富士S雑感でも…

2011-10-26 09:57:11 | 血統予想

けっきょく京都帰省→東京経由で帰札という日程にして、エリ女とマイルとJC観てきます~(・∀・)

道悪の鬼アポロン
エイシンアポロンは道悪が鬼なので、それだけで◎でいく手も考えましたが…
RobertoとSpecial-Nureyev,Sadler's Wells,Fairy Kingの組み合わせは、エスポワールシチー,ヴィクトリー,ブラックホーク,ブルーコンコルド,スリープレスナイト,オーロマイスター,マイネルチャールズ(マイネルアワグラス,マイネヌーヴェル),ロックドゥカンブ,トウカイトリック,テイエムアンコール,アンドゥオール,ランフォルセ,フィフスペトル,コスモヘレノス,クーヴェルチュール,オウケンサクラ,ルルパンブルー,シンコウカリド,キングストリート,ガンダーラ,アドマイヤメジャー,レディルージュ,エリモピュア,カウアイレーン,シベリアンホーク,スプリングサンダーなどなど、互いのパワーの要素を引き出す働きをするので急坂小回り向きで道悪巧者やダートの鬼がよく出る組み合わせだということはよく書いてきましたが、エイシンアポロンが最高パフォーマンスを叩き出すのはおそらく道悪の中山記念ではないかと思っとります

ムチムチ好馬体
アプリコちゃんは馬体がムチムチしてきてだいぶエエ女になってきましたね~(・∀・)
1600mでも前半ちょっと噛んで走ってるし、来春のヴィクトリアマイルもにらんでしばらくはマイル路線を歩むことになるんでしょうが、この馬が本当に本格化するのは中距離で折り合って先行できるようになったときでしょう

Nureyev的持続力
ゴールスキーはNureyev的な持続力に長けたマイラーで、今日もジワジワきてはいるんですが直線で速い脚を使うところは一度もなかったですね~
昨秋のマイルCS3着が好内容だったのでそれからずっと人気先行みたいなことになってますが、マイルG1でもあんな超Hペースの持続戦になることはなかなかないわけで、ジョーカプチーノみたいなスプリンターにビュンビュン行ってもらわないと、この馬の持続力が100%活きる舞台はなかなか整わないのかなあ…とも

Aureole魂
ブリッツェンはブエナビスタと同じマルゼンスキー≒Caerleon3×2(+ラストタイクーン)ですが、Aureole5×6でもあるので逃げられるときは逃げるべきだと書いてきたし、実際逃げたときは[2.1.0.0]なのですが、富士Sのレース後の善臣センセのコメントを読むと「安藤さんが行くと思っていたから、その後ろにつけて折り合いはついた」と、なかなか眠たいことをおっしゃってます(^ ^;)
函館でも逃げる気をまったく見せずに番手抜け出しで2着ばかりで、前の馬を抜こうとする意志があまりない馬だということは外野から見ててもわかるんですが、番手で折り合って着を拾うというのは関係者各位には最も納得される騎乗なんでしょうねえ…

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルドルフもテイオーもファビ... | トップ | Graustarkをフランス血脈で柔... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど~ (やっぱり函館)
2011-10-26 17:50:10
とても興味深いお話です。
ブリッツェンに関しては、どうなんでしょうね?
あくまでも家庭の上での質問ですが、例えば、一度思いっきり逃げると他のどんな逃げ馬よりも消耗が激しくて、勝つことだけを考えれば逃げさせたいが、それだと1勝するごとに5回酷いまでの凡走をしてしまうとか、脚元が・・・とか、そういう他の要因があって結果的に安全運転になってしまっていて、だからこそセンセイが騎乗することになったとか、そういう可能性は考えられるんでしょうか?
Unknown (MJ)
2011-10-26 18:05:56
わかりません(^ ^;)
私にわかっていることは、Aureoleのクロス馬にはメジロパーマーやスマートファルコンのような逃げの名馬がおり、またクロスしなくてもAureoleの血を引く馬は逃げたときに強いことが多く、ブリッツェンはこれまで逃げたときは①①②着で②着もハナ差だったということだけです
ありがとうございます (やっぱり函館)
2011-10-26 18:21:17
家庭→仮定
字を間違えましたm(__)m

確かに、せっかくオリオールの持ち味を得て産まれているのなら、その持ち味を生かして勝ってて欲しいところではありますよね~
Unknown (Unknown)
2011-10-26 20:35:13
秋天を前にこんなに馬場が荒れた府中は近年無かったはずです。ブリッツェンは「持ってない」馬だという事でしょう。
Unknown (MJ)
2011-10-26 21:12:20
ま~たしかにあの日の馬場は逃げ切るには難しいところはありましたが、直線で追い出しても前のレインボーペガサスを交わそうとしないのを見ていると、なんかちょっと不憫で…

コメントを投稿

血統予想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。