栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2017-2018」

「一口馬主好配合馬ピックアップ」栗山がジーワンから6頭ピック(計8頭ピック)

2017-06-21 14:17:07 | 共有クラブ

「一口馬主好配合馬ピックアップ」で、栗山求がジーワンサラブレッドクラブから6頭ピックしました
うち4頭は望田とのダブル推奨なので、新規は2頭、ジーワン全体で栗山・望田の推奨馬は計8頭となります…今年は意外にひねったところでかぶったかな(^ ^;)
http://miesque.com/c0044.html
ウインも近いうちにピックしますのでよろしくお願いします

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

「一口ピック」ラフィアンとユニオンからピック&2歳勝ち馬評価更新&雑感

2017-06-20 16:37:54 | POG

先ほど「一口馬主好配合ピック」ラフィアンとユニオンから望田が1頭ずつピックしました
他にもいいなと思う馬や気になる馬は何頭かいるのですが、ひとまずこれはという1頭だけにとどめ、他はもうちょっと様子見させてもらいます(・∀・)追加ピックは十分ありえます
栗山のピックはまだかという問い合わせが多いのですが、今G1にとりかかっているはずですのでもうしばらくお待ちください
「望田潤の2歳勝ち馬評価」も先週ぶんを2頭アップしました

◆ゴルア黄金配合

サンライズノヴァは同じヤナガワ牧場産のコパノリッキーと配合もよく似ていて、ゴールドアリュールにMr.Prospectorとリアルシャダイをもってくるというのは、「NureyevとMr.ProspectorとRobertoの砂黄金トライアングル」に加え「Anchors Ahead=War Relicの全きょうだいクロスで最後のひと手間」というまさにゴルア黄金配合なのです(リアルシャダイの母父In RealityがWar Relic3×3)



ゴルアA級産駒の“最後のひと手間”Anchors Ahead=War Relic≒Eight Thirty
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/3f067fe2d37e73e8ae5616b7c191544d

ちなみに母系にリアルシャダイを引くゴールドアリュール産駒はJRAに39頭出走で23頭勝ち上がりとなかなか優秀ですが、更に母系にMr.Prospectorを持つものに絞り込むと15頭出走で9頭勝ち馬、オープン馬がコパノリッキーとサンライズノヴァとランウェイワルツの3頭と更に優秀

そんなわけでわりとコパノリッキーと近いイメージで、鳳凰では◎でいいだろうと思ったんですが先行して勝ちにいったら乱ペースに巻き込まれてしまい、怒り心頭の音無先生は今回は戸崎で差しに回ると明言してました

私としては東京マイルで差して勝つイメージがあまり湧かなかったんですが、同じくゴルア黄金配合のゴールドドリームはフェブラリーを差して勝ってましたね…



こちらはRobertoはないですが、やはり母系にMr.Prospectorを入れてNureyev≒Numberのクロス3×4、そして母父フレンチデピュティがGood Example≒Eight Thirty5×4

ちなみに2歳のゴルア産駒で母系にリアルシャダイとMr.Prospectorを持つのは、コパノジャッキー(コパノリッキー全弟)、母ラウンドダンス(ランウェイワルツ全弟)、リュウノノドナリ(ウニオミュスティカ全妹)の3頭で、いずれもPOGでピックする候補には残ってたんですがゴルアは別の馬にしました(ウニオミュスティカは昨年の「パーフェクト種牡馬辞典」で推奨したのですが、3着の山を築いて未だに勝ち上がれません…)


◆ノヴェリストとアイルハヴアナザー

ジューヌエコールの短距離向きのスピードと気性は主に母系のソニンク由来というべきですが、ノヴェリスト産駒の一番星ヴァイザーもソニンクの孫で、走りも気性も似たものがありますよね

「ノヴェリスト産駒は、マイラーの母の入れものに父の硬肉を注ぎ込んだような馬が(POGでは)狙い目だろう」と書いてきましたが、テンクウの2着ニシノベースマンも見た目に母ニシノマナムスメ(ニシノフラワーの娘でマイラーズC2着)似で、ヴァイザー同様「体型は母、体質は父」というタイプ

ディープインパクトやハーツクライやステイゴールドといったサンデーサイレンス系中距離型種牡馬が伝える柔らかさしなやかさは、日本の高速芝コースを走るには不可欠な要素であり、だからこそ毎年リーディング上位をにぎわせているわけです

ただし「柔らかい」と「緩い」はニアリーであり表裏一体の関係ですから、マイラー的な骨格や資質を母から受け継いでいれば、ちょっと硬くて筋肉質で動きがゴツゴツしているぐらいのほうが早期に仕上げやすい、という部分はあると思うのですよ

昨年の新種牡馬アイルハヴアナザーについては、「牡駒はダ1800の勝ち鞍が一番多くなるだろう」と書いてきましたが、産駒は3歳になってからは芝で一つも勝っていません(芝[0-8-4-66]、ダ[14-13-19-140])

しかし今年も2歳の早期の新馬戦だと芝でも動くのは、ビッグレッドの仕上げももちろんあるでしょうが、勝ち鞍がダートに偏るほどのパワー体質は早期に仕上げやすいというメリットもある

アイルハヴアナザー産駒はこれまでJRAの芝レースで26回連対していますが、その内訳はTARGETの区分だと以下のようになります
2歳7~9月[5-5-10-58]
2歳10~12月[2-6-3-55]
3歳1~3月[0-6-3-42]
3歳4月~[0-2-1-24]

サンデー系のしなやかさと緩さを受け継いだ馬たちが仕上がってくるにつれて、パワー体質で早く仕上げやすかったアドバンテージがなくなってきた、という見方もできるデータかと


◆高速馬場で躍動

日曜のボツ予想の見出しを「高速馬場で躍動するディープ産駒」としたように、先週は3場とも芝は驚くほどの高速馬場でレコード続出、こんなときはやっぱりディープインパクト産駒で、土日の芝レースで全出走馬をベタ買いするだけで単回値337複回値146でした

日曜東京最終はジュンスターホースが◎やったんですが、「ブレイクマイハートは逃げ切るわトライブキングは差し届くわで、こうなったらスズカディープも買っといたらエエんとちゃいますか」と投げやりに書いたら10人気2着(^ ^;)

高速芝ではやっぱりディープなんやなあ…と再認識させられましたが、さて今週はどうなることやら

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

6/17,18の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2017-06-19 10:55:22 | 共有クラブ

仏オークスを勝ったSengaは血統表を4分割すると、それぞれの牝祖がCourtly DeeとSpecialとWeekend SurpriseとCoup de Folieという恐るべき良血牝馬で、もうどれがメインディッシュなのかもよくわからん「またつ」の6000円のコースみたいなもんです(・∀・)



名牝系に名牝系の名種牡馬を重ねてクロスも代々ビシバシ決めて、どんどん飲めや食えやでやってきたわけですが、もうそろそろ箸休めの時間、お新香の盛り合わせがほしくなってくる頃で、次はAllegrettaとかPark Expressとかそっち系の名牝の血を入れたくなりますな

■『一口馬主好配合馬ピックアップ(2015)』で望田潤が推奨したウィッシュノート(牝3歳)が土曜阪神3Rの未勝利戦(ダ1200m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父ゴールドアリュール
母デイトユアドリーム(トワイニング)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2014106027/
牝 募集価格:1500万円
母はダ1200~1400mで4勝。ゴールドアリュール×トワイニングはダ短距離でオープンを張ったスリーアリストと同じ。ゴールドアリュール産駒でNureyev3×3はシルクフォーチュンと同じ(クリソライトはNureyev≒Sadler's Wells3×4・5ですね)。ダ短距離に狙いを定めた配合といえるでしょう。もう一つの推奨の根拠は、デイトユアドリームはCourtly DeeとSpecialとNumbered Accountというスーパー名繁殖を経由するニアリークロスをいくつか持っており、牝系はSomethingroyalにさかのぼる名門で、産駒は概ねダート向きでしょうが繁殖として有能な可能性が大と考えられるからです。ゴールドアリュール産駒はパワーと持続力に優れるので圧倒的に牡のほうが走るのですが、本馬は母方のパワースプリンターも強い体型体質で、短距離王国安田隆厩舎ということでこの募集価格ならば推奨しておきたいです。(望田)

■日曜阪神6R500万下 アンデスクイーン(一口・栗山)
■日曜東京8R500万下 ブラックプラチナム(POG・望田)

ウィッシュノートが惜敗つづきにピリオドを打ったのはやれやれで、しかしここでも荻野極の手腕が光ったのは言うまでもない

ブラックプラチナムは“ノーザンテーストの多いアサクサキングス”というイメージの馬だと書いてきましたが、ホワイトマズル×サンデーサイレンスは前でガッチリ受けてナンボですから、この脚質に固まってきたならばオープンまでいくでしょう



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日曜のボツ予想~3場とも高速化、躍動するディープ産駒

2017-06-18 10:02:51 | 血統予想

米子は◎サトノラーゼン、リゲルで◎にしたのとほぼ同じ理由なので当時のコメントをコピペ
<母トゥーピーはIntikhabの娘で仏1000ギニー2着、このマイラー色が濃くなってきたかのような古馬になっての肉付きで、今なら1600~1800mぐらいのほうが合っているのでは…。外マイルでシュミノーならば、ダノンシャークのように斬れる可能性はまだ残されているのでは…という◎>



土曜は3場とも高速芝で、阪神外回りではダブルバインド3人気2着(父ディープインパクト)、リネンロマン11人気3着(父トーセンホマレボシ)、パーシーズベスト3人気3着(父ディープインパクト)、ラプソディーア5人気1着(父ディープブリランテ)、ワントゥワン2人気2着(父ディープインパクト)とディープインパクト系の活躍が目立ちましたから、今の馬場で上がりの速い決着ならばブラックムーンよりこちらだろうと

東京芝もDコースになった影響もあるのか先週より高速馬場かつ内外の馬場差もなくなってきた印象で、ルメールがディープ産駒でイン差ししてたのでそういう馬場なんでしょう
芦ノ湖は◎ピンクブーケ





スピリタスの半妹でレディパステルの姪でロードアクレイムのイトコ、「3/4Northern Dancerクロス」というメイショウサムソン産駒としてはオーソドックスな配合形ですが、Drone≒Terlinguaのニアリークロス(Sir Gaylord≒SecretariatとTom Fool≒First Roseが共通)5×3とWild Risk7・7×5から受け継いだしなやかなストライドが明らかに大箱向き
新潟外回りでは2戦2勝で、上がり11.7-10.6-11.6の最速ラップのところでビュンと抜け出した高田城が強かったので、今の東京から内から上がり最速で差し切れるイメージです

他のレースはこれから考えますが、「No.1予想」ではユニコーンSを、「厳選予想 ウマい馬券」ではユニコーンSと函館スプリントSを予想していますので、日曜もよろしくお願いします

コメント (81)
この記事をはてなブックマークに追加

土曜のボツ予想~函館芝1200開幕週、さっそく内枠のNever Bendを

2017-06-17 11:07:22 | 血統予想

函館2Rで初勝利をあげたウインポプリは「パーフェクト種牡馬辞典」のPOG推奨で例のヤンチャ馬券師の持ち馬でもありますが、配合的にも小回りダートで先行が吉と言いつづけてきただけに松岡素晴らしかった(・∀・)



父のアイルハヴアナザーはダ1800をパワーで先行捲る産駒が多いだろうから、Archの3代母のスーパー名繁殖Courtly Dee絡みのクロスやニアリークロスを狙うのが最善手だろうと書いてきましたが、初年度産駒でCourtly Deeのクロスを持つのはこのポプリだけで、2歳はポプリの全弟ウインリコルドだけ
1歳も調べてみましたが母シルヴァースプーンと母ヤマニンアルシオンの2頭だけで、しかしヤマニンアルシオンはAurora=ヤマニンパラダイスの全姉妹クロス4×2!(・∀・)



ジューンは◎プロディガルサン、ベストは大箱1800mでスローなら東京マイルでも東京2000でもOK、○トーセンマタコイヤと▲ドレッドノータス…という平凡な予想

小豆島は◎ワントゥワン
バルドウィナ牝系特有の馬群を嫌う気性で、一番外に出して追い込むしか手がない馬ですが、ここは8頭立ての少頭数が大歓迎で、超スローで4角8番手でも前から2馬身差ぐらいなら何とか

HTBは◎デスティニーソング
メイショウボーラー産駒としてはまずまずまとまった配合で、見た目にスプリンターですが1400mでも一瞬伸びかかるのが立派





函館開幕週の芝1200mで最内枠、わりとパワー体質で3代母TanzがBold Reason≒Never Bend3×3ですから洋芝適性も高いでしょう
逃げ先行がやたらと多いので展開が微妙ですが、相手も内枠のほうから○フジノパンサーが本線
父のベーカバドはGreen Desert経由でNever Bend5×4、Green Desertの血も夏の洋芝1200では常にマークが必要ですよ

「No.1予想」では八丈島特別を、「厳選予想 ウマい馬券」では八丈島特別と遊楽部特別を予想していますので、今週もよろしくお願いします

コメント (52)
この記事をはてなブックマークに追加