第22回秋華賞回顧~ついにハービンジャー、今年もHaloクロス

2017-10-15 16:52:07 | 血統予想

京都11R 秋華賞
◎15.ヴゼットジョリー
○14.ディアドラ
▲1.アエロリット
△16.ファンディーナ
勝てばアッサリなのはアエロリットとファンディーナだろう。昨年はヘイロー3×4・5のヴィブロスが勝ち、父(ヴィクトワールピサ)がヘイロー3×4のパールコードが2着。京都内回りらしい決着だった。ファンディーナはヘイロー3×5でフラワーCの勝ち方なんかは女ヴィクトワールピサという凄味があったが、果たしてひと叩きで春の輝きを取り戻せるかどうか。アエロはパワー抜群なので馬場が渋るのはプラス。
ディアドラは皐月2着ペルシアンナイトと配合の輪郭(ハービンジャー産駒で母系にサンデーとヌレイエフとニジンスキーとオリオール)が似る。こちらはソニンクの牝系で母はヘイロー3×4。内回り小回りを捲り差せる機動力を持ち合わせているし、渋った馬場もこなすから、連軸はこれでいいのかもしれない。
馬券的に狙ってみたいのはヴゼットジョリーだ。ローエングリン×サンデーサイレンスでヘイロー4×3というのはロゴタイプと同じ。ヘイロー的な脚捌きからも内回り向きの機動力はあるタイプだろう。母母父ソーマレズはスタミナ溢れる血の凱旋門賞馬で、母フレンチビキニもその全姉フレンチアイディアも中距離で勝ち鞍がある。馬体を見てもマイラー然とは映らず、この距離延長と内回り替わりでベストパフォーマンスを叩き出す可能性は多分にあるとみた。

--------

ディアドラについては、紫苑Sの予想コメントからまず再掲します

<ディアドラは現場で見た矢車賞のパドックが圧巻で、予想では他の馬を◎にしていたのだがこの馬に勝たれると観念したほど馬っぷりは抜けていた。これはオークスでも印を回そうとそのときに決めたほどだ。紫苑Sはエアレーションがきいている中山開幕週なので外差しが決まりやすいし、前走のような競馬ならまず勝ち負けだろう。母ライツェントは名繁殖ソニンクの娘で、スペシャルウィーク牝馬も繁殖として優秀だから、オデュッセウスやディラドラぐらいの馬は毎年産んで不思議ない>

1歳の半妹(父エンパイアメーカー)はキャロットクラブで募集されてますが(もちろん既に満口)、それをピックしたときのコメントも再掲

<この馬は血統配合は◎で最初からリスト入りしていたのですが、実馬を見るとあまりにもエンパイアメーカーっぽくてダートで二つぐらい勝てそうかな…ぐらいの第一印象で、それほど人気にもならないだろうと様子見候補だったのです。しかし私の周りの馬見できる人が揃って体幹が強いと褒めるので、何度もDVDを見返すとたしかに動きにブレがなくてエンパイアメーカー産駒らしい芯の強さを感じます。これならダ1800mで募集価格は回収できそうだし、活躍馬頻出ソニンクの牝系にエンパイアメーカー×スペシャルウィーク×Machiavellianと「優秀な母父を持つ優秀な母父」が代々配されてきて、とにかく繁殖として非常に魅力的な血統。アワブラッドらしい推奨として追加ピックすることにしました>

そして金曜のエントリ「うなるステラマドリッド」では

<ディアデラとペルシアンナイトってなかなか配合似てるんですね(両者の母を組み合わせてますが、父ハービンジャーと、母系にサンデーサイレンス、Nureyev、Nijinsky、そしてAureoleが共通)。なるほどディアデラは“Haloましましペルシアンナイト”ってところですかね>

けっきょく今年もHaloクロスという結末やったわけですが、3~4角で最内をスルスル押し上げて直線抜け出してくるときの機動力とコーナリングはまさに“Haloましましペルシアンナイト”、まさにHalo的で、あそこを捌いたルメールも見事ですがHaloだからこそ捌ける





ついにハービンジャー産駒がG1制覇ということになりましたが、ディアドラもモズカッチャンもペルシアンナイトも、G1で馬券に絡んだハービンジャーはみんな母系にNureyevを持っており(そのあたりについては下記エントリ「ハービンジャーとDansiliが…」を参照)、ディアドラの場合は母がNorthern Dancerのクロスが薄い(4×5)のもハービンジャー産駒としてはほめられると思います

ハービンジャーとDansiliがナスペリオン的に斬れる理由
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/7ee3062dfc82b5ee11f67c822003c635

リスグラシューについては“女ローズキングダム”と評してきて、細身で小柄でMill Reef的な斬れで差す大箱向きの中距離馬だと書いてきました

だから内回りのここは印を落としたんですが、ユタカは早めに外に出して、ストライドロスだけは避けるという乗り方で長く脚を使わせたのはさすがで、しかしハーツクライは京都のG1ではどうしても、どう乗っても2着になってしまう

モズカッチャンはNorthern Dancerのクロスがうるさい配合なのでわりと完成が早いタイプとみて、オークスでのディアドラとの着順は入れ替わるだろうという読みやったんですが、終わってみればオークス2,4,5着の叩き合いでしたね(1,3着は不出走)

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜のボツ予想~1400にズレた馬 | トップ | 10/14,15の血統屋コンテンツ... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (グラナダ)
2017-10-15 17:20:31
MJさんピックのおかげでG1馬の半妹へ出資ができました。
多少なりとも箔が付いたと思うので繁殖入りした際にノーザンFに残れる可能性が高まったかなぁ~
Unknown (Unknown)
2017-10-15 21:32:59
この先、リスグラシューのベスト条件なGIとなるとエリザベスとかになるんすかね~
個人的には秋の天皇賞で見たかったかも~


Unknown (MJ)
2017-10-15 22:55:00
リスグラのMill Reef的ナタ斬れは大箱向きというだけじゃなく、上がりがある程度かかってこそ映える…というのが私の考えです
今回はゴール前が12.4でしたが、単純に対ソウルスターリングでみても、桜花賞>JF>チューリップ>オークスと、ゴール前の上がりがかかってるときほど接近(桜花賞だけは逆転)してるんですよね
昔のオークスはこういう斬れ味がよく届いたんですが、最近はオークスが一番上がりが速くなることも多いので(^ ^;)
Unknown (MJ)
2017-10-15 23:00:16
それとやっぱりハーツクライだけに「後ろで走る」ところはあるので、稍重Hペースのヴィクトリアのほうがチャンスはあるのかもですね
Unknown (Unknown)
2017-10-15 23:14:37
>昔のオークスはこういう斬れ味がよく届いたんです
ミルジョージ産駒のエイシンサニーのオークスとかそんな感じかな
桜花賞を勝った才媛がオークスで抜け出したところを交わしてく感じかな~

ある程度流れてくれるなら府中のマイルでいけるのかな


Unknown (MJ)
2017-10-16 11:45:22
シンハライトもMill Reef持ちの小さな牝馬でしたが、あれはわりとHaloっぽい俊敏さで差してるので、Mill Reefっぽい差しというとサンテミリオンが最後かなあ…(あのときも雨降ってましたが)
Unknown (メテオ)
2017-10-16 11:58:03
有馬でルメールで先行…ないか(^_^;)

コメントを投稿

血統予想」カテゴリの最新記事