7/29,30の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2017-07-31 09:58:10 | 共有クラブ

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2015)』で望田潤が推奨したインヘリットデール(牝3歳)が日曜新潟2Rの未勝利戦(芝2000m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ルーラーシップ
母フサイチエアデール(サンデーサイレンス)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014106099/
牝 募集価格:2200万円
母は重賞4勝で桜花賞とエリザベス女王杯で2着。母母ラスティックベルはRaise a Native2×3とNasrullah≒Royal Charger4×3、そこにアウトブリードのサンデーサイレンスがかけられ、そこにNorthern DancerとHornbeam≒パロクサイドのクロスを持つルーラーシップがかけられ、自身はMr.Prospector4×3。非常にオーソドックスですが、緊張と緩和のリズム、欧血と米血のバランス、この両方に優れた配合ですね。ルーラーシップは3代父Mr.Prospectorのところ以外はほぼ欧血中心の血脈構成ですから、サンデーサイレンスをはじめとする米血の強い牝馬との配合にも向いています。フレンチデピュティ・クロフネ親子との交配が多かったフサイチエアデールですが、それとは違った方向の配合で新味が出る可能性は十分あるでしょう。しなやかな中距離馬で、追っての味ならばライラプスやフサイチリシャールより上かも。(望田)

■『ディープインパクト好配合リスト(2016)』で栗山求が推奨したヤマニンペダラーダ(牡3歳)が日曜札幌4Rの未勝利戦(芝1500m)を勝ち上がりました。

○ヤマニンペダラーダ(牡・母ヤマニンエマイユ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014100555/
母はフィリーズレビュー5着馬。母方にダンシングブレーヴが入るディープ産駒は成功しており、とくに「ディープ×ホワイトマズル」はスマートレイアー(重賞3勝)、ミッキーグローリー(現3歳OP)などが出ている。「父ディープ、2代母の父トニービン」というパターンもハープスターを筆頭に成功しており、15頭中13頭が勝ち上がり芝連対率は42.5%と驚異的な成績。また、母に Danzig を経由した Northern Dancer のクロスを持つパターンもいい。半兄ヤマニンマンドールはシンザン記念7着馬。高い素質を秘めていると思われる。(栗山)

■土曜小倉6R500万下 タガノヴェローナ(POG・望田)
■日曜札幌11RクイーンS2着 トーセンビクトリー(POG・望田)

--------

これでシルクでピックしたルーラーシップの初年度産駒はインヘリットデール、カラル、ビートマッチと3頭とも勝ち上がり、というよりこの世代のピックはウィッシュノート、クインアマランサス、クロスアミュレット、ゼアブラヴと8頭中7頭が勝ち上がり
残るウォースパイトも未勝利を勝てる力はあるんですが、何かイヤなことがあるとレースを投げてしまうようで前走はドカ負け食らってました…



ルーラーシップ三銃士では、Kingmambo≒ジェイドロバリー3×3のビートマッチが最も機動力に富み、ダイナカール≒アンデスレディー3×2のカラルが最もジリ脚持続型、インヘリットデールはその中間でオールラウンドで何でもできるけど2着が多かったというところで、この3頭にはいろいろ勉強させてもらってます

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜のボツ予想~ナスペリオ... | トップ | 「一口好配合ピック」東サラ... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ノーマン)
2017-07-31 11:28:31
ルーラーシップ産駒3頭のうち、ビートマッチのみ満口にならずに出資できて、現時点では結果オーライです。

ゼアブラヴは、復帰したレース後に剥離骨折が判明して、近況の更新がありませんが、骨片除去手術を受けたはずです。
残念ですが、先があると信じます。


今年度の東サラを決めかねていて、ピックをお待ちしています(笑)
Unknown (MJ)
2017-07-31 15:16:53
ゼアブラヴはいかにも急仕上げで大敗してしまったと思ったら剥離骨折ですか…この牝系なので古馬になっての成長を心待ちにしています
Unknown (Unknown)
2017-07-31 21:04:59
お差し支えなければ、現時点でルーラーシップで走る産駒を出すには何がいちばん有効かご教授いただけると嬉しいです?
Unknown (MJ)
2017-07-31 22:14:59
ルーラーシップの初年度産駒では、上記シルク三銃士を一口でピックし、あとヒドゥンパラメータをPOG(種牡馬辞典)で取り上げましたが、方向性としてはそんなに間違ってなかったと思ってるんですよ
・ルーラーシップはNorthern Dancerのクロスが強い(5・5・7×4)ので、産駒の代では非Northern Dancer血脈を母父か母母にもってきて「3/4Northern Dancerクロス」にするのが最もオーソドックス
・母も強いNorthern Dancerクロスを持つ場合は、ヒドゥンやダノンディスタンスのようにKingmamboやNureyevやノーザンテーストにクロスを累進した父母相似配合にする(たぶんこちらのほうが完成早め)
ようするにキンカメ産駒の配合と同じような考え方でいいんじゃないかと思ってて(3/4Northern Dancerのドゥラメンテ、父母相似配合のレッツドードンキ)、そしてロードカナロアも基本同じ構えでいいんじゃないかと
Unknown (Unknown)
2017-08-01 07:24:45
お忙しいところありがとうございますm(_ _)m
大変参考になりました!
ここ数年毎年一口ピックからピクられたキャロ馬を買わせていただいてます。結果も出ているので
ピック馬でないと不安になってきてます💦

コメントを投稿

共有クラブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。