「2歳勝ち馬評価」先週ぶんを更新&雑感

2017-10-11 18:33:14 | POG

先ほど「望田潤の2歳勝ち馬評価」先週ぶんを4頭更新しました

◆後駆がデインヒル

「全兄ロードプレミアムはHabitat譲りの後駆の非力さがあって完成に時間がかかったが、ダノンプレミアムは後駆がDanzig的に強靭なのが兄と違う」とサウジアラビアのパドックを観ながら書きましたが、現3歳もサトノアレス(母父デインヒル)、アドマイヤミヤビ(母母父デインヒル)、サトノアーサー(母父父デインヒル)などが2歳時から大活躍していて、これらはいずれもデインヒルから強靭な後駆を受け継ぎ、2歳時から急坂コースを力強く差しました



こないだ出た『馬券に活かすサラブレッド父系入門』でも、「デインヒルはNorthern Dancer系最強のパワーを誇り、特に後駆の筋肉量が凄い」と書きましたが、ディープインパクトもハーツクライもステイゴールドも、サンデーサイレンス系の中距離型種牡馬は概して後駆が非力なのが弱点で、だから「サンデー系らしいしなやかさで走るのに、後駆はデインヒル的にプリプリと強靭」というのが一つの理想形といえるかと
ダノンプレミアムは母インディアナギャルがデインヒルを通じるDanzigとBuckpasserのクロス、自身はHabitatを通じるSir Gaylord6×6、兄はHabitat的後駆を引いたけど弟はデインヒル的後駆を引いた


◆捌きがTom Fool

「東京芝2000mだからナスペリオンな配合のジェシーとスワーズアラミスで買いたいけど、スローのヨーイドンだとブラゾンダムールが回転で抜け出してしまうんかなあ…」と新馬戦のパドックをみてつぶやいたんですが、そういう悪い予感はよく当たるもんです
ブラゾンダムールの母父Medaglia d'Oroはフィドゥーシア、エーシンメンフィス、メダリアビート、エーシンゴールド、ヴィットリオドーロなどの父で、Sadler's Wells系ながら北米で大成功したようにTom Fool的な芝ダ兼用の機動力あるスピードを伝える血なのだ、ということは何度か書いてます





El Pradoの母Lady CapuletがAttica≒Tom Fool2×2(あるいはAttica≒Cap and Bells2×1)で、こういう凄いことをやってしまうと代を経てもTom Foolらしさが脈々と伝わりつづけるわけですね
ブラゾンダムールはHalo≒Sir Ivor≒Red God3・5×5・5と表記できますが、ミルコが追い出したら上がり11.3-11.0-11.4をササササッと抜け出してしまい、あの無駄のない回転の速い脚捌きは実にTom Fool的でありHalo的
だからこれは皐月賞向きのディープインパクト産駒やと思いますが、今年のダービーは超スローになり、Tom Fool的なキンカメ産駒が機動力で制したのはまだ記憶に新しい
レイデオロの母母レディブロンドはTom Fool≒Attica4×5ですね



開幕週の東京芝はやはり外差しがきくんですが、リアルスティールやブライトバローズやブルックデイルなんかの差し方をみると、「一見すると東京芝では超絶速い上がりを出せなさそうな、手先の強いパワー型が速い上がりを出せる馬場」という感じがしますね

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/7,8,9の血統屋コンテンツ... | トップ | 「一口好配合ピック」ラフィ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MJ)
2017-10-11 19:34:49
ソシアルクラブは岩田も「少し怖がる」と言ってますね
やはりブエナ仔オリオール魂説が有力に

コメントを投稿

POG」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。