「いちご」
流行りのクリームチーズ濃厚系ですが、甘さ控えめで上品な味で、これはお世辞抜きにめちゃめちゃ美味いです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネオユニヴァース産駒(3)

2009-04-28 13:00:34 | 血統予想

アイアムネオは好位のインで流れに乗って追い出されたもののゴール前の脚色は上位3頭に見劣り、ミクロコスモスは後方で折り合いを欠き気味で4角外を回らされたこともあってサッパリ伸びず。やはり東京芝良のネオユニは過信禁物…という気がしますです

ちなみに先週終了時での、ネオユニ産駒の中山芝と東京芝の成績は
中山芝(12.12.7.46)勝率15.6%,連対率31.2%
東京芝(5.7.4.33)勝率10.2%,連対率24.5%

さらに新馬戦と未勝利戦のデータを除くと
中山芝(5.3.2.13)勝率21.7%,連対率34.8%
東京芝(0.3.2.12)勝率0.0%,連対率17.6%

「ネオユニヴァース産駒」
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/59ffc3a359770697107df27d6a4368fd
「ネオユニヴァース産駒(2)」
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/b50c8a855a51c6e4425843f81f523414

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都Bグル(3)

2009-04-27 20:49:37 | グルメ
錦市場「カリカリ博士」のネギたこ焼き(250円)
滋賀県を本拠として展開しているチェーン店で、京都はこの錦市場店のみ
「ジャンボたこ焼き」が6個180円、ネギをトッピングした「ジャンボネギたこ焼き」が6個250円
甘めのソースで、外カリ中トロで、ふつうに美味いです
まあこの値段ならCP高いのではないかと
一緒に食った人間は「タコが入ってないのが2つもあった!」と少しおかんむりでしたが(^ ^;)
錦市場に買い物に来たついでに、ちょっと寄っていくのにいい店です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都Bグル(2)

2009-04-27 20:44:42 | グルメ
「阪急うどん」炊き込みご飯定食(500円)
東京に引っ越したときに立ち食い蕎麦の美味さに感心したもんですが、こっちはやっぱり立ち食いうどんのレベルが高いです
20数年前、学校をさぼってしまった所持金1000円前後の高校生3人組の一日は、公園でゴムボールとプラスチックのバットで3角ベースを疲れきるまでやって、腹が減ったら阪急うどんが定番でした
食ってみると「ああ変わらんなあ~こんな味やったなあ~」という感想で終わりなんですが、でも帰省したときは必ず食ってしまうBグルの一つです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◎エオリアンハープでいこうと思っていたわけですが…

2009-04-26 08:15:45 | 血統予想
ネオユニ2騎は先に書いたように中山1800mなら◎でいいと思うが、今回は東京の斬れ勝負でどうなのかという問題をジックリ見てみたい

ディアジーナはリマンドとハンターコムを通じてFair TrialやChanteurなどの組み合わせのクロスを持つので、わりとハンターコムのマイラー適性を強く受け継いでいる。フラワーCは負けて強しの2着だったし、牝馬相手なら2000mも守備範囲だろうが、東京2000mよりは中山1800mがベターなことはたしかだ

ハシッテホシーノは母にNasrullah血脈が豊富で、細身で柔らかなストライドで走る。タキオン牝馬にしては距離がもつタイプだし、道悪が残れば有力だが、乾いてしまうと上がり11秒台でズバッと斬れる馬には見えない

ピースエンブレムはブラックエンブレムの全妹でOur Emblem≒ヘクター2×2のニアリークロスが凄いが、ウォーエンブレム産駒はパワーと粘りで走るので直線の長いコースはあまり得意ではない

エオリアンハープの母エアウイングスは阪神牝特とスイートピーSに勝った。キンカメとの配合はNijinskyとナスキロのクロスになり、脚長で柔らかみのあるストライド走法はいかにも東京向き。出られれば穴だとあたためていたが、神経質な性格で馬体が戻ってこないようなので、迷った末に▲としました…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラハウスの硬肉は、Nasrullahで柔らかくなるまで煮込みたい

2009-04-25 07:57:48 | 血統予想
オペラハウスはスタミナとパワーに富むが、High Topの体の硬さを伝えるのが(日本の軽い芝においては)弱点で、だから相手牝馬からNasrullah的な柔らかさを補う配合が成功する。オペラオーの母はRed God≒Drone2×3で祖母はナスキロクロス、サムソンの祖母はPrincely GiftとGrey Sovereignを通じるNasrullah3×4だった
http://db.netkeiba.com/horse/ped/1996100292/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2003102205/

そしてオペラオーもサムソンも東京の大レースを勝ったし、オペラシチーもアクティブバイオもヤマトマリオンも東京芝の重賞を勝ったように、代表産駒級は(母から柔らかさを補っているからこそ)直線長いコースの斬れ勝負にもソコソコ対応する

オーストラリアTに出走するマストビートゥルーの場合は、祖母モンテマリア(孫にダンツフレーム)がBride Erect≒マリアドロ2×2で、母ホッポウマリアはGallant Man≒ネヴァービートのニアリークロス(バクシンオーの柔らかなスピードの源)でそれを継続累進しており、このクロスの影響でオペラハウスらしからぬ柔らかなストライド走法で走る(Big Gameは母の父がTetratemaなので、Blandford系では最も日本向きの柔らかさがある血だ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2003102191/
大阪杯は強敵相手の瞬発力勝負で凡走したが、前々走を見ても内回りより外回りがベターなタイプには違いない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ノーサイド」のハンバーグ

2009-04-24 13:58:14 | グルメ
河原町五条下る「ノーサイド」
昔ながらの普通の洋食屋さんです
知り合いがここのハンバーグがオススメだと言っていたのでランチを食べに
写真はトンカツとの「ペアーランチ」800円
ハンバーグも昔ながらのシッカリ焼いた系ですが、肉がいいのかつなぎにひと工夫あるのか、聞いていたとおり、柔らかくて全く粉っぽくないです
店内は近くのサラリーマンで賑わってましたが、昼飯にしっかり肉系食いたい人にはいい店でしょうね~

その後は清水寺に足を伸ばしましたが、感想は特になしということで(^ ^;)
七味家の七味と山椒の詰め合わせを買って帰りました
ベタですが外さない京都土産の一つですな

では明日の予想に取りかかります
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネオユニヴァース産駒(2)

2009-04-23 02:19:39 | 血統予想

皐月賞ではネオユニ産駒を◎○にして、「ネオユニとケンカするのは今回じゃなくてもいいでしょう」と書いたわけですが、それはネオユニヴァースの配合や血脈構成、そして現役時のレースぶりからして、東京で鋭く斬れるというよりは中山で捲る・粘るという脚質の産駒が出やすいだろう、というイメージがまずあったからで、今年のクラシック路線は牡も牝もネオユニ産駒に注目が集まるだろうから、大雑把に言って中山で買って東京で消し、というような呼吸である程度決め打ってみようかなあ…と、まあそんなことを考えているわけです
「ネオユニヴァース産駒」
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/59ffc3a359770697107df27d6a4368fd

フローラSにはアイアムネオ、ミクロコスモスと実績も能力も確かなネオユニ産駒が出てきますが、とりあえず2頭のここでのレースぶりが、ダービー戦線でのネオユニ産駒の取り扱いにも大いに参考になるのではないかと

アイアムネオは配合も血脈構成も文句なしのA級だし、ミクロコスモスも祖母にあるArchimillionnareはFanfreluche≒Coqueluche2×1のニアリークロスは凄いの一語。ともに前走は道悪や距離不足で不完全燃焼に終わっただけに、ここは権利取りに力が入るところでしょうが、とりあえず東京の良ではアンチに回ることにしているので、◎は他の馬でいきます(^ ^;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加